旅行の準備はお早めに!「できない!」を「出来る!」にするコツ!

旅行やお出かけ

スポンサードリンク
 



もう少しで旅行!楽しみにしているけど、ちょっと憂鬱、、、。

その理由は、「旅行の準備」ではないでしょうか?

 

旅行の準備が苦手な方は結構います。

 

苦手な理由には、以下のようなものが挙げられると思います。

  •  面倒
  •  何から始めればいいのかわからない
  •  持っていくものが定まらない

 

ちなみに、私が苦手な原因は、この中の「持っていくものが定まらない」です。

ついあれもこれもとなってしまって、持ち物が多くなります。

頭の中が持ち物でいっぱいになり、考えるのが面倒になってしまいます。

 

しかし、ある解決法で準備がとても楽になりました。

その解決法とは、「準備ノート」です。

その名の通り、旅行の準備を書いておくノートですが、これがあるのとないのとでは全く違います。

 

得意とまではいかなくても、苦痛にならないように問題解決して行きましょう。

詳しく紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク




旅行の準備が苦手な人の特徴は多すぎる荷物まとめられない?

旅行が嫌いな方はあまりいないと思います。

何をしようか、食べようかを考えると、わくわくが止まりませんよね。

 

なのに、なぜだか億劫・・・その理由とは?

 

私は、旅行が大好きです。

いつもと違う時間をたっぷりと楽しむタイプです。

計画を立てる時間も含めて楽しみにしています。

 

それなのに、旅行前の準備が苦手。嫌いなわけではなく、苦手なのです。

 

同じような方もいらっしゃると思いますが、私の場合は、「必要なものを忘れたらどうしよう」と不安にかられてしまい、どうしても荷物が多くなってバッグやキャリーケースはパンパンになります。

旅行先で買うお土産が入るスペースは全くありません。

 

結果として、せっかく持っていたのに結局使わなかった、というのがほとんどです。

コンビニやスーパーはあるわけですから、足りないものは現地で購入することもできます。

 

「もっと荷物を少なくしておけばよかった・・・」といつも後悔するばかりです。

 

性格だから仕方ないけれど、心配すぎて忘れ物がないか確認ばかりしてしまいます。

その結果、準備に疲れ切ってしまうという始末です。

 

楽しいことばかり考えていたら良いのに、つい「忘れ物」のことを考えてしまい、気がそれてしまう準備。準備が苦手なので、いつも取り掛かるのは前日の夜。

バタバタして、詰め込むだけの状態になってしまうのです。

 

もっと気楽に準備はできれいいのにといつも思います。

 

準備が苦手な方には、2パターンあると思います。

まず1パターン目は、整理整頓が苦手なパターンです。

荷物を上手にまとめることができなくて、カバンの中は詰め込んだ状態。

何がどこに入っているのかも、分かりづらくなってしまいます。

 

整理整頓が苦手な方は、綺麗に畳んで種類ごとにまとめる作業も苦手です。

きっと、お部屋の掃除も苦手でしょう。

 

このパターンの方は、種類ごとに袋に入れておくと、整理しやすくなります。

ジップロックのような袋に入れておくと便利です。

可愛いポーチにまとめておくと、それだけでテンションが上がります。

 

何より、カバンやキャリーケースを開けた時に、必要なものを取り出しやすくなるのです。

洗顔やシャンプーなど、カバンの中でこぼれないように防止するのにも便利です。

 

もう1つのパターンは、心配しすぎて疲れてしまうパターンです。

私は、これに当たります。

忘れ物をしたらと思うと不安になるので、たくさんの荷物を持って行こうとします。

持ち物がたくさんあるので、頭の中で整理するのが大変なのです。

 

家族にいつも、「それいる?」と聞かれるようなものも持って行きます。

旅先で使うか?と聞かれると使いませんが、もしもの時のために持っていないと不安なのです。

 

私の頭の中は、旅行の2週間くらい前から動き始めます。

必要なものが頭の中をぐるぐる回るのです。

けれど、カバンはクローゼットに入れたまま。頭の中だけで実行されていることなのです。

 

いざ、カバンに詰めようと思うと、何を持って行きたいか忘れてしまいます。

ノートにでも書いておけばいいじゃん!とお思いの方、そうなんです。

ノートに書き出しておくと、忘れ物がなくなるんです。

私もそれに気づいてから、ノートにメモをするようにしました。

 

 

旅行は「準備ノート」に閃いた時に書き出しす事!

準備ノートは、かなり私には役立っています。

 

使い方を紹介します。

必要なものとどちらでもいいものを分けて書いておきます。

当日、カバンに詰めるものは別に書きます。

 

絶対に必要なものの欄は、下着類や化粧品、お薬、子供用品と言ったところでしょうか。

これは、閃いた時にかけるように、キッチンに置いておきます。

家事をしている時に一番閃くので、すぐに書けるようにしておくためです。

 

丁寧に書くのではなく、殴り書きでOKです。

自分がわかればいいので、字も汚くて構いません。

 

準備ノートを書くようになってから、私の準備心配性はかなり解消されました。

 

ノートに書いているものさえ持っていけば、忘れ物は無いからです。

まだ荷物は多い方ですが、無駄なものを持っていくこともなくなりました。

 

 

旅行そする際で「準備ノート」を書く時のポイント

 

準備ノートは、格好良く書く必要はありません。

思いついたものを書くので、形式張った形はありません。

 

始めに、そのときに頭の中にある必要なものを書き出してみます。

  •  下着
  •  洋服(トレーナー、セーターなど)
  •  防寒着
  •  常備薬
  •  携帯の充電器
  •  歯ブラシ

 

書き出したら、自分がよく目にする場所にペンと一緒に置いておきます。

思いついたら、書き足していくだけです。

 

どちらでもいいものとは、ドライヤーやバスタオルなどが該当しますが、ホテルにも置いてある場合があるので、ネットや電話で確認するようにしています。

 

当日の朝は、お化粧をした後に、お化粧ポーチやヘアスプレーをカバンに入れたら準備完了となります。

 

準備ノートに書いているうちに、「これって必要ないかな?」と思うものもでてくるので、そんな時は削除するようにしています。

書くことで、必要or不要がわかるので便利です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

これで準備がスムーズにできそう!と思っていただけましたか?

 

頭の中にあることを文字にすることで、まとまりができてきます。

不安だった忘れ物も、書き出すことで解消されます。

まずは、書き出してみましょう。

それをパッキングするだけでいいのですから、とても簡単になるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました