マンションを買う時期はメリットだけではなくタイミングも必要!?

生活
スポンサーリンク

お子さんの成長とともに、今お住まいの家が手狭になって、そろそろマイホーム!

なるべくなら小学校入学までに引っ越しなども済ませ、落ち着きたいとお考えでしょうか?

 

学区内での引っ越しって、良い物件に出会えるかどうかわからない。

だから、なるべくならば小学校入学までにマンションを購入して、落ち着いて小学校生活を送りたい

 

マンションを買うと考えてから、実際に買うメリットやタイミングなど、我が家の体験談なども交えながらお話させてもらいます。

 

マンションを買うべきかメリットの他に必要な知っておくべき事とは!?

マンションを購入すれば、転勤などお仕事の都合は別として住まいの事情で引っ越しを考えなくて良いのがメリットです。

 

マンションを買うべきか一言で言っても、普段の洋服とかの買い物とかとは違うでしょ?

 

それは違います。

ただ、ローンを組まずに一括で現金で購入する場合は、大変な手続きはありませんので、ブランドバックを買うような感覚ですね。

 

ただ多くの方は、ローンを組むということを想定してお話をさせていただきます。

 

マンションを買いたい気持ちが大きかった私。

ただ、我が家の場合、いくらくらいの家なら買えるのか?

 

我が家は自宅ポストに入っているチラシで気になるものがあり

  • 直接内覧する方法
  • 今お住まいの近くの建設中マンションを内覧する方法
  • 不動産屋にどのような物件があるか相談する方法

など、ザッと考えただけでも3つありました。

 

ここで我が家がマンションを買った時の流れを紹介します。

 

近所の不動産屋へ行きます。

そこで、我が家の収入と買いたいマンションの条件を伝えます。

すると不動産屋は、すぐに我が家が買える価格と条件に見合ったマンションの情報を教えてくれます。

 

気になる物件の内覧をします。

それと同時に、不動産屋から銀行へローンの審査を申請します。

これは事前審査なので、大体いくらくらいなら融資が受けられるかの確認です。

  • 良い物件に出会えて、銀行へローンの本審査の申請をします。
  • 融資を受けられることが決まり、マンション購入の手続きへと移ります。

ざっくりと、こういう流れです。

 

これは、我が家の場合の実例です。

他には、不動産屋からではなくて銀行へ直接ローンの相談に行くという方法もあります。

現金で購入する場合はこのローンの審査は必要ないので、気に入った物件があったらすぐに手続きへと移れます。

 

ローンの審査は世帯の収入の他に、購入を検討している物件に対しても審査が入ります。

その金額を融資する価値などを調べられるのです。

 

ローン返済中に壊れてしまう危険のあるような建物の場合は、融資を受けられないという話も聞きます。

 

ですから反対に、融資のOKがもらえるということは、世帯の収入はもちろんですが、長いローンを払い続ける間、安心して住み続けることができる物件ということになります。

もろもろ銀行が調べてくれるので安心ですね。

 

いかがですか?

  • 自分の家は、いくらくらいの家なら買えるのか?
  • 始めは、誰もわかりませんよね?
  • 銀行に相談に行ったらいいのか?
  • 不動産屋に聞いたら教えてくれるのか?

始めは、みんなわかりません。

 

正解は、銀行でも不動産屋でも相談に乗ってくれるということを知っておいてください。

これがわかるだけでも、少し気が楽になりませんか?

 

どこに相談に行ったらいいのかわからないと、買いたいという気持ちも失せてきてしまいませんか?

相談に行ったからと言って借りさせられたり、買わされたりということはありません。

気軽に相談されてみませんか?

 

マンションを買うべきか悩んだら、この少しの勇気と行動で、あなたもマイホームという夢へ一歩前進です。

 

賃貸の場合、契約の更新をしたり、もしかすると退去を言われることもない話ではありませんよね?

私が以前住んでいた賃貸マンションは、古くなり建て替えをするということから退去したことがあります。

 

購入したものでしたら、退去させられるという心配はなくなりずっと、そこに住んでいられます。

これが大きなメリットです

 

 

マンションを買うタイミングは買うまでの流れを逆算して考える事が必要!

先ほど、マンションを買うべきかのメリットと流れをお話しました。

中でも、ローンの審査に時間がかかります。

 

マンションを買うタイミングで、うちの場合、かなり早く順調に進めてもらえたので良かったですが、それでも事前審査から購入の契約を結ぶまで2カ月弱かかりました。

 

これでも、かなり早い方です。

普通は3カ月くらい考えておいた方が良いと不動産屋から言われていました。

 

ずいぶん時間がかかるなと思いましたか?

でも実際に時間がかかります。

そのつもりでマンションを買うタイミングを見計らって準備を進めてください。

 

我が家の場合、子供の小学校の入学までに間に合わせたいこと、年度内に引っ越しを完了させたいことを始めの段階で伝えておいたので、不動産屋も銀行に掛け合ってくれたようで、なんとかギリギリ3月末に引っ越しが完了しました。

 

このことから、我が家のように引っ越したいリミットが決まっている場合、そこから最低でも3カ月以上前から動き始めることをオススメします。

できれば半年から1年くらい時間があると、ゆったりとした気持ちで色々なマンションを内覧して回れるので良いですよ。

 

ただ、あんまり何か所も見ると決めるのに迷い過ぎてしまいます。

反対に時間がなさすぎても困るので、だいたいタイミングとしてはゴールから1年くらい前を目途に動き始めると無難ですね。

 

それ以上時間を使って、じっくり探した友達もいました。

最終的に家族みんなが納得できる良い物件に出会えたので、そういう人もいます。

 

早いに越したことはないということですね。

人生最大の買い物、人生の中で1回の買い物になるであろうものなので、焦らずじっくり選ぶ時間を持ってください。

 

これが一番大切なポイントだと、私は自分のマンションを買った時に感じました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

マンションを買うって大変!

そう思われたでしょうか?

 

確かに今思い出しても、あの数カ月は大変でした。

でもそれさえ頑張れば、この先は契約の更新もありません。

突然退去するように言われることもありません。

 

ずっと、ここに住んでいられます。

 

この賃貸と比較した時の最大のメリットのためにも、買うべきか検討されている方、買う時期や手続き等大変なのは、ほんの数カ月なので、まずは一歩踏み出してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました