味噌ラーメンのスープを意外と簡単に美味しく家で作る方法とは!?

料理やお菓子作り

スポンサードリンク
 



ラーメンはお店で食べるものと思っていませんか?

インスタントでなくても、お家で手作りすれば安くてヘルシーですし、好みの味にアレンジもできます。

 

とはいえ、「時間がかかるし面倒なのでは?」「お家でもおいしくできるの?」と思いますよね。

 

でも、意外と簡単ですぐにできちゃいます。

それは「とりがらスープの素」を使って、手間がかかる「出汁とり」をはぶいてしまうからです。

味も調えられているから、おいしいです。

 

子どもも食べやすいように、辛くない味噌ラーメンのレシピをお伝えします。

さらに、具材を増やした「お鍋」に応用するやり方もご紹介しますね。

 

スポンサードリンク




味噌ラーメンのスープを手作りする良い所は自分好みにアレンジできる!

ラーメン屋さんは、とりがらやトンコツを何日もかけて煮て手間をかけていますよね。

とりがらスープの素で簡単に、おいしくできあがります。

それではレシピを紹介しますね。

 

材料(2人分)

豚肉 100g

すりおろしニンニク 小さじ1

ごま油 大さじ1

 

水 500ml

りんごジュース 100ml

味噌 大さじ4

とりがらスープの素 小さじ2

しょう油 小さじ1

コショウ 少々

スープの作り方

はじめに、豚肉とニンニクをごま油で炒めます。

水とりんごジュース、残りの調味料を入れて煮立たせたらできあがりです。

 

お店はひき肉を使ったものがほとんどですが、我が家では豚こま肉を使っていますよ。

ボリュームが出るので、チャーシューの代わりになるんです。

わざわざお肉を煮込んで味付けたりする必要がなくなるので、ひき肉よりもおすすめですよ。

 

具材は冷蔵庫に残っている野菜を使うことがほとんどで、玉ねぎやもやし、人参、ねぎなどを入れます。

葉もの野菜があれば、キャベツ、白菜、レタスとなんでも使えますよ。

 

ここでも手間をはぶくために、野菜はフライパンで炒めず、電子レンジで簡単に加熱しましょう。

カットしたら塩とコショウを振りかけ、ラップして600wで3分くらいチンします。

あとはのせるだけなので簡単ですよね。

 

辛くないレシピなので、すりおろしショウガや一味とうがらしなどの辛味は、食べる直前にお好みで入れると良いですよ。

 

りんごジュースを入れる

このレシピの特徴は、りんごジュースを入れるところです。

りんごの味を活かしたいので、100%ジュースを選んでくださいね。

りんごの酸味と香りのおかげで、濃厚な味噌味なのにさっぱりします。

 

豚肉とりんごって、とっても相性が良いんですよ。

脂っこさがスッキリするから味もおいしいですし、身体の疲れをとってくれたり、食欲を増進させてくれたりと良い組み合わせです。

 

本格的な味にする

味噌ラーメンと言えば「札幌」を思い浮かべるのですが、その味に近づけるにはポイントがありますよ。

  • 濃いめの味にする
  • 野菜をたくさん入れる
  • 麺は固めにゆでる

 

こってりとして、味噌の香りが強いからおいしいんですよね。

上記の材料は、濃いめの味にしたくて、味噌の分量を多くしました。

その分ほかの調味料は控えめにしてあります。

 

そして、札幌のラーメンは野菜がたっぷり入ったものが多いんです。

そもそも「豚汁に麺を入れて食べたい」というのがきっかけで、札幌で誕生したそうです。

豚汁みたいに、豚肉も野菜もいっぱい入れましょう。

 

さらに近づけるなら、太めの縮れ麺を選んで、30秒くらい短めにゆでることで少し固めにすると良いです。

これでお家でも札幌の味を楽しめますよ。

 

とはいえ、自分の好みでいろいろアレンジできるのが、手作りの良いところですよね。

お鍋にも応用できるので、次でご紹介します。

 

味噌ラーメンのスープを鍋に使う時は麺はシメではなく最初に入れる!?

ご紹介したスープをそのまま使って「味噌鍋」にしてみませんか?

肉も野菜もじゃんじゃん追加すれば、ボリュームも栄養価もアップして家族も大満足ですね。

 

「味噌」はどんな野菜にも合いますし、煮込むことで野菜の旨みが出ておいしくなります。

お肉も鶏つみれや、豚バラ肉などいろいろ入れても大丈夫。

 

そして、「シメはやっぱりラーメンかな」と思いますよね。

でも、我が家では最初から麺を入れてしまって「ラーメン鍋」にしています。

 

ラーメン鍋の作り方

  1. 中華麺をゆでておく
  2. 鍋でスープをつくる
  3. 肉と野菜を入れて煮込む
  4. 麺を加える

 

麺はあらかじめゆでて、水を切っておきましょう。

あとで鍋に入れるときに少し煮込むので、ゆで時間を2分くらいの固めにして冷水で洗っておくと良いですよ。

 

ニンニクをごま油で炒めたら、味噌ベースのスープに肉と野菜を入れて、火が通るまで煮込みます。

あとは、ゆでておいた麺を入れて温まれば完成です。

 

以前はシメでラーメンにしていたんですが、娘が早く麺を食べたがるので、最初から投入するようになりました。

やってみると、食べている途中でシメの準備をしなくていいから、思いのほか楽チンでした。

 

食べるペース配分ができなくて、シメの前にお腹がいっぱいになっちゃうこともありますよね。

はじめに入れてしまえば、「せっかく麺をゆでておいたのに食べれない!」なんてことがなくなります。

 

「最初に入れて麺はのびないの?」と思いますよね。

もちろん食べているうちにのびちゃうんですが、シメのラーメンに比べて味が染み込むのでおいしいですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

とりがらスープの素で簡単な味噌ラーメンの作り方をご紹介しました。

辛くない味付けにしたので、ショウガや一味とうがらしでアレンジしてくださいね。

 

具材を増やして鍋で煮込めば、旨みも栄養価も上がります。

味噌味だからどんな具材にも合うんです。

ラーメン鍋なら麺に味が染みておいしいですし、もりもり食べられて家族みんなで楽しめますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました