仕事を辞める時の伝え方 上司に退職理由をどうやって切り出す!?

お仕事のこと

スポンサードリンク
 



  • 今の仕事内容が嫌だ
  • 人間関係が辛い
  • 残業が多い
  • 給料が少ない

 

辞めたい理由は、人によりにさまざま。

 

最近ではお金を払って、退職を代行してくれるサービスまでもが登場しています。

 

それほど、仕事を辞めたいと日々悩んでいる人は実は多く存在しているのです。

中には仕事を辞めると強く決心したものの、「辞めたい」と上司に言い出せずに悩んでいる人もいます。

 

 

ここでは、「辞めたい」と言いだすタイミングやその伝え方についてご紹介します。

 

 

スポンサードリンク




仕事を辞めるタイミングを見失わない為にはいつ伝える!?

やはりまずは決めたら、即行動

 

もやもやと考え、引きずっているとなかなか切り出せません。

そうして考えているうちに、ズルズルと辞めるタイミングを見失ってしまう、なんて話もよく耳にしますよね。

そう、思い立ったが吉日です。

 

 

上司に伝える具体的なタイミングとしては、

  1. 休憩中に話しに行く。
  2. 勤務終了後に上司へ話しに行く。

 

この2パターンが一般的です。

 

休憩中に話しをするなら、先に「お話があるのですが、少しお時間頂いてもよろしいですか?」などと声をかけてから話しはじめた方が良いでしょう。

 

勤務終了後に話すのであれば、話す前に上司の仕事が終わっているのか、また忙しくはなさそうかを確認してからにしましょう。

もし時間を取ってもらえそうであれば、辞めたい旨を伝えます。

 

休憩時間は短く限りのある時間です。

いざ話し始めたものの、途中で休憩が終わってしまい、話が中途半端になってしまっては、スッキリしてその後の仕事に取り組めないですよね。

 

個人的には勤務終了後に、落ち着いてゆっくりと話を伝えるのが良いと思います。

 

また事前に時間のアポイントを取るのもオススメです。

私が以前の職場を離れたときも、出勤してすぐに「今日の終業後に話があるのですが、お時間を頂けますか?」などと声をかけました。

 

事前にクッションをはさむことで、相手に何か大切な話があるんだろうと思わせることが出来ますし、勘の良い上司の方であれば「辞めたいという話かもしれないな」と事前に心の準備をしてもらうことが出来ます。

 

緊張で自分だけのことにいっぱいいっぱいにならず、上司の様子も見ながら時間を作ってもらいましょう。

 

仕事を辞める理由を伝える時に気を付けるポイントとは!?

もちろんありのままの理由を、上司に伝えるだけで問題はありません。

ですが上手く言えなくて、引き止められたらどうしようとか。

これといって明確な理由はないけれど、今すぐに辞めてしまいたいと思う方もいるのではないでしょうか。

 

 

仕事を辞める理由については

 

  • 一身上の都合により
  • 家庭の事情で
  • 看護、介護のため
  • 引っ越しのため
  • 他にやりたい事が見つかった
  • 地元へ帰ることになった
  • 資格を取得するため

 

といった理由がよくあげられます。

 

理由については、一身上の都合によりと伝えたところで、いくつか質問されることが予想されるので、伝える前に事前に言いたいことを整理しておきましょうね。

 

どのような理由であれ、一番大切なのは、辞めると決めたことをしっかり意思表示することです。

 

意思だけはしっかりと伝えて、あとは譲らないということがポイントです。

 

  1. 「〜月末をもって退職します」といった期限を具体的に伝える。

 

  1. 「退職したいのですが」ではなくて「退職します」または「退職することに決めました」など言い切りの報告形で伝える。(退職したくて、、、といった相談形だと確実に引き止められるため)

 

  1. 「〜さんがいないと困るから」や「〜月まで頑張れないかな」と言われても、「申し訳ありません」と引き止めを断ること。

 

絶対に譲らないスタンスを心掛けます。

「辞めることに決めました。すみません。」と伝え続ければ、相手もそれ以上は言いません。

 

引き止めてくれるのも、過度に人手の足りないといった特殊な職場を除いては、あなたの力を上司が認めている印でもあります。

あまり怯えすぎずに、気持ちはありがたく頂きながらも、しっかりと断りましょう。

 

 

まとめ

  • 仕事を辞めると決めたら、即行動。
  • 上司に伝えるタイミングは、休憩中または勤務終了後。
  • 可能であれば、事前に時間のアポイントを取る。
  • 身勝手にならず、上司の様子も見ながら声をかける。
  • 辞める理由を伝えるときは、期限を具体的に伝える。
  • 「退職します」といった言い切りの報告形で伝える。
  • 引き止められても「申し訳ありません」としっかり断ること。
  • 辞めると決めたことをしっかり意思表示すること。

 

 

いかがでしたか。

辞めるって言いだすのは、すごく不安ですし、勇気のいることですよね。

 

勤めた期間が短くても、長くても、お世話になった職場ですから、出来れば円満に退職したいものです。

 

会社は辞めづらい、言い出しにくい雰囲気こそあっても、ちゃんと辞めさせてくれます。

辞めたいと決めた意思を、誠実に上司に伝えて、また新しいスタートがスッキリと切れるようにしましょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました