引っ越しのベットの処分問題で実は知らない大変な事とは!?

生活

スポンサードリンク
 



引っ越しをするとき、みなさんはまずどこから手をつけますか?

 

私は必要のないものからどんどん箱に詰め、もしくは処分していき、大型家具を最後に梱包します。

 

引っ越し場所が近い場合などは、段ボール類は全部自分で運んで、持ち運べないタンスやベッド、家電製品などの大型家具のみを引っ越し業者に頼んでいました。

 

トラックの大きさをなるべく小さくすればその分、安くなりますからね。

 

ところがあるとき、小物がざっと片付いて、あとは引っ越し業者さんにおまかせ…となっていたのですが、あれ?業者さんたちがざわついてついてる…?

 

なんと!ベッドが玄関ドアから出せない!

出せるけど新しい部屋にはどう頑張っても入らない!

ということが判明。

 

そこで、みなさんが引っ越しで急なベッドの処分に困ったときの対処法をご紹介していきますね!

 

 

スポンサードリンク




引っ越し時はまずベットが解体可能か確認しよう!無理なら処分を検討

 

ベッドの引っ越しをする際に大事なことは、まずそのベッドが解体できるかどうかです。

 

実はベッドを運び出すときは、一度解体してからもう一度引っ越し先で組み立なおすのが通例なんですね。

 

そのため、引っ越し業者に見積もりを頼んでみても、まず聞かれるのはベッドの大きさと、解体できるかどうかということです。

 

もちろんシングルサイズくらいであれば、解体しなくても部屋に運び込めることがありますけど、とにかく聞かれます。

 

買ったときに自分で組み立てたものや、買った店舗で組み立てを依頼したものなら解体できる、ということなので問題ありません。

 

ただ気を付けなければいけないのが、海外からの輸入ベッドやブランド系のものは工具や工程が特殊なものが多く解体が困難という場合があるので、見積もりの段階のときにしっかり確認してください。

 

これがもし解体が困難なものや、玄関や窓からの搬入がむずかしい場合には、私のパソコン台のように処分するか、売るか、あげるか…という選択をせまられることとなります。

 

まあ心機一転新しいものに替えてもいいのですが、持っていくつもりだったものと急にお別れをするのは何とも切ないので、特に大事なベッドであれば引っ越し先を選ぶ時点でベッドの採寸をしておいて、運び込む際の経路やドアの幅をチェックしておきましょう。

 

あ、業者さんに解体は“無理です”と言われたからと言って、自分で解体しようとするのはダメですよ~。

部屋を傷つけたり、もとに戻せなくなったりしちゃいますからね。

 

ではもしもに備えて、ベッドが解体できなくて処分しなければいけなくなった場合、どんな方法があるのか知っておきましょう。

 

①引っ越し業者にそのまま引き取ってもらう。

 

私はベッドではないのですが、パソコン台の他にも、健康器具や本棚など無料でいくつか引き取ってもらったことがあります。

この方法が一番処分しやすくて楽ですもんね。

 

前もって処分するとわかっているのであれば、見積もりの段階で相談してみましょう。

 

同じ日にほかのお客さんから処分を頼まれていたりすると、ついでにいいですよ!となる可能性が高いです。

 

当日でも一応聞いてみたほうがいいですよ!

 

②粗大ごみとして出す。

 

各自治体によって違いますが、粗大ごみの受付センターに電話をして手数料納付券を購入し、粗大ごみシールを貼って収集もしくは持ち込みます。

 

一度パイプベッドを持ち込んだことがあるのですが、いやはや大変でした!

 

思いのほか幅も長さもあるので、軽トラックを借りなければいけなくなりましたから。次に処分するときは収集に来てもらおうと、硬く心に誓いました。

 

平均して500円~3000円以内で済むので、引っ越し業者のほうが高くつくようならこちらを利用してもいいと思います。

 

③リサイクルショップに売る、もしくは引き取ってもらう。

 

ほかにもリサイクルできそうなものがあれば、一緒に見積もりに来てもらって買ってもらうか、値段がつかなくても引き取ってもらえることがあるので、相談してみましょう。

 

④オークションに出品する。

 

急ぎではない場合、高価だったり状態が良かったりするものは出品してみるのも1つの手ですね。

 

⑤小売店で引き取ってもらう。

 

思い切って新しいベッドを買う際に、古いベッドを引き取ってくれる店もあります!

 

⑥友人、知人にゆずる!

 

 

引っ越しでベットの費用は運搬可能だけど気になる相場は高いのか?

 

ベッドだけの引っ越しであれば、ベッドのサイズ、解体後の状態でも費用がかわってきます。

 

だいたいシングルベッドで15000円~25000円、セミダブルだと20000円~30000円、ダブルベッド以上になると25000円~35000円となります。(保険、人件費込み)

 

業者にもよりけりですが、解体費用のほとんどは引っ越し費用に含まれていることが多いので、確認して、解体と組み立てはプロにまかせてしまいましょう。

 

もし含まれていなくても2000円~3000円で済みますから、安心してください。

 

私の場合、家族で引っ越した際には(同一市内)ベッドの他にもソファーやテーブルといった大型のものがいくつかあったので、60000円を超えていきましたが、独身時代には大型のものがベッドくらいしかなかったので(隣の県)、25000円ですみました。

 

結局ベッドのみを引っ越す時の場合と同じような料金です!

 

今思うとトラックの大きさは一番大きな荷物を基準に決められますから、そのトラックにたまたまほかの荷物も全部入ってしまったから安く済んだんですね~。

 

そう考えるとベッドだけを引っ越しするのであれば、引っ越し業者に限らず宅急便などでも料金はほぼ変わらないので、検討の余地がありますよね。

(宅急便でも解体・組み立てをしてくれるプランがあります。)

 

引っ越し業者だと、まだまだほかにも荷物が入るスペースがトラックにあると思うと、私なんかは損した気分になっちゃうのですが…。

うまく時間や日程の都合がつかなかったり、料金が見合わなかったりする場合の選択肢の一つとして知っておいてくださいね。

 

また最近では引っ越しの見積もりも一括でできるようになっているので、料金の比較もしやすくなっています。

こちらもぜひ活用してみましょう。

 

最後に、解体はできないが吊り上げれば窓から搬入できる、という場合です。

 

吊り上げる方法には2種類ありまして、2階ぐらいなら手でつりあげるのですが、この場合は引っ越し費用に20000円ほどプラスされてきます。

 

高いと思いますが、作業人数が増えるので仕方がないそうです。(もっと安くできないのか聞いてみた際にそう言われました…。)

 

3階以上であればクレーン車も必要になってくるので、25000円もプラスになってきます。

 

ベッドだけの引っ越しが45000円を超えてしまうのであれば、ちょっと考えちゃいますよね…。

 

思い切って買い替えたほうがお得かもしれません。

 

引っ越しの日に合わせて購入したものを、新しい住居に送り届けてもらえば一石二鳥ですからね。

(大型のマットレスとフレームがなくなるだけでもだいぶ安くなりますし、古いほうも処分してもらえればそれだけでも格段にお得です。)

 

もちろん新居にあった大きさのものを購入してくださいね。

 

小売店で購入すると配送料が無料となるところも多いし、平均して30000円以上の商品であれば無料で配送員の人が組み立ててくれる場合もあるので、新しい部屋にあった大きさのものを選んで、しっかり見積もって、お得に新生活を始めましょう。

 

 

まとめ

 

ベッドを引っ越すなら、まずは測って、解体できるかどうかをチェックしましょう。

 

また料金をしっかり見積もって、買い替えることも検討しましょう。

逆にその方がお得になる場合も!

 

引っ越し先を決めるときには、搬入経路があるかどうか、搬入口となる出入り口もチェック。

 

運搬も解体も自分でやろうとすると、思わぬトラブルのもとになります。

 

無理せずプロにまかせましょう。

 

どうしても無理なら、自分に合った方法で処分しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました