結婚式の受付って何人必要で誰にどのように頼んだらいいのか!?

イベントや行事ごと

スポンサードリンク
 



結婚式を予定してるけど、誰にどうやって頼めばいいかなんて分からないし、そもそも何人必要か分からないですよね。

 

人数は一般的には新郎2人、新婦2人で計4人です。

これは、各1人が来場した招待客に芳名帳に名前を書くご案内をする人。

もう1人は来場した招待客に席次表を渡す人です。

 

絶対2人ずつの計4人じゃないとだめ?

 

そんなことはありません。

少人数の結婚式を予定しているなら1人ずつの計2人でもいいと思いますが、受付のやることって結構多いんですよね。

披露宴が始まるまでにご祝儀を管理したり、来場した招待客をチェックして誰が来てないか確認したり、他にも色々。

 

なので、担当してくれる結婚式場のプランナーさんに相談するのがベストです。

 

 

スポンサードリンク




結婚式の受付は誰にどのように頼むのか相手の性格も考えどころ!?

思い浮かぶのは、仲良しのいとこ?友達?同僚?

 

大好きな人たちの顔がたくさん思い浮かびますね。

上記のどの方にも頼むのはいいですが注意点がいくつかあります。

 

まず、一番大事なのは相手の性格を見極めましょう

相手が人見知りの場合、たくさんの初対面の方に会うので気疲れしてしまいます。

受付の方が人見知りが発動して、無意識に来場客にそっけない態度をとったりしたら大変です。

結婚式場に来場して、受付の方と初めて会話する来場客もいる中、そんな態度を取られたら「失礼な態度の人」と誤解を招いてしまいます。

 

結婚式の受付に適した方とは

 

  • 初対面の方でもキチンとご挨拶ができる人
  • 言葉遣いや身だしなみのマナーがある人
  • 来場客やお預かりしたご祝儀の管理ができる人

 

だと思いますので、適切な方にお願いしましょう。

 

また、いとこの場合は、友達や同僚に比べて気を使わなくて気持ち的にも楽ですよね。

ですが、挙式が始まる前に親族同士で行われる両家紹介、親族記念撮影などに参加できなくなる可能性があります。

せっかくの一生に一度の結婚式の両家家族写真。

仲良しのいとこだけが写ってないのは残念ですので、プランナーさんに撮影時間などの確認や調整をしてもらいましょう。

 

学生時代を共にした友達には、結婚式場までの距離などを考えてあげましょう。

負担になってしまったら大変ですからね。

 

職場の同僚の場合、同じ職場だからこそ打ち合わせなどしやすくていいですが、あまり仕事の負担にならないように配慮するようにしましょう。

 

私は結婚式場に4年勤めた経験があり、受付の方や来場客の方のご案内などしてましたが一番多かったのは友人の受付の方でした。

正直、受付をしながら大きな声で喋っていて受付カウンターに並んでいる他の来場客を待たせたり、服装のマナーがなってない方など何人も見て来ました。

 

相手の方の性格を見極めて、一日の予定に差し支えないように、また相手の方の負担にならないように受付の方を選びましょう。

 

 

結婚式の受付の頼み方はどのように頼めばいいのか!?

受付はあの人にお願いしよう!

でもお願いする人が決まったのはいいけど快よく引き受けてもらうには、どうしたらいいんだろう?

 

相手の都合等も関わって来るので、前もって直接会って早めにお願いするのがベストです。

ついでに「結婚しました!」のサプライズ報告もいいですね。

 

また、新郎新婦の受付同士が初対面の場合、顔合わせとして食事する場を設け、当日もお互いに仲良くできるよう配慮するのもいいです。

 

「君だからお願いしたいの。」という気持ちを第一に伝えましょう。

中にはめんどくさいと思う方もいます。

雑務を押し付けられたなんて、思わせないようにしてくださいね。

 

それと、受付の方は、他の来場客よりも早く結婚式場に来場して受付を開始します。

会社や友人方よりも早く来場する親族の方の受付があるからです。

結婚式の準備って来場客でも大変ですよね。

 

女性は特にメイクや、早めの美容室の予約がつきものです。

ヘアメイクなど、こちらで準備してもらいたいものなどは前もって相手に確認を取りましょう。

 

また、費用の相談も忘れずにしましょうね。

特に遠方から来る方には、ホテルの用意が必要なのか確認するのとお車代を渡すのを忘れずに。

 

 

結婚式の受付にはしっかりしたリストを作成する事の重要性とは!?

待ちに待った、結婚式当日。

お互いに来場して挨拶はできたけど、招待客が来場し始めたら、さあ大変!

お互いにすることがありすぎて忙しい時間の始まりです。

 

新郎新婦は、身支度に記念撮影や挨拶の最終練習などやることがいっぱい。

 

そんな時に受付では、

「招待客に渡すものを頼まれてたけど、なんだったかな?」

「あれ?これは確認しないとわからないな。」

なんてことがいくつか出て来ます。

 

近くにいる式場スタッフに聞いて解決できることならいいですが、本人同士でしか分からない内容は式場スタッフもお手上げです。

 

実際、こんなことはザラにありました。

 

一番多かったのは、「お車代を渡すよう言われたけど苗字はわかるが下の名前がわからないからどうすればいいか?」という問題でした。

 

決まってそのようなことが起きる時は、来場客の中で同性同苗の方がいらっしゃる場合です。

 

お車代となると遠方から来てる方なので芳名帳に書いていただいた住所を見ればわかりますが、式場スタッフもこればかりは金銭面ですので断言はできません。

なので一度お二人に確認しなくてはなりません。

 

そんな時に両家集合写真など予定が重なってしまった場合は確認するまで時間かかりますし、受付の方もスムーズに事が進まなくなり焦ってしまいがちです。

 

それに、お車代を受け取る方が受付が終わってから、

しばらくして「こちらお車代です」と渡されるのも「あれ?渡すの忘れてたんだ」と受付の方の印象も悪くしてしまいます。

お金関係のことですので余計、ルーズな印象を与える可能性もあります。

 

このように受付の方が困らないように、当日お願いすることなどは、どんなに細かい事でもリストを作成して受付の方に渡しましょう。

 

  • お車代、手紙やプレゼントを渡す招待客の名前
  • 受付業務以外にその日にやってもらいたいこと

 

などをどんなに小さなことでもリストアップしておいて、プランナーさんなどに渡しておけば、式場スタッフが受付のフォローもできるので安心ですよ。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

人生一度きりの結婚式。

招待客はもちろん、受付の方にも楽しんでもらいたいですよね。

 

何事も、相手の方に配慮した行動をとれば間違いなしです。

 

招待客全員が、喜んでもらえるような素敵な結婚式にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました