エアコンクリーニングは必要ないという人は後々後悔する!?

生活

「エアコンクリーニング」と言ってもフィルターの掃除、カバーを開けて拭き掃除、徹底的に内部まで行う掃除と家庭によってさまざまです。

 

そのエアコンのクリーニングは必要ないと感じる方も居ると思いますが、故障を防いで長く使用するうえで必要になります。

 

また今は自動掃除機能の付いた機種も増えましたね。

 

自動で掃除する機能だから、人の手によるクリーニングはいらないのでは?

と思う人も多いでしょう。

 

エアコンの自動掃除機能とは、フィルターを掃除する機能になります。

ですからエアコン内部の掃除機能ではありません。

 

なかにはエアコンクリーニングは必要ないという家庭もあるでしょう。

 

それはいま使用中のエアコンが正常に動き、特に異常を感じない場合です。

ですが使用から2,3年過ぎたあたりから、少しずつ不具合が生じる機種も出てきます。

 

エアコンを使いたいときに、不具合が起きてしまうと困りますよね。

そんなとき考えることは、専門業者によるエアコンクリーニングでしょう。

 

いつでも気持ちよくエアコンを使用するために、エアコンのクリーニングをしないとどうなるのか?

また業者へ依頼するタイミングはどんな場合があるのかお伝えします。

 

スポンサーリンク

エアコンをクリーニングしないとどうなる?簡単に3つの理由から解説!

長期間エアコンクリーニングをしないと、機種にもよりますが以下のようなことが発生する場合があります。

 

  1. エアコンの効きが悪くなる
  2. エアコンの効きが悪くなる事で電気代に影響する
  3. カビの付着で清潔な空気じゃなくなる

 

エアコン内部に汚れが溜まり水漏れや、効きが悪くなる

エアコンはフィルターだけでなく、内部の掃除も大切です。

エアコンの内側の部分が、長い期間掃除されていないとホコリ、汚れ、結露、カビなどが付着しています。

 

これらの原因によりエアコンから水漏れが起こったり故障したり、設定温度にならなかったりといった不具合が生じます。

エアコンの効きが悪くなる事で電気代に影響する

エアコンの効きが悪くなることから、風量や温度設定を大幅に調節してしまい電気代に影響が出ます。

 

カビの付着で清潔な空気じゃなくなる

ホコリが溜まったり結露したままの状態だったりすると、カビが出る原因になります。

そしてカビが出ることにより、清潔な空気じゃなくなって、人によっては不快感が感じられます。

 

スポンサーリンク

エアコンクリーニンングはしないほうが良い?

特にエアコンの異常が感じられない場合は、日ごろのフィルター掃除やホコリや汚れの拭き掃除といったお手入れをしっかり行えば、問題ありません。

 

業者によるエアコンクリーニングは、しないほうが良いという家庭もあります。

 

エアコンクリーニングは業者に依頼すると一台10,000円~くらいかかりますし、自動掃除機能つきのエアコンなら15,000円~となるでしょう。

 

以前、私は業者にクリーニングを依頼した経験があります。

理由は吹き出し口から出る異臭が気になり始めたからです。

 

そのエアコンは、もともとマンションに備え付けてあったものでした。

 

依頼した業者の方は非常に手際が良く、あっという間にエアコン周りをビニールで囲み、ジャーッと高圧洗浄を始めました。

 

すると吹き出し口から黒い汚水が出るわ出るわ。

 

相当な汚れを想像していましたが、今までこんなに汚水の出るエアコンを使用していたのかと思うと、恐ろしくなりました。

 

まとめ

エアコンクリーニングの必要性と、業者へ依頼するタイミングについて説明しました。

 

エアコンは高価な生活家電になります。今使用しているエアコンを少しでも長く、快適に使用するためのポイントは以下のとおりです。

 

  • エアコンを使用したら送風モードなどで内部を乾燥させる
  • 部屋の換気をして、エアコンに湿気がつかないようにする
  • こまめにフィルターの掃除やホコリを取り除く

 

我が家の現在使用しているエアコンは、4年前に買い替えたものです。

自動掃除機能は付いていないので、お伝えした事を踏まえて定期的にフィルターのお手入れや拭き掃除をしています。

 

それでも前の機種よりメンテナンスは簡単になり、汚れがつきにくい印象をもっています。

 

家電製品は年々進化しており、新しい機種がどんどん出ます。個人で行うメンテナンスも楽になりますよね。

 

エアコンの機種にあったクリーニング方法で、いつでも快適に使用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました