サンシャイン展望台のVR体験は3Dでも絶叫できるのか!?

スポンサーリンク

最近、バーチャルという言葉をよく聞きませんか?

言葉の意味を調べると、実態を伴わないさま、仮想的、疑似的などと書かれています。

う~ん、どれも難しいですね。

では、特殊な眼鏡をかけると3Dの世界が体験できるものというと『あー、あれね』と、なるでしょうか?

常に持っている方もいるかもしれませんね。

その眼鏡をかけて映像を見ると3Dに見えるというアレです。

その体験が東京池袋のサンシャインシティでできるんです。

乗り物に乗っているような疑似体験ができるというので早速行ってきました。

その時の体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

池袋サンシャイン60の展望台のVR体験!SKY CIRCUS(スカイ サーカス)の魅力とは!?

あなたは、サンシャイン60の展望台に行かれたことがありますか?

サンシャインには、プラネタリウム水族館、お店にナンジャタウンなどがあって、何回も行きたくなる場所です。

そこの展望台が『スカイサーカス』へとリニューアルオープン!

そこには、体感型のアトラクションがあります。

どのアトラクションも、VR眼鏡をかけるというものです。

私と娘は、スウィングコースターを体験してみることに。

こちらは、ブランコのような乗り物に乗り、もちろんVR眼鏡を装着して出発。

空中散歩というと気持ちよさそう楽しそうというイメージですが、スリル満点のアトラクションです。

ビルにぶつかりそうになったり、急降下したり・・・。

友達親子と一緒に行きましたが、ママ友曰く私は、ずっと無表情で、ただジッと座っていたとのことです。

確かにドキドキの連続です。

娘は、相当怖かったようで、これ1つで満足。

私は、他のも体験しましたよ。

こちらもVRでバンジージャンプの体験です。

こちらは友達親子と私とで体験したのですが、娘の友達と私がひたすらキャーキャー大声で叫んでまして、私たちを待っていた娘に冷たい視線で見られました”(-“”-)”

これは本当にバンジージャンプをしているような、またそれだけではなくて、絶叫マシーンに乗っているような体験ができるものです。

他にも、いくつかのアトラクションがあります。

春にオープンし、夏休みに行ったので、混んでいるかなと思いましたが、空いていて、体験したいものを待つことなくスイスイと体験。

真夏でもクーラーの室内で快適に過ごせます。

池袋サンシャイン60の展望台へのアクセスは?

では行き方の紹介です。

電車の場合

東京メトロ有楽町線の東池袋駅から徒歩約3分です。

JR・西武鉄道・東武鉄道の池袋駅から徒歩約8分です。

池袋駅から行かれる場合、出口は東口です。

間違えて反対側の西口に出ないように気を付けてください。

電車やバスの場合

都電荒川線東池袋四丁目停留所から徒歩約4分です。

車の場合

関越自動車道練馬インターチェンジから約5キロです。

首都高速道路5号線東池袋出入口に直結しており、駐車場は1800台です。

池袋サンシャイン60の展望台の入場料などは?

VRを体験をしなくても、展望台への入場料が必要です。

展望台の料金

当日券

大人:1200円

高校生・大学生・専門学校生:900円

小・中学生:600円

4歳以上幼児:300円

WEBチケット

大人:1100円

高校生・大学生・専門学校生:800円

小・中学生:550円

4歳以上幼児:270円

VR料金

展望台入場料の他に、以下のVR体験を1回/1名の体験で料金が必要です。

  • TOKYOU弾丸フライト
  • スウィングコースター
  • SKYエスケープ~高所恐怖体験~
  • MX 4D ウルトラ逆バンジー
  • MX 4D 恐竜戯画

当日券

一律500円かかります。

WEBチケット

一律450円です。

(サイトにより、VR料金は、アトラクションにより異なると書かれていますが、私が行ったときは、すべて一律500円でしたので、また変更になることがあるかもしれません。行く前に確認されると安心ですね)

年間パスポート「SKYPASS」の料金

一律3600円

1年間に何回でも入場できるお得なパスポートです。

年間パスポート「SKYPASS」の購入手続き

「電子版年間パスポート」と「カード型年間パスポート」の2種類あります。

  • 「電子版年間パスポート」はWEBサイトからご予約できます。
  • 「カード型年間パスポート」は展望台チケットカウンターで購入できますよ。

詳しくはこちら(https://sunshinecity.jp/file/observatory/skycircus_passport/)をご参考にして下さい。

購入についての注意点

スマホなど「電子版年間パスポート」は発行手数料が無料ですが、「カード型年間パスポート」は発行手数料が別途200円必要になります。

池袋サンシャイン60の展望台VRの他にも楽しいことがてんこ盛り

展望台に入場しても、VRの体験をしなかったら楽しめない?と心配に思いますか?

そうですね。

もしご家族で行かれる場合、こういうのが楽しい方と苦手な方がいますよね。

今回も私が友達親子を誘ったのですが、実はうちの娘はこういうの苦手なタイプなんです。

予想通り1つ体験しただけで、もう満足してしまい終了となったのです。

でも・・・他にもたくさん楽しめる施設です。

まず景色!

60階からの景色は、もうホントに素敵です。

スカイツリーが見えたり、東京ドームもすぐそこに見えたり。

ディズニーランドも見えたりします。

都内のタワーマンションを普段は見上げているだけなのに、ここからだと同じくらいの高さから眺められたりもします( *´艸`)

また壁に様々な仕掛けがあって、万華鏡が埋め込まれていたり、大きな鏡に自分を映すと、そこに雨が降ってきたり、雷が落ちてきたり!?

逃げようとすると鏡の中の自分に雷雲が追いかけてきたり。

幻想的な光と鏡の空間があったり、どれもこれも魅力的なものばかりで、子供たちは常にハイテンションです。

娘と友達は中学生ですが、幼稚園くらいの小さなお子さんも楽しんでいる様子が見られたり、もちろん私たち大人も、その景色や無限スケープなど、とにかく驚きの連続です。

決して広い空間ではありませんが、1つ1つの仕掛けを見て歩いていると、アッという間に時間が過ぎていきます。

まとめ

いかがでしょうか。

私自身、子供のころ何回も行ったところが、現代風に?いえ未来風に?アレンジされていて、とにかく行って損しない場所です。

子供の大人も、それぞれ楽しめる空間となっています。

夏の暑い日も、雨で外遊びができない日も、寒い冬の日も、いつでも快適空間で遊べるので、ぜひ1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする