夫婦喧嘩してこじらせて仲直り出来ないとなる前にする事とは!?

夫婦の悩み

あなたは夫婦喧嘩をしますか?

しないという方もいるかもしれませんが、これを読んでいるあなたは夫婦で喧嘩をすることがあって、中々仲直りできないことに悩んでいるのではないでしょうか?

 

私も、主人と喧嘩をします。

周りの人達からは「仲良しでいいね」と言われます。

でも、毎日顔を合わせていれば、喧嘩くらいします。

 

「喧嘩するほど仲が良い」なんて言われていますが、どうでしょうか?

話をしなければ喧嘩にもならないわけで、確かにそうなのかもしれません。

 

では、前置きはこのくらいにして、夫婦喧嘩を解決する方法についてお話をしていきます。

 

 

夫婦喧嘩をする理由とその原因を冷静に考える!

 

大人になってから友達と喧嘩をしたことはありますか?

大人になると、友達との喧嘩の頻度って減ると思います。

 

それが夫婦だとどうでしょう?

新婚の頃は喧嘩も少なかったかもしれませんが、長年連れ添っていると揉めることも増えるのではないでしょうか。

 

私も、結婚したばかりの頃はほとんど揉めることはありませんでした。

でも、そんな毎日を過ごしていると、我慢できなくなるようになってくるんです。

 

どんなに素敵な相手であっても、相手に対して我慢ってしますよね。

それがたまに会う友達なら多少は我慢もできますが、毎日一緒に暮らしている相手となると、我慢にも限界があります。

 

私はその沸点が低いので、結婚して1カ月くらいで初めてキレてしまいました。

その頃から、我慢しないで思ったことは相手に伝えようと考えるようになりました。

お互いに自分の気持ちを伝えることは大切です。

話し合って、お互いを更に知って仲を深めていく。とても素敵なことです。

 

でも、中々上手くはいかないものです。

自分の気持ちを伝え、主人も自分の気持ちを私に伝えてくれるものの、気付いたら揉めてしまっているんです。

 

どうして夫婦は、揉めると仲直りができないのでしょうか。

もしかすると、「他人」ではなく「家族」だから、言わなくてもわかってくれるという甘えがあるのではないでしょうか?

「自分の気持ちを伝えたら、相手は理解し受け入れてくれる」そのように思い込んでしまっているのかもしれません。

 

私は、そのように考えてしまっています。

ついつい、主人に無意識に甘えてしまっているのです。

自分の気持ちを伝えれば、「私を受け入れてくれる」と思い込んでいるので、わかってもらえていないとなると、怒りとなり揉めてしまうことに発展してしまうのです。

 

きっと主人も私に対して、同じような感情を抱いているのでしょう。

 

こじれてしまうと修復が難しくなるのが、夫婦喧嘩でもあります。

お互いに意地を張ってしまうのでしょう。

 

これが夫婦喧嘩で仲直りできなくなる理由です。

仲直りできないと、当然気まずくなっていきますよね。

揉めてしまうことは仕方ないことなので、こじれる前に解決することが大切です。

 

 

夫婦喧嘩をしたときの原因を見つめ直して仲直りする方法

揉めてしまい、仲がこじれてしまった時の解決方法を紹介していきます。

 

やっぱり、それはこれしかありません。

基本中の基本ですが、「ごめんなさい」。この一言に尽きます。

 

これは、揉めている内容について謝るというよりも、まずは自分の言い方、相手への伝え方に問題があったから揉めてしまったわけで、それについての「ごめんなさい」です。

 

私の場合、一方的に攻撃的に言ってしまうので、そんな言い方してごめんね、と言います。

そうすれば、主人も「こっちもごめん」となります。

 

ただ、揉めた後って、やっぱりまだ少し気まずかったりしませんか?

そんな時に元に戻していく方法も紹介します。

 

それは、やっぱり基本に戻りますが、「挨拶」です。

 

気まずいな、まだ普通に話できないな、と感じるときは、「おはよう」・「いってらっしゃい」・「ありがとう」などを言葉に出して伝えていきましょう。

そうこうしているうちに、自然に元の2人に戻っていきます。

 

相手に対して謝ること、そして挨拶や感謝の気持ちを普段よりも言葉に出して伝えてみましょう。

 

これで、夫婦の喧嘩も、気まずさも解決しますよ。

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

やっぱり、大切ことは「お互いを思いやること」です。

いきなりは難しいかもしれませんが、そう心掛けることで、今までよりもっともっと良い関係になっていけると思うので、少しだけ気持ちを変えてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました