旅行で雨が降った時に持ち物が濡れずに快適に過ごせる必需品とは!?

旅行やお出かけ

ひとりでのんびり、友だちとワイワイ…女子旅って楽しいですよね。

普段はできないことを体験したり、雄大な自然に触れてみたり。

日常から解放されて過ごす時間は、一生の思い出になります。

 

なのに、旅先での突然の雨!

なんにも対策していないと、ずぶ濡れになってカゼをひいたりして、せっかくの旅が台無しに…なんてこともあります。

 

旅行中の予期せぬ雨で失敗しないための服装や持ち物についてご紹介します。

近くのコンビニやショッピングモールで気軽に買えるものや、すぐに実践できるアイデアを集めました。手軽に準備して、気分もアガる楽しい旅行にしましょう!

 

 

旅行先で雨が降ったときの服装で困らない為にはどうする?

 

なんと言っても一番嫌なのは、急な雨に降られてびしょ濡れになってしまうことですよね。

お気に入りの服が台無しになってしまうとテンションが下がってしまいますし、

ずぶ濡れになったことがきっかけで風邪を引いてしまったら、残りの旅行が全然楽しめなかった、なんてこともあり得ます。

 

まず、雨が降ったときに避けた方がいい服装についてご紹介します。

 

本革のバッグ、靴など

急な雨に降られたり、濡れた手で革製品を触ってしまって、ふやけたようになったりシミになったことってありませんか?

 

革製品は、濡れてしまうと生地が傷みます。

濡れてしまったあとにそのまま放置しておくと、カビてしまいます。

カビてしまうと簡単には元に戻りません。

天日干ししたりクリーナーを使ったり、結構面倒です。

 

大事なバッグや靴などを雨に濡らして駄目にしてしまわないように、 雨が降ったときは使わないようにしましょう。

 

色移りしやすいものも避けた方がいい

私が実際にやってしまった経験談なのですが、その日は真っ白なトップスに濃い色のデニムを履いていました。

その時たまたま雨が降ってずぶ濡れになってしまったのですが、ふと気がつくと残念なことにトップスの裾が真っ青に…。

デニムの色がうつってしまったんです。その服は着られなくなってしまいました。

 

旅先でのたった一度の雨で服をダメにしたりしないように、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

雨具についても考えて!

私の経験上大切なのは、旅先に合わせて雨具を選ぶことだと思います。

行く先の地域が暑いのか寒いのか、雨が降りやすい季節なのかそうではないのかを事前に調べておくと、必要なものが頭に思い浮かびやすいです。

 

タイに旅行に行ったとき、「コンパクトだしとりあえず折りたたみ傘でいいや」と持っていったら、熱帯地域だったので雨が激しすぎて、全くと言っていいほど役に立ちませんでした。

 

レインコートやポンチョは着るだけでいいので、両手が使えるのがとても便利です。

 

両手が空いたら荷物が持てますし、スマホで最新の天気や雨雲レーダーなどをチェックすることができます。

さらにポンチョなら、上からかぶるので場合によっては背中のリュックまで一緒に覆うことができます。

 

私の主人が以前、 ちょっと奮発して雨を通さない厚手の生地のものを買いました。

アウトドア用のものなので少し値が張りましたが、品質は確かです。

 

定番の傘!

傘のいいところって、指一本で開いて、雨が降ってきた瞬間に濡れるのを防げる点ですよね。

 

レインコートやポンチョだと、取り出して広げて着る、という一連の動作が必要で、着ている間に濡れてしまった、ということもあると思います。

 

100均などの安い傘でも大丈夫ですが、しっかりした作りの折りたたみ傘がおすすめです。

コンパクトで旅先でも邪魔になりませんし、頑丈な傘なら結構な土砂降りでも心配いりません。

 

また、どうしても荷物を増やしたくない場合は、安いものを現地調達して使い捨てするのも手です。

 

最近はカラフルなものやデザイン性の高いものもたくさん売っているので、気に入ったものを準備しましょう!

 

 

旅行のときの雨対策は手軽にできる事前準備がカギ!

簡単に手に入る身近なものでできる雨対策って、結構あります。

 

チャック付きポリ袋(ジップロックなど)

とにかく何にでも使えて便利なのがこれです。

 

財布やパスポートなど、濡れると困るものをしまっておくのに重宝しています

あるいは既に濡れてしまったものを入れて、バッグの中の他の物への被害を防ぐのにも役立ちます。

 

「旅行は明日なのに、急に天気予報が雨になった」なんてときでも、スーパーやコンビニなどで手に入りやすいのも嬉しいですよね。

 

以前友だちと旅行に行ったとき、少し多めにバッグに入れていたので、みんなに配ったらとても喜ばれました。

 

ビニール袋

チャック付きポリ袋と同様に、濡れてしまったものを入れておくのはもちろん、大きめのビニール袋はゴミ袋にしたり、レジャーシート代わりに地面に敷いて座ったり、荷物を置いたりできます。

最悪、雨が降った時にかぶることもできます。(笑)

 

何枚か持っていてもかさばらないのが、なかなか高ポイントです。

 

スマホ用の防水ケース

これは私自身「持っていけばよかったー!」と思うものなのですが、最近のスマホは防水のものが多いですが、土砂降りなどで画面が濡れて水滴がつくと、操作しづらいことってありますよね。

お風呂でスマホをいじっていると、指がすべって操作しづらいあの感じです。

 

防水ケースに入れておけば、土砂降りの中でも天気や交通情報などを調べることができます。

 

コンビニなどには売っていないと思うので、前日に慌てて準備することはできないと思いますが、値段もさほど高くありませんのでぜひ持っておきましょう。

 

 

まとめ

前もって対策しておけば、雨の日だって旅行を楽しむことができます。

性能がいい高級なものではなくても、身近にあるもので十分に雨対策ができます。

 

しっかり準備して、 思う存分旅行楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました