お金の管理は年間の予算を上手に組み立ててみよう!

生活

スポンサードリンク
 



あなたはお金の管理がきちんとできていますか?

 

私は、このように聞かれたら自信を持って「できています!」とは言えません(*´Д`)

毎月お給料からの生活費の管理はしていますが、どういうわけは貯金があまりできません。

でも、年間通しての予算をたてておくと、案外簡単にお金の管理ができるようになりますよ!

紹介しますね(^_-)-☆

 

 

スポンサードリンク




お金の管理が出来ない人は、年間のお金の動きを考えてみよう!

我が家の場合を紹介します。

1月→お正月

帰省・お年賀・おせち料理・お年玉

 

2月→節分

恵方巻

 

3月→桃の節句

ひな祭り

 

4月→子どもが進級

学用品を新調する

義母の誕生日

 

5月→ゴールデンウイーク

義父と実父の誕生日

 

6月→ボーナス☆

 

7月→主人の誕生日

夏休み・帰省

 

8月→夏休み

家族でお出掛け

 

9月→特になし

 

10月→運動会

 

11月→子どもの誕生日

冬物の支度(冬物衣料は高い!)

 

12月→-ボーナス☆

年末

 

特別出費が予想されるものを挙げてみました。

「☆」は特別収入です。

特別収入は年末調整もあります。

住宅ローン控除があるので、ありがたく使わせてもらっています。

 

詳細をお話します。

 

~1月お正月の準備~

  • おせち料理の材料煮物の材料を買って作ります。

これ結構な高額になりませんか?

毎月の生活費からはとても出せません( ;∀;)

これは特別出費として別枠で考えています。

 

  • あなたは、お年賀を何軒くらい用意しますか?

また、1軒いくらくらいですか?

 

我が家は、実家と私の親戚が5軒です。

1軒2000円前後です。

5軒で1万円前後の予算にしています。

ただ、お年玉をたくさんくれる家には、お年賀を3000円くらい用意しています。

 

主人の実家へは、帰省土産とお年賀を用意します。

親戚は3軒と義実家の家の大家さんの4軒分にお年賀と手土産を用意します。

あと、親戚の家の子どもにお年玉を用意します。

合計2万円弱ですね。

 

これにプラス帰省の交通費と宿代がかかります。

とても生活費からは出せません。

 

~2月節分~

節分で何が特別出費?と思われるかもしれませんね。

豆まきのマメは、普通に食費から買います。

でも、恵方巻は・・・高いですよね?

 

主人は、せっかくだから美味しい物を食べたい!

ということで、海鮮の太巻きを食べます。

1本1000円では買えません。

私と子どもはハーフサイズですが、それでも家族分合わせると3000円以上かかります。

 

しかも主人は、ここぞとばかりにいくつかのお店のものを買って食べ比べをしたりしています。

それなりに出費です。

でも、行事食なので続けています。

 

~ひな祭り~

ひな祭りに、なんでそんなにお金がかかるの?

と思われるかもしれませんね。

けっこうかかるんですよね。

これが(-_-メ)

 

自宅に、私の子どものおひな様を飾り、実家には姉と私のおひな様を飾ります。

どちらも、ひなあられや、桃の花ハマグリを飾ったりします。

 

桜餅なども毎日とは言いませんが、飾った日と片付ける日、その方にも1日おきくらいには御供えするようにしています。

 

1個100円の桜餅だとしても、100円×2軒分×15日間としたら3000円になります。

菱餅も、近所の餅菓子屋さんで買います。

1個700円×一対なので1400円これを2軒分で2800円です。

ハマグリも、国産となると1000円くらいします。

 

3月3日当日には、ちらしずしを毎年作っていますが、海鮮系を子どもが好むので、リクエストに答えると、それなりに出費です。

 

4月以降~

このように毎月特別出費がかかります。

春は進級し学校では教材費の集金があったり、体育着を買い直したりもします。

 

春と秋にはお彼岸もあります。

 

家族の誕生日や、クリスマスにはプレゼントと食事を豪華にしてみたり、それなりの出費です(*´Д`)

連休は嬉しい反面、家族でお出掛けをすると、それなりの出費ですよね。

 

その他にも、子どもはダンスを習っているので発表会があります。

年4回~5回発表会があるので、その時の衣装も必要です。

 

では、ここからどうするか?

対策を考えていきたいと思います。

 

 

お金の管理をするためには特別出費用の積み立てをしておく。

これ、オススメですよ(^_-)-☆

毎月お給料をおろしたら、生活費分は財布に入れます。

その他に固定資産税や保険料など、一括で払うのは大変なので、毎月積み立てておきます。

 

いわゆる「タンス預金」です。

帰省費用も別枠で積み立てています。

こちらも「タンス預金」ですね。

 

恵方巻や土用の丑の日のウナギは、スーパーの貯めておいたポイントで購入します。

いつも同じスーパーで買い物をすると、ポイントもそれなりに貯まります。

これをウナギ代や恵方巻代にあてています。

 

かなり助かりますよ( *´艸`)

 

学用品や衣類にかかる費用は、ボーナスをもらった時に別枠にタンス預金をしています。

誕生日プレゼントやクリスマスなどは、私の収入から出しています。

連休の家族のお出掛けは、生活費が余った時に貯めておいたものや、私の収入から出しています。

 

どうしても赤字になりそうな場合は、住宅ローン控除で戻ってきたお金をあてています。

書類を書くのは少し手間ですが、かなり助けてもらっています。

 

いかがでしょう?

 

毎月の生活費で全部まかなおうとすると、足りない月がきっとあります。

だからと言って、毎月どんなに出費があっても足りるほどを生活費にすると、貯金ができませんよね?

 

そこで、私は毎月の生活費特別出費を分けて計算しておきます。

毎月の特別枠のタンス預金とボーナスから補填します。

どうしても足りない時は、年末調整で戻ってきたお金などを特別出費にあてています。

これで、月々の生活費も安定します。

 

特別にお金がかかる時も、慌てずに貯金をおろすことなく対応できますよ(*^^)v

 

 

まとめ

いかかですか?

お金の管理って難しいですよね?

 

私は基本的にケチなので、独身の頃はほとんどお金は使いませんでした。

とにかく貯金が趣味でした。

 

でも結婚すると、そうも言っていられませんよね?

限られた収入をどう使うのか?

どうしたら貯金できるのか?

年間通して、いつがどのくらい経費がかかるのか?

 

ある程度わかると、お金のやりくりも見通しがつきますよ。

一度、あなたの1年間を紙に書き出してみてはいかがですか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました