餅つきがダメな日は語呂合わせだけじゃない縁起が悪い日もある!?

イベントや行事ごと

年末の風物詩といえば、餅つき。

杵とうすで「ペッタン、ペッタン…」と餅つきをする光景は、日本の古き良き時代ともいえますね。

 

最近では自宅で餅つきをする機会も減ってきていますが、幼稚園や町内のイベントを通して餅つきを体験したことがある方も、多いのではないでしょうか。

 

さて、そんな年末の風物詩の餅つきに縁起が悪い日・良い日があるのをご存じでしょうか。

お正月の準備でもある餅つきなので、せっかくであれば縁起が良い日に行いたいものですよね。

 

今回は餅つきをするのに縁起が悪い・良い日を、私の体験も合わせてご紹介していきます。

 

 

 

餅つきで縁起が悪い日は24日,26日,29日…では31日なぜ縁起が悪い!?

結論からいうと、餅つきで縁起が悪い日 → 12月24日、12月26日、29日、31日となります。

それぞれ理由をご説明しますね。

 

私たち日本人の多くは、ことばは神聖なものであると信じています。

そのため、語呂合わせも大切にしてきました。それは餅つきにも適用されています。

 

鏡餅に使うための餅つきは

 

 

  • 12月24日は 4つ苦しむと言われて縁起が悪い日
  • 12月26日は ろくでもない日だから縁起が悪い日
  • 12月29日は 9は苦(く)、苦餅は苦持ち さらに29は二重に苦、二重に苦持ちだから縁起が悪い日
  • 12月31日は 年神様をお迎えするためのお正月飾りが、葬儀と同じ「一夜飾り」になるとして縁起が悪い日とされるため、適さないといわれています。

では、なぜ「一夜飾り」や「一夜餅」が良くないとされているのかというと、31日は大晦日で次の日は元旦です。

 

つまり、31日に餅つきをしても1日しか飾る時間がないのです。

これを、「一夜飾り」や「一夜餅」といいます。

 

では、なぜ「一夜飾り」や「一夜餅」が良くないとされているのでしょうか?

 

古くからお正月は神様を迎える神聖な期間、と考えられています。そのお正月の準備をたった1日でバタバタと終わらせてしまうのは、失礼ですよね?

この他にも、一夜では餅つきをしたお餅がしっかりと固まることが難しく、鏡餅がつぶされてしまう…ということからも、31日の餅つきは良くないといわれています。

 

ちなみにお正月飾りの代表格ともいえる門松やしめ縄飾りも、9がつく日に飾ることは敬遠されています。

9の松で「苦を待つ」、29で「二重の苦を待つ」として良くないものとされてきたためです。

 

何か無理やりな感じがしなくもないですが…それだけ私たちの祖先が、お正月という一年の始まりを神聖なものととらえ、ことばを大切にしてきた結果なのでしょう。

 

しかし逆に、29日は2と9で「ふく」と読み、福餅と解釈して29日に餅つきをする地域もあるそうですよ。

 

実は我が家でも年神様をお迎えするため、毎年お餅をついています。

一般家庭なのでさすがに臼と杵でぺったんぺったん、というわけにはいきませんが27日からひと晩もち米を水につけ、28日の朝にそれをふかして、餅つき機で餅をついています。

 

でもこういう日本ならではの伝統を子供たちに体験させてあげることは、きっと人生でマイナスになることはない。

だったらどんどんやらせてあげよう!と思って毎年つづけています。

 

お餅つきに縁起が悪い24日・26日・29日・31日は避けたほうが無難。

他にどんな語呂合わせがあるかな?なんて考えながら、

年神様をお迎えする準備をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

餅つきは28日が最も適した良い時期の理由はなぜ!?

では、餅つきに縁起が良いとされる日はいつなのでしょうか?

最も餅つきに最適といわれているのが、28日です!

これは八の字は末広がりであるため、縁起が良い日という語呂合わせから。

 

これもか!って感じですが、末広がりというのは「物事が発展・繁栄していく」という意味もあるんです。

 

また、「八」という漢字をじっくりと見てみましょう。

よく見ると、富士山のような形に見えなくもないですよね。

 

富士山といえば、日本の象徴でもあり縁起が良い象徴ともいわれています。

このような理由から、28日が餅つきにベストな日といわれています。

 

これで餅つきの日にちはばっちり!

28日にお餅をついて、きたる新年に思いを寄せてみてはいかがでしょうか。

 

 

餅つきは30日も良い?28日でやり損ねても実は大丈夫!

 

バタバタしていて、28日に餅つきができなかった!どうしよう…と悩んでいる方。

 

安心してください。実は28日以外にも30日も、餅つきには適している日といわれているんです。30日であればお正月まで2日あるので、神様に対しても失礼にはあたりません。

 

お正月も迫り、正月ムードも盛り上がる30日に餅つきをする家庭も多いかもしれませんね。

ただし、30日に餅つきをする場合は、あらかじめもち米の準備をしておくことを忘れないように。

 

いざ、餅つきだ!と張り切ったところでもち米の準備ができていなかった…、となっては一気に盛り下がってしまいますよね。

 

餅つきをする前日には、もち米を洗いたっぷりの水に一晩つけておく。

この準備をしていないと餅つきはできないので、忘れないようにしておきましょう。

 

まとめ 餅つきの日にちについて

私の実家では、毎年餅つきをするのが恒例になっていますが最近では家庭で餅つきを行う、という機会も減ってきているかもしれません。

 

だからこそ、餅つきをするときは縁起が悪い・良い日にこだわって行うのも良いのではないでしょうか。昔と比べ、伝統行事が簡素になってきている現代だからこそ、1つ1つの行事を大切にしていきたいものですね。

 

お正月を気持ちよく、迎えるためにぜひ意識してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました