旅行の計画をノートに書くだけじゃ本当に楽しむ計画が出来ない!?

旅行やお出かけ

スポンサードリンク
 



ノート20

方法30

 

大人数の旅行、少人数の旅行、国内旅行、海外旅行、旅行って楽しいですよね!

でも旅行には時間にかぎりがあります。

そうです、計画を練らねばなりません!

 

楽しみなんだけど、行きたいところが多すぎてまとまらない、

現地の交通機関を先に調べておくのがめんどくさい…など、たのしい旅行といえども計画はちょっとめんどくさい作業です。

 

 

計画

スポンサードリンク




旅行計画の方法はみんなのやり方を参考にしてみる!

ここでは旅行の計画が苦手な人への参考に、みんなの体験談を紹介していきます。

 

「旅行は行き当たりばったりが基本!私はすこし大人数で旅行をすることが多いので、みんなで行きたいところを出しあってまとめて、その時の気分で行き先を決めちゃいます。そんな旅行のしかたで新しい発見や出会いもあったりして、得した気分になったこともあります。」(20代女性)

 

「旅行に行くとなったら行く場所、行く順番、どういう手段で行くのか細かいところまで決めておかないとだめなタチなんです。

まずは一緒に行く人と行きたいスポットを出しあい、その日のその場所の天気も調べたうえで、どのスポットにどの順番で行くのか決めます。

行くまでの交通機関についても先に調べておきたいですね。レンタカーがあるとすごく楽です。」(30代女性)

 

「僕はどんな遠方でも、基本的に自分の車で移動することが多いですね。スマートフォンのナビがあるので道に迷うことはあまり心配しません。行きたいところはだいたい事前に決めておくことが多いです。」(40代男性)

 

 

いろんな旅行のしかたをしている人がいるようです。

年代や性別によっても旅行の楽しみ方はかなり変わってきますよね。

やはり車があると行動が自由になる傾向があります。

現地に着いてからレンタカーを借りるという方法もありですね(^v^)

これを参考に、計画が苦手なみなさんにあった計画の方法をさがしてみてください。

 

 

旅行計画表はみんなで考えてより良い旅にしよう!

 

旅行の楽しみ方、計画の立て方はひとそれぞれです。

しかも人と旅行に行くとなると、行きたいところが割れてしまうこともありますよね。

一緒に旅行する人みんなが「たのしかった!」と思える旅行にするにはどうすればいいのでしょうか。

 

それぞれ一番楽しめる計画の立て方というのは違いますが、例として私自身が旅行の計画をする時に重点としていることなど、手順に沿ってご紹介します。

 

 

みんなで行きたいところの案を出しあおう

とりあえず全員でその土地の行きたいスポット案を出しあいましょう。

そしてどうして行きたいのかも話しあってみましょう。

そのスポットに行くことを賛成していない人でも、どうして行きたいのかを聞けば魅力を感じるかもしれないからです。

 

いざ行ってみて、「最初はそんなに行きたいと思わなかったけれど行ってみて本当によかった!」なんて思えたら素敵ですよね(^^)

実際に私はwebやパンフレットなどの情報では魅力を感じなかったスポットを、友人がここ絶対にいいよ!と言っていることに渋々賛同して、いざ行ってみると想像を絶するくらい良かったと思った経験が数え切れないくらいあります。

友人の友人がもう既にそのスポットに行っていて、話を聞いている状況ならばいっそのこと行きたい理由を添えての相談は価値ありですね!

 

旅行の計画で喧嘩してしまってオジャンになってしまった、なんて時々聞く話ですが、こうやって話し合えば喧嘩からも逃れることができそうです(笑)

 

 

みんなで相談して決めよう!

案を出しあい少し相談したうえで、最終的に何人がどのスポットに行きたいのかをリストにあげていきましょう。

そのリストをもとに、交通や時間などの現実的なことも視野にいれつつ決定していくとgood!

 

  1. そのスポットに行くまでの距離や所要時間
  2. 公共の交通機関を利用する場合はダイヤの確認
  3. そのスポットに行くまでの交通費
  4. そのスポットでかかる費用(入場料など)
  5. 遠方の場合は空港からの距離と所要時間
  6. ホテルからの距離と所要時間
  7. 荷物の置き場所

 

これらのことを視野に入れたうえで、スケジュールを組んでいくとばっちりです。

1日の最後に行くスポットと2日目以降の最初に向かうスポット、また最終日の最後に行くスポットに関しては、⑤〜⑦のことをよく考えてスケジュールを組むと、効率的にたくさんのスポットをまわれそうですね!

また帰りの飛行機の時間がギリギリで間に合わない!なんてことも防ぐことができそうです。

 

面倒でなければ、子供のころの遠足のような「しおり」なんて作ってみるとワクワク感が増しますね!

 

 

 

まとめ

旅行の計画の立て方は人それぞれですが、今回は私流の計画の立て方をご紹介しました。

私は海外から国内からに限らず旅行のお客様が多いレストランで働いていたことがありますが、ある時にはまったくの無計画で旅行をされるお客様とお話ししたこともあります。それはそれですごく魅力的に感じました。

 

私の計画の立て方を参考にしていただき、一番楽しめる方法をみつけることができたら幸いです(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました