新紙幣はいつから使える?変える理由はなぜ!?どうやって回収する?

ちょっとした疑問

新年号が2019年4月1日に発表されて、9日に新紙幣の発表がありましたね。

新しいずくめの新年号となりそうですが、新しい紙幣はいつから使えるのか?

また、なんで使い慣れた旧紙幣を変える理由があるのか?

そして、変わったら古いお札は回収しないといけないのか?

疑問に思いますよね。

 

ます、新紙幣は2024年に変わり使えるようになります。

また、日本の紙幣は20年に一度変わるので、前回は2004年に変わっています。

 

紙幣の回収は、過去に私も2004年に新しい紙幣になる時は、「どうやっていっぺんに変えるんだろう?」とか、「どのようにして現行の紙幣を回収するんだろう?」と思っていました。

 

しかし、新紙幣に変わっても現行の紙幣を使えましたし、今回も引き続き使えると「朝日新聞デジタル」のhttps://www.asahi.com/articles/ASM4936FCM49ULFA008.html

「新紙幣一新、正式発表  新年号とはたまたま重なった」の記事でも書かれています。

ご興味がある方は是非読まれてください。

 

そして、「なぜ新紙幣に変えるのか?」もこの記事でも書かれていますが、これも踏まえて私もその理由について考えてみましたので、引き続きこの記事を読まれて頂ければ嬉しく思います。

 

 

わざわざ新紙幣を作って旧紙幣を変える理由とは?

なんで「わざわざ新紙幣を作るのか?」って思いませんか?

新しい紙幣より馴染みある旧紙幣のほうがイイ!と感じているのではないでしょうか?

 

その理由は「朝日新聞デジタル」の記事をお読みになった方は分かっていると思いますが、偽造防止のために20年ごとに一新しています。

 

20年周期に変わる理由はわかりませんが、防犯上の観点から、それぐらいの周期なのではないでしょうか?また、何年もかけてやっと偽造する技術が出来ても、何年も使える物では無かったら、そんな事しようとは思いませんよね。

 

ネット上ではATMや両替機などの対応などで変えてほしくない意見があり、また一般人からしたら旧紙幣に馴染んで、新紙幣に違和感がある方の方が変わってほしくない理由ではないでしょうか?

 

私も2004年の時に旧紙幣から新紙幣に変わる時に、馴染みある紙幣をいきなり変えるって違和感がありそうで困惑していました。

 

しかし、新紙幣が出てみると物珍しさと新しいもの見たさに新紙幣に興味が出てきて、銀行で交換すればよい事ですが、コンビニなどのレジなどで新紙幣が来ないか、宝くじの当たりを手にするドキドキ感でそんな違和感や困惑など無くなっていましたね。

 

旧紙幣がATMで使えないのは困りものですが、私のような人がこのような理由からお金を使う事で、お金が市場に出るという事は良い事ではないでしょうか?

 

また、新紙幣に変わって旧紙幣の価値ってどうなのか?気になる方は引き続きご愛読ください。

 

 

新紙幣に変わって旧紙幣の価値って高値で売れたりする?

テレビの「なんでも鑑定団」(古い?)で昔のお金が高値で鑑定されている所を見たりした事ありませんか?

 

今回の新紙幣に変わって旧紙幣もお値打ちが出てくるかもしれませんね!

特に2000円札って2000年の時に流行りましたけど、ちょっと使いどころが悪かくていつの間にか見なくなりましたけど、今思えばアレってそのうち高値で売れたりするんじゃないかな?と考えたりします。

 

ただそうなっても、長い年月が経たないとそうならず、印刷ミスなどのレアなものが高値になっているようですね。

 

また、お金を売るというより、その時その時の時代の思い出として大切に保管して、その時に合った事を懐かしむ良い記念としても旧紙幣や硬貨を持っておくのも良いのではないでしょうか。

 

 

まとめ

新紙幣の事は如何でしたか?

どのように旧紙幣が回収されるのか?って、いつの間にか変わって現行の紙幣を見なくなるようになるんですね。

 

今思えば、聖徳太子の一万円札もすっかり忘れさられていました。

また、旧紙幣を大切に保管して新紙幣が出た時に綺麗な旧紙幣を眺めて思い出にふけるのも良いのかなとも思ったりしています。

また、新年号と新紙幣が重なって縁起の良い時代となってほしいとも感じています。

 

そして、防犯上の偽造対策の観点からも、いつか新紙幣に変わって馴染んでいって、その新紙幣もいつか旧紙幣になって懐かしめる時が来ると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました