これでイライラしない!浴衣の着付けを簡単に子供に着せる方法!

子育ての悩み
スポンサーリンク

大人の浴衣の着付けってした事ありますか?

上手く形が整わなかったり、帯が緩すぎたりその逆も然りで結構難しかったりしますよね。

 

でも、子どもの浴衣なら簡単!

5分10分で終わる…

はずなんです、普通ならば。

 

我が家の娘は髪セットも合わせて30分強!

どんなスゴイ浴衣着ているのよ、、。

至ってフツーです。

 

ですが、うちのワガママやんちゃ娘は着付けの最中

  • なぜか走りたがる
  • なんかよくわかんないけど何度も振り返る(というか1回転)
  • 踊る
  • 色んな要求をしてくる
  • 「眠い」とその場にしゃがみ込み動かない

ので、長時間の闘いになります。

最後にはすんごいイライラでお祭りなんかもうどうでもいいとさえ思ってしまいます。

 

今年はまだ試していませんが、3歳の時が1番泣かされました。

そして何回か着せるのを諦めました。

 

動画で見る子どもたちはあんなに静かに着付けてられているというのに、、

これが遺伝か(私に似た(笑))!!

 

でも、やんちゃ娘はうちだけじゃないはず!

うちだけじゃないよね(不安)?

同じような悩みを持つお母さんも、幼児の着付けが初めてのお母さんもこれを見れば解決!

 

3歳時の涙の教訓を元に基本の着付けセットと、やんちゃ娘を大人しく着付けるアイテムを紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

浴衣の着付け方に必要なセットはこれだけ準備すれば大丈夫!

幼児用の浴衣に必要なものは

  • 肌着
  • 短めのスパッツ(必要であれば)
  • 浴衣(おはしょりしなくていいものがやりやすい)
  • 帯(幼児は兵児帯がおススメ)
  • サンダルかスニーカー
  • 髪かざり(あるとぐっと可愛いさが増します)

これだけ!

他にも追加すれば色々ありますが、幼児の場合はこんなもので十分です。

 

ただ、肌着は襟元の開いたキャミソールのようなものが浴衣から見えなくてよいです。

 

透けなければスパッツはなくてもいいですし、トイレの時少し大変ですのでスパッツ以外で下もほしい時はスリップがおすすめです。

うちはパンツのまんまですよ(笑)

 

帯で締められたりするとカユクなりやすいので、肌着は通気性のいいものを選びましょう。

 

帯ですが、幼児のうちは締め付けの少ない兵児帯のような柔らかい生地の帯のほうが着る側も着せる側もやりやすいです。

 

浴衣本体は、何年も着られるようにと長めの物を買っても良いのですが、幼児のおはしょり(長さを調節すること)は大変ですので、着丈に合わせたサイズを買うか、あらかじめ縫っておくと楽ちんに着られますよ。

 

ちなみに私はおはしょり苦手なので、しなくてもいいものを購入してしまいます。

 

そして悩むのが履物

浴衣に下駄は最高に可愛いのですが、幼児はサンダルやスニーカーでも十分可愛いです。

無理に下駄を履かせると終日抱っこになりますよ。

大変だった記憶が…。

 

大人でも鼻緒が擦れると痛いですもんね(´;ω;`)

履く場合は鼻緒の部分にクッションを付けてあげると、気持ち痛みが多少薄れます。

靴屋さんで売っていますよ。

 

「なんだ、用意も簡単じゃん!」

と思いますよね。

 

そう、普通にやれば本当に簡単なんですって。

 

でも、やんちゃ子の着付けに大事なのはここから!

必須アイテムの用意が出来ていません。

 

 

浴衣の着付けに必要な物、これだけで子供の静かになる!?

まずはテレビ大好きっ子にはこれ。

DVD

 

ただし長すぎるといつまでも出かけてくれないし、作中に踊りがあると踊りだしてしまうため、失敗もしました。

30分で終わるくらいの短編DVDが効果的でしたよ。

 

うちの娘はトムとジェリーと相性が良いようで、着付け以外にも髪の毛をきっちりしていくときなんかは見せています。

 

そして、飲み物。

いつもは言わないのに着付けの間「のど乾いた」と何度もキッチンへ。

コップだとこぼれることがあるので、こぼれないマグ(ストロータイプ)などを近くに置いておくと便利です。

 

そして女子のアイテムといえば鏡です。

何度も見るので着付けの時、常に自分が見える位置に鏡を配置しました。

DVDと交互に自分をチェックする様子は女優顔負けです。

私もノリノリで

「お姫様、キレイですよー。世界一可愛い」

「んふ(⌒∇⌒)(鏡に微笑みかける)」

なーんてやりとりをしてました(笑)

 

女子は本当に鏡好きですよねー!

息子が鏡を見る時は鼻をほじる時と、歯に食べ物が挟まった時だけなので、男女の差を感じます。

 

逆に用意しておいて失敗したものもありました。

 

それは、飴!

間が持つだろうと飴をあげたのですが、暇になると口に指を突っ込むので、周りはベタベタ…。

口に手を入れてしまう子にはあまり向きません。

 

ラムネならすぐ溶けますし、万が一落としても飴ほどべたべたしないため、それからは欲しがったらラムネをあげています。

 

後は、ジュースはマグに入れても口からピッと漏れたりするのでシミが付きやすくおススメしません。

出先でシミが付いてしまったのなら仕方ないですが、出る前に付くと母の戦意が消失します(笑)

 

水が1番!

文句を言われても

「いらないんですか?これは魔法の水ですよ。じゃあ私がもらいますね」

とか言っとけば案外いけますので試してみてください!

 

 

まとめ

私はこれで4歳を乗り切りました。

ただ1年で娘がちょっと成長しているだけだったらごめんなさい(笑)

 

でも、すごくうまく着付けたところで、やんちゃ娘は数時間でグチャグチャにしてくれるのであまり出来映えは気にしていません。

 

折角のお祭りは、母も子も楽しく着付けて楽しくお出かけしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました