QRコード決済のやり方はメリット・デメリットを知って作成する!?

ちょっとした疑問

スポンサードリンク
 



2019年の新語・流行語大賞でがトップ10入りを果たした「○○ペイ」。

この年は急に見聞きする機会が多くなりましたね。

 

日常生活でも自分で使うようになったり、ほかの人が使っているのを見掛けたりと、ぐっと身近な存在になってきました。

 

そんな中、QRコード決済の「○○ペイ」のひとつであるLINE Payが、銀行振込サービスを開始します。

今回はこの話題を中心に、QRコード決済のサービスにまつわるメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク




QRコード決済の仕組みって知ってる!?

 

まず、そもそもQRコード決済と呼ばれているのは、どのようなサービスなのでしょうか?

 

コンビニや牛丼チェーン店の店頭で、スマホの画面に表示したものを読み取っている光景によく遭遇します。

これがまさに、QRコード決済を使っている場面。

 

横長のバーコードや四角いQRコードを読み取ってもらうと支払いができるというものです。「バーコード決済」とか、「QRコード決済」といった言葉も聞いたことがあるかもしれませんね。

 

このようなQRコード決済サービスに会員登録する時には、銀行口座やクレジットカード情報をあらかじめ登録しておきます。

 

支払いの時にかざすコードにはそれらの情報が含まれています。

もちろん、見て分かる形だと大事な情報が漏れてしまうので、複雑な処理を行ってコード化することで、見ただけでは分からないようにしてあります。

 

レジでコードを読み取ると、支払ったお金はいったん決済サービスの業者に入ります。

そこから決済手数料が引かれて各店舗の口座に売上として入金されます。

 

 

QRコード決済のやり方で読み取りと支払いのメリットとは!?

 

最近は、QRコード決済サービスも、単にお店で支払いをするためだけでなく、ほかの目的にも使えるものが増えています。

LINE Payが発表した銀行振込サービスもそのひとつです。

 

このサービスの何が画期的かというと、まず自分のLINE Payの残高を使って、相手の銀行口座に直接支払いができるという点。

わざわざ自分の銀行預金の口座を使わなくても、スマホからLINE Payのアプリを操作することで簡単に手続きができます。

 

また、読み取る必要が無く、相手の銀行口座を知らなくても、相手の名前と電話番号かメールアドレスを知っていれば支払いができるという点もあります。

 

このようにQRコード決済は、読み取らなくても、口座振り込みが簡単にできるようになるというところも注目されています。

 

そして、メリットとして一番推したいのは、「小銭いらずで簡単に支払いができる」ことです。

 

例えば牛丼チェーン店で食券を買うとき、あらかじめスマホにQRコードを表示させておいて、券売機の前にピッとかざします。

すると、それで支払いが終了。

お財布や電子マネーのカードなどを持たなくても、スマホだけで牛丼が食べられるというのは結構手軽です。

 

また、QRコード決済サービスでは、ポイントシステムとつながっているものがあります。

 

例えばd払いならdポイント、楽天ペイなら楽天スーパーポイントがあります。

このようなポイントを支払いに使う設定が、アプリの上で簡単にできます。

ポイントが貯まっていて、お金を使いたくないなあ…といった場面で、威力を発揮します。

 

 

QRコード決済のやり方で読み取りできない時のデメリットとは!?

 

QRコードが便利そうなのはよく分かった、でも実際に使うとどんな感じなの?という疑問もあるでしょう。

 

そこで、実際に使ってみた経験を踏まえた、QRコードの使い勝手と読み取りができない時のデメリットは、事前にスマホのアプリを立ち上げておく必要があることです。

 

お店に入ってからとか、レジの前に立ってからとかだと、空いている時ならいいですが、混雑している時だと後ろで並んでいるお客さんに白い目で見られてしまいます。

またスマホの通信状態が悪いと使えません。

アプリを立ち上げた時に、通信を行ってからバーコードやQRコードを作るので、これができなくなるからです。

 

今の世の中、通信状態が悪いなんて場面があるのだろうか…?とも思うでしょう。

でも、実は意外に経験するものです。

データ通信の容量制限に引っ掛からないようにと屋外でWiFiを使って通信しながらQRコードを使おうとすると、電波が弱いので使えません…とエラーになり、焦ることがあります。

 

使う前に自分が安定した通信状態の中にいるのかどうかも確認しないといけないので、そういう意味では手間が掛かるサービスかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

 

スマホの普及とともに、これからも人気を集めるサービスになっていきそうなQRコード決済サービス。

 

今回とりあげた銀行振込ができるサービス以外にも、ネットショッピングの支払いで使えたり、友達どうしの割り勘で使えたりと、機能もどんどん充実してきています。

 

使った際のメリット・デメリットを押さえた上で、生活の一部となるようにうまく使いこなしたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました