幼稚園のお弁当箱はちょっとした工夫で子供の食欲を刺激しよう!

スポンサーリンク

幼稚園に入ると、給食がない園は毎日お弁当作りをしなきゃならなくなりますね。

めんどくさがり代表の私としては一大事です。

いざお弁当箱を探しに行っても、大きさもまちまち。

どれが自分の子どもに合った量なのか分かりづらくて困ってしまいます。

結局お弁当箱を可愛さ重視で選んだものの、初めてのお弁当の時に

「少ない!」

と怒られました。

そこで役に立ったのは家にあるタッパー。

食事の時にお弁当のようにごはんやおかずをいれて使用してみてください。

大きさに応じて入る量が大体分かりますから

「今日多かった?少なかった?」

で大体のお弁当の大きさの目安になりますよ。

年長さんになった時のことも考えて1段から2段に出来るお弁当箱にしたり、最初はご飯も一緒に入れて、大きくなったらおにぎりやパンは別添えにしておかずだけ入れられる大きさにするなど、買う前に考えると買い替えが不要になります。

大きくなるといっても、幼稚園児。

大人に比べてだいぶお弁当箱は小さいですよね。

この小さいお弁当箱におかずを数種類いれるのって、パズルみたいで案外難しい。

我が家は母親(私)の口が大きいため、野菜の切り方がとてもでかいです。

子どものお弁当に煮物の残りを入れようものならジャガイモ1つでお弁当箱4分の1占拠状態に…。

しかもぜんぜん可愛くない!

大変苦労したので、幼稚園児のお弁当サイズに適したお弁当の詰め方、冷蔵庫が無くても腐りにくいコツをまとめてみました。

スポンサーリンク

幼稚園のお弁当の詰め方で子供にしっかり食べてもらうコツとは!?

まずは基本、お弁当の詰め方の順序

  • 先にご飯をいれる
  • 大きいおかずをいれる(主菜ですね)
  • 小さいおかずをいれる(大きさが変えられるものは後で)
  • 隙間にトマトやブロッコリーなどの彩りをいれる(隙間がないように)

大きい物から隙間なくいれるのが美味しそうに見えるコツなのですね。

では、幼稚園に入って間もない時にはどういったお弁当の詰め方がよいのでしょうか。

幼稚園デビュー用お弁当を詰めるコツ

  • 1口サイズにして詰める
  • 手づかみでもたべられるものを詰める(おにぎりやウインナー、トマトなど崩れにくい物)
  • 赤、黄、緑を意識。美味しそうに見えます
  • 嫌いなものは入れず楽しく食べられるようなものを詰める
  • 好きなキャラクターを見えるように詰める

子どもにとって幼稚園デビューは初めての集団生活。

いつも一緒だったお母さんと離れて緊張しているはずです。

幼稚園児のお弁当、特に年少さんの時は栄養面よりも「楽しく、美味しく全部食べられる」お弁当を目指して作った方が、子どもは食べきった達成感を覚えて、お弁当が好きになります。

「でも栄養少なくて平気かな?」

って思いますよね。

私も「こんなに好きなものばかりで野菜が少ないお弁当、体に良くないよなー」なんて思っていましたが。

でも「1日は3食あるんだからお弁当に野菜が少なくても栄養的にだめってことはないよ」と言われ、そっかーと思い難しく考えることをやめました。

まずは楽しくお弁当を食べきる自信を持つことが一番大事なようです。

野菜は慣れてから少しずつ入れていけば抵抗なく食べてくれますよ。

そして、食の細い子にはデザイン重視のものが喜ばれます。

でも、インスタでよく見るキャラクター弁当とか可愛いけど難しそうですよね。

あんなすごいの作ってたら日が暮れてしまうと思っている方。私→(・ω・)/ハーイ

諦める必要はありません。

コツさえつかめばとっても可愛い、カッコいいお弁当に。

続いては、幼稚園児のお弁当のコツをご紹介致します。

 

幼稚園でお弁当のおかずが腐らない為のコツでキャラ弁も安心!

冷蔵庫のない幼稚園では腐ってしまっては大変。

幼稚園児に殺菌効果のある梅干しやシソを入れても食べられない子が多いですよね。

腐らせないためのコツ、ありますよー。

<腐りにくい中身のコツ>

  • 汁気のあるものは入れない
  • 生もの、切った生野菜は入れない(入れる場合はキッチンシートでしっかり水分をとる)
  • よく火が通ったものを入れる(半熟卵などはNG)
  • 自然解凍できる冷凍食品をいれておく(保冷効果)
  • お弁当の熱が取れてからフタをする(湿気が多いほど腐りやすい)
  • 作り置きを入れる場合はレンジでしっかり温め冷ます

<腐りにくくするコツ>

  • よく洗い、きちんと乾かしたお弁当箱を使う
  • 保冷出来るお弁当箱、保冷ケースに入れる
  • お弁当の上に保冷剤を入れる(冷気は上から下にいくため)
  • お弁当用の直接抗菌シートをのせる(バランタイプもある)
  • 抗菌のおかずカップを使う

真夏で無くても菌は少しずつ繁殖していきます。

抵抗力の低い子どもの体を守るために腐りにくいお弁当作りがしたいですね。

では、キャラ弁、デコ弁当です。

小さいお弁当の中を可愛くするのってほんとに大変。

でも、優秀な商品を使えばあっという間。

<キャラクター、デコレーション弁当に使える商品>

  • キャラクターの冷凍食品(ポテトに多いです)
  • キャラクターのかまぼこ(板状のものから立体的な形まで)
  • 色んな形の抜型(ハムや卵焼き、おにぎりが一瞬で可愛く)
  • カラフルなおかずカップ
  • 海苔の型抜き
  • 可愛いピック
  • プリントがついたラップ(おにぎりやサンドウイッチを巻く)

抜くだけ貼るだけ載せるだけ簡単に可愛いお弁当の出来上がりでーす!

100円均一はお弁当グッズの宝庫、見ているだけでも楽しいです。

毎回ついつい買いすぎますが。

ここで注意点!

絵心のまるでない私が、キャラクターのポテトにケチャップをかけお弁当にいれた所どうなったでしょう?

「ママ、〇ンパンマン、血が出てた…」

お弁当のフタでケチャップが広がり痛々しい姿になっていたようです。

やっぱり詰め方…大事です。

反省ですね。

まとめ

子どものお弁当は毎日大変ですが、完食してくれると嬉しくて疲れが吹っ飛びますよね。

お弁当作りは人それぞれ。

すごく可愛く作っているお弁当をみると、ちょっと自分の子どもに悪いなーと思う事もありますが、腐らないのが一番!

楽しく食べるのが一番!

あまり無理せず、作り手も楽しくお弁当作りができるように、お互い頑張りすぎずにやっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする