靴磨きの方法や簡単な磨き方を知ってる?また目安や頻度はわかる?

ちょっとした疑問

スポンサードリンク






靴磨き、あなたは、どれくらいの頻度でやっていますか?

私は・・・そうですね。

高校生の時に初めて革靴デビューして、始めの頃は嬉しさから、かなり頻繁に磨いていました。

そのうち飽きてきて、汚れが気になったら磨くというスタンスに。

そんな私に見兼ねた親が磨いてくれるようになりました(-_-メ)

 

今は、主人の靴磨き担当の私です。

仕事で毎日履いているため、いつでも気持ちよく履いてもらいたいので毎日ピカピカを目指して磨いています。

 

でも、一般的にどのくらいの頻度で磨くと良いのでしょうか?

やりすぎってあるのでしょうか?

 

また頻繁に磨くとなると、やはり簡単にできる方法があったら知りたいですよね?

 

そこで、頻度や簡単な磨き方などを調べたので、紹介させていただきます。

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

靴を磨く頻度は月に1回?それとも週に1回?いや、毎日?

靴を磨くと言っても、実はやることが簡単に2あります。

 

1つは、ブラッシングです。

もう1つは、クリームを塗って布を使って磨くことです。

 

あなたは、どちらを想像していたでしょうか?

 

私は『靴磨き=クリームを塗る

 

ことだと思い込んでいましたが、そうですよね。

ブラッシングもありましたね。

 

これ、それぞれ適した頻度があるんですよ。

具体的にお話をしていきますね。

 

~ブラッシングの頻度は、このくらいで!~

靴のブラッシング、あなたはどのくらいの頻度で行っていますか?

私は、クリームを塗って磨き時の前工程として行っていたので、あまり頻繁には行っていませんでした。

 

でも、本当のところは・・・?

ブラッシングは、基本的に毎日行うと良いようですよ。

 

毎日行うと良いというよりも、毎日欠かさず!が、正解です。

靴には、ホコリ汚れがつきますよね?

洋服は着たら洗濯するのに、靴はそのまんまって、考えてみたらおかしな話だと思いませんか?

革靴は洗えませんが、ブラッシングをして、その日のホコリや汚れを落としてあげましょう。

これは、履くたびに行ってください。

 

そうしないと、靴が傷む原因につながるからです。

 

汚れたままにしておくと、靴の油分がなくなってしまうからです。

油分がなくなると、どうなると思いますか?

あなた自身のお肌で考えてみてくたさい。

油分がなくなると、お肌はカサカサに乾燥してしまいますよね?

革の靴も同じです。

乾いてしまい、ひび割れが起きやすくなります。

そうなると・・・想像できますよね?

靴に亀裂が入り、履けなくなってしまいます。

 

こういう経験ありませんか?

主人は、毎日革靴ですが、私は冠婚葬祭や子供の入学や卒業など儀式の時しか革靴は履きません。

ですから、「さぁ、革靴・・・」と思って出してみると・・・履ける状態ではない(*´Д`)

なんていうこともありました。

それからきちんとお手入れをするようにしたら、今は無事です。

 

ふと、思い出しました。

父は、革靴を履くとすぐに丁寧にお手入れをして、しまっておいて、履く時にまた丁寧にお手入れをしています。

そんなに大切にしないとならないもの?と、正直私は思って見ていましたが、そうやって大切にお世話をしてあげているからかわかりませんが、その革靴は15年以上、いや20年くらい履いているようです。

お手入れって大切なんですね。

 

話を戻します。

 

ブラッシングが大切な理由は、もう1つあります。

それはカビを防ぐためです。

靴って1日履くと、足の汗で湿ってしまうのです。

この湿った靴、そのままにしておくと・・・カビの繁殖の原因です( ゚Д゚)

大変です!

 

それを防ぐためにもブラッシングは、履いたら行う!これが大事です。

 

~クリームやワックスを塗るのは月1回が妥当な頻度~

お手入れは頻繁にすること!と言ってもクリームやワックスを塗ってのお手入れは、月に1回程度が妥当です。

 

ただし、これは3足を交互に履くことを前提としてのお話です。

毎日同じものを履くのはよくありません。

1日履いたら、2日は休ませてあげること。

これもポイントになります。

 

あまり頻繁にクリームやワックスを塗ってお手入れをすると、それは靴にとってよくなくて、劣化の原因を作ってしまうことになります。

革を傷めてしまうからです。

 

履く頻度にもよりますが、履くたびに行うということは、やらないでくださいね。

 

3足を交代で履いて、月1程度の丁寧なお手入れが妥当な頻度です。

 

 

靴磨きの簡単なやり方はこうする!

ここで紹介する靴の磨き方は、初心者の方にもオススメの手順です。

 

~用意するもの~

  • シューキーパー
  • 馬毛ブラシ
  • 豚毛ブラシ
  • 汚れ落としクリーナー
  • クリーム(革靴用)
  • コットン素材の布のクロス

 

では手順です。

  • シューキーパーを靴に入れて形を整えます。
  • 馬毛ブラシでホコリや汚れを落とします。
  • クリーナーをクロスに取り、表面の汚れや過去に塗った古いクリームを取り除きます。
  • 革靴用のクリームを塗り、豚毛ブラシで磨きながら、クリームを靴に馴染ませていきます。
  • クロスで、余っているクリームを拭き取ります。
  • 表面を整えて、終了です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

靴を磨く頻度や使う道具、簡単な磨き方を紹介しました。

 

汚れを落とすためのブラッシングは、履いたらその日のうちに毎回やること。

丁寧に磨くお手入れは、月に1回程度でOKです。

やりすぎはよくありませんので、適度にお手入れしてくださいね。

 

衣類は毎日洗濯するのに、靴は履きっぱなしというのも、おかしな話ですよね。

革靴は洗えないので、定期的に磨いて、お気に入りの靴を長く履けるようにお手入れを頑張りたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました