餅つきにダメな日って意外に知らない?適切な時期はいつがいい?

イベントや行事ごと

スポンサードリンク
 



突然ですが、こんな疑問ありませんか?

 

12月に入るともう一年も終わり、お正月。

お餅をつくおうちもありますよね。

さて、餅つきっていつしたらいいんだろう。ダメな日とかあるのかな?

 

私もそう思っていました。

なんか大みそかはダメとか聞いたことある…

お正月にやわらかつきたてお餅を食べたいけど、前日に仕込んでもいいのかな?って。

 

この記事では、お餅をついていい日とダメな日を解説しています。

 

これを抑えておけば、「伝統と情緒を大切にするすてきなおうち」として一目置かれるようになるかもしれません!

 

毎年お餅をついて年神様をお迎えしている私の考えを交えてお話しします。

 

すぐ読めますし、さっと目を通して、「あ、この日なのね」と頭に入れておいていただければと思います。

ぜひご一読ください!

 

 

スポンサードリンク




餅つきに適した日にちは?やっていい日とダメな日はいつ?

結論からいうと、餅つきに適さない日 → 12月26日、29日、31日となります。

それぞれ理由をご説明しますね。

 

私たち日本人の多くは、ことばは神聖なものであると信じています。

そのため、語呂合わせも大切にしてきました。それは餅つきにも適用されています。

 

鏡餅に使うための餅つきは

 

  • 12月26日は ろくでもない日だから縁起が悪い
  • 12月29日は 9は苦(く)、苦餅は苦持ち さらに29は二重に苦、二重に苦持ちだから縁起が悪い
  • 12月31日は 年神様をお迎えするためのお正月飾りが、葬儀と同じ「一夜飾り」になるとして縁起が悪いとされるため、適さないといわれています。

 

ちなみにお正月飾りの代表格ともいえる門松やしめ縄飾りも、9がつく日に飾ることは敬遠されています。

9の松で「苦を待つ」、29で「二重の苦を待つ」として良くないものとされてきたためです。

 

何か無理やりな感じがしなくもないですが…それだけ私たちの祖先が、お正月という一年の始まりを神聖なものととらえ、ことばを大切にしてきた結果なのでしょう。

 

しかし逆に、29日は2と9で「ふく」と読み、福餅と解釈して29日に餅つきをする地域もあるそうですよ。

 

 

実は我が家でも年神様をお迎えするため、毎年お餅をついています。

一般家庭なのでさすがに臼と杵でぺったんぺったん、というわけにはいきませんが27日からひと晩もち米を水につけ、28日の朝にそれをふかして、餅つき機で餅をついています。

 

できたてのお餅は、お正月まで我慢しきれずちょっと食べちゃいます。

臼と杵でついたお餅ほどではないものの、ほかほかあたたかくて甘みがあってとってもおいしいんですよ!

 

私の推し餅は砂糖醤油をからめてのりをまいたあまから磯辺です!!

 

そして子供たちと一緒に鏡餅を作ってみかん(本当は橙なのですが)を乗せ、お供えして手を合わせて

「新しい靴が欲しいです」

「新幹線に乗りたいです」

 

なんて願い事してたり。

 

サンタさん来たばかりでしょー!

 

 

ちょっと脱線しましたね。

 

今はお餅も一年中簡単に手に入りますし、あえてやらなくてもいいことなのかもしれません。

 

でもこういう日本ならではの伝統を子供たちに体験させてあげることは、きっと人生でマイナスになることはない。

だったらどんどんやらせてあげよう!と思って毎年つづけています。

 

お餅つきに26日と29日と31日は避けたほうが無難。

他にどんな語呂合わせがあるかな?なんて考えながら、

年神様をお迎えする準備をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

じゃあ逆に餅つきにいい時期っていつなの?

ずばり餅つきに最適な日 → 12月28日 です!

これは八の字は末広がりであるため、縁起が良い日という語呂合わせから。

 

これもか!って感じですが。

 

これで餅つきの日にちはばっちり!

28日にお餅をついて、きたる新年に思いを寄せてみてはいかがでしょうか。

 

☆ちょこっと雑学☆

ここで、なぜお正月にお餅を食べるのか、昔話をご紹介しますね。

 

昔々、日本人は、お正月には神様がやってくると信じていました。

大みそかには、明日やってくる年神様のために、お餅や野菜、魚、鳥などをお供えしました。

 

そのお供え物を、次の日に一緒に煮て食べたというのがお雑煮のはじまりのようです。

 

年神様にお供えしたものを食べることで、年神様の力を分けてもらい、無病息災を願うという意味があるといわれています。

 

 

言われてみれば

 

赤ちゃんが背負う一升餅やひな祭りのひし餅、端午の節句のかしわ餅などいわゆる「ハレの日」には、お餅の出番が多くありますよね。

 

昔は今のように食べ物が豊富ではありませんでした。

そのなかでも米から作るお餅は、特に大切なものであったはず。

特に大切なものを神様にお供えして、それを後で食べ、しあわせを願ったのでしょうね。

 

 

まとめ 餅つきの日にちについて

お餅をついていい日・悪い日はについてご紹介しました。

ただの語呂合わせに見えるけれど、良い年をむかえられるようにと神様を大切にするご先祖様たちの思いがつまったものでした。

 

これからお餅を食べるときには、そんなことを思い出しながらちょっと神聖な気持ちで食べてみるのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました