グーグルが自動翻訳アプリを無料で提供!実際に使って感じた事は!?

ちょっとした疑問

スポンサードリンク






グーグルが12月12日「Googleアシスタント」でリアルタイム翻訳機能「通訳モード」スマホで自動翻訳44言語 グーグルがアプリで無料提供」を開始したと発表しました。

 

これまでと違って、専用の翻訳機がなくても自分の言葉がいろいろな言語に自動翻訳されるという、夢のような機能が登場。

そこで今回は、スマホの同時通訳がどんな場面で使えるのかみていきます。

 

 

グーグルの翻訳アプリの使い方 Googleアシスタントの通訳モードを使ってみた!

 

「Googleアシスタント」の通訳モードは、アプリが最新バージョンのものになっていれば、すぐに使うことができます。

すでにGoogle Homeにはこの機能が搭載されているので、お試し感覚で体験した人もいるのでは?

また、iPhoneでも、「Googleアシスタント」アプリをインストールしていれば無料で利用することができます。

 

さっそく、手元にあるAndroidスマホで話題の通訳モードを使ってみました。

Googleアシスタントを立ち上げて、マイクに向かって

「日本語と英語の通訳になって」

と話しかけると、通訳モードが始まります。

あとは、マイクに向かって話した言葉が、自動的に翻訳されてスピーカーから流れます。また、画面上にも文字が表示されます。

 

 

グーグルの翻訳は日本語や英語など44語と通訳モードには3種類ある!

 

通訳モードには、「自動」「手動」「キーボード」の3種類があります。

翻訳する言語の組み合わせが日本語と英語の場合で、それぞれどういう使い方になるのか、みていきます。

まず「自動」に設定されていると、話された言葉が日本語なのか英語なのかをアプリが自動的に判定します。そして、日本語と判定した場合は英語に、英語と判定した場合は日本語に通訳されます。

 

一方、「手動」に設定すると、「日本語」と「English」の2つのマイクがスマホの画面上に現れます。どちらのマイクをタップするかで、「日本語から英語」なのか、それとも「英語から日本語」なのかの通訳する方向が決まります。あとはマイクに向かって話すだけ。

 

「キーボード」に設定すると、こちらも「日本語」と「English」の2つのキーボードが画面に登場。「手動」と似たような使い方ですが、こちらは話すのではなく、通訳したい文をスマホで入力すると翻訳してくれる仕組みです。

 

通訳モードが対応している言語は、日本語、英語、中国語、韓国語を含む全部で44言語。世界中の主だった言語は、すべてカバーされています。

 

 

グーグルの翻訳が実際に使える場面はどこ?

 

このような近未来的なスマホの新機能、実際に使える場面はどんなところでしょうか?

まず思い付くのは、街中で外国人に道を聞かれた時。

 

だいたいの場合、道に迷っている人は、もし言葉が通じなくても、地図やメモを見せて「ここへ行きたい」と指し示してくれます。それを見てから、スマホの通訳モードに話しかけ、自動翻訳した音声を聴いてもらうとよいでしょう。

 

また、「手動」のモードを使えば、同じスマホの画面上で相手と言語を選びながら会話をすることもできますね。

 

「これで、いざ聞かれても大丈夫だ」とひと安心。ただ、最初に遭遇するのは、あなたが使うよりも、むしろ相手が使ってくる場面かもしれません。その時は、慌てることなく、落ち着いて通訳モードを使いこなしましょう。

 

海外旅行へ行った時も、街中での簡単なやりとりなら通訳モードの出番です。この場合は、先ほどの逆の立場になりますね。

 

仕事では、同じ職場に外国人のスタッフが入ってきて会話をする場合に使えます。

一緒に仕事をする時間が長くなればカタコトでもお互いに直接会話ができるようになりますが、まだ慣れないうちはスマホ片手に同時通訳してもらうのもありです。

 

 

グーグルの翻訳があまり使えない場合はどんな時がある!?

 

逆に、通訳モードがあまり使えない場合もみていきます。

まず、通訳モードは長い文や複雑な文、専門用語が多い文の翻訳が比較的苦手です。実際に、テレビのニュース音声を聴かせて翻訳させようとしたら、すぐにギブアップしました。

 

その点で、ウェブページを丸ごと翻訳してくれるようなGoogle翻訳とは違います。ビジネス用途で本格的に使うのは、まだ力不足です。

 

また、方言が苦手です。実際に、「日本語から英語」の通訳に設定して、

「もうかりまっか?」

と話しかけたら、

「Already」(日本語を「もう」と判定?)

と翻訳されました。

 

これは極端なケースかもしれませんが、日本語に限らずどの言語でも方言やなまりはあるもの。どこまで正しくGoogleが翻訳してくれるかはその時次第です。

 

あとは、スマホの電波状態が悪かったり、電波が届かない状態だったりすると使えません。今どきそんなケースってあまりないだろうと思いますよね?

でも、機内モードに設定すると使えないという盲点が。

 

飛行機のフライト中に、乗務員さんと通訳モードを使って会話するのは難しいということになります。

もちろん、スマホが電池切れしてもアウトです。

 

 

まとめ

 

今回は、Googleアシスタントの「通訳モード」についてみてきました。

最初は「便利な電話」のような位置付けだったスマホも、どんどん機能が増えていって、使える範囲もかなり広くなりました。

 

そのうち、スマホのスピーカーを通じて、日本語で話しているつもりが相手にはずっと英語で聞こえている…なんて時代がやってくるのかも。この先、どんな進化が待っているのかワクワクしてきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました