夏休みに子供との遊びでお金をかけずに楽しめる過ごし方とは!?

子育ての悩み

子供達が待ちに待った夏休み!

 

時間はたっぷりあるし、好きなだけ遊べるし…

 

でも、家の中にいるばかりではつまらない

 

どこかに連れていって、と言われても、なるべく節約したい…

 

かといって、子供だけで遊びに行かせるのも、熱中症が気になる…

 

家でテレビやゲームばかりやってしまうのも、困りもの…

 

一体、どうしたらいいのでしょうか?

 

なるべく無駄な出費をせず、親子で楽しい夏休みを過ごす方法、考えてみました。

 

 

夏休みは子供に体験教室を家で開いちゃう!?

「長い夏休みだからこそ、普段の生活ではなかなか味わえない体験をさせてあげたい。」

「でも、なるべくならお金を使いたくない!」

 

そんなときは、お子さんと一緒に「お家で体験教室」をやってみませんか?

 

「体験教室」と書くと、一見すごく難しそうですが、実はそんな難しい話ではないのです。

 

例えば、お子さんと一緒にお昼ご飯や晩ご飯、おやつを作る。

それだけでも、お子さんにとっては立派な体験教室になります。

 

メニューはママが考えますが、野菜の皮をむいたり、切ったりする作業をお子さんにやってもらうだけで大丈夫!

 

「今日は、皮むき係ね。」

「今日は、包丁係①だよ。人参担当でよろしく!」

 

そんな風にでも声をかけ、お子さんのお料理体験を楽しく演出してあげましょう。

 

刃物を使うのは危険も伴いますが、そこは時間をかけてゆっくり教えてあげると大丈夫です。

お子さんが少しでも「できた!」という体験ができるようサポートしてあげてください。

 

野菜を切るのは難しくて無理という場合は、お料理の盛り付けや、食事の後片付けを手伝ってもらってもいいですね。

特に洗い物は成果が目に見えてわかるので、お子さんも達成感を感じやすくおすすめです。

 

お子さんが普段からお料理のお手伝いをしている場合や、お料理に全く興味がないという場合は、Eテレの「ピタゴラスイッチ」に出てくるような「ピタゴラ装置作り」に挑戦してもいいかもしれません。

 

実はインターネットで「ピタゴラ装置 作り方」と検索すると、実にたくさん、装置の作り方が見つかります(「ピタゴラ装置」作りって、実はみんなの憧れなのですね)。

お子さんと一緒に検索しながら、作ってみたいものを探し、実際に作ってみてはいかがですか?

 

なかなかうまくいかないかもしれませんが、その失敗も、「手作り装置」ならではのもの(テレビでも、何度も失敗してやっと成功した様子が放送されていますもんね)。

たくさんの失敗を乗り越え、やっと成功した瞬間、親子そろって「やったー!」と大歓声を上げることになるのは間違いないと思います。

 

夏休みの宿題に自由研究の宿題がある場合、「ピタゴラ装置」作りは立派な自由研究になるので、親子で楽しく宿題に取り組めますよ。

 

 

夏休みだからこそ子供が参加できるイベントを格安で探そう!

夏休み中は、子供向けのイベントもたくさんあります。

 

有料イベントもたくさんありますが、無料イベントや格安で参加できるイベントもたくさんあります。

 

「無料イベント」といって私の頭に真っ先に浮かんだのが、ハウジングセンターで開かれる「キャラクターショー」です。

テレビでおなじみのキャラクターが週代わりでハウジングセンターにやってきて、30分程度のショーを行い、その後、握手会や写真撮影会を行う、というのが一般的な流れです。

 

「ハウジングセンターって、家を買う予定の人が行くところではないの?」

「家を買う予定はないけれど、行っても大丈夫?」

 

私も、最初はそう思っていました。

ところが実際に行ってみると、キャラクターショーが終わるとすぐ帰っていく人々が大半です。

各住宅展示場の呼び込み担当の方々にしょっちゅう声をかけられますが、無視して通り過ぎても全然問題はないので、安心してください!

 

ただキャラクターショーは屋外ステージで行われるので、熱中症対策が必要不可欠です。

ショーの前後に、係に人が

 

「水分補給してください」

「帽子をかぶったり、タオルを頭にかけたりして、熱中症には注意してください」

 

などのアナウンスをしてくれますが、こればっかりは自己責任。

キャラクターショーを見に行く場合は、必ず熱中症対策をお忘れなく!

 

キャラクターショーが開催されるのは、ハウジングセンターだけではありません。

週末やお盆休み中心ですが、大きめのショッピングセンターでもキャラクターショーが開催されています。

 

ショッピングセンターはハウジングセンターよりもたくさんの人がいますが、館内は冷房で涼しくなっているので、熱中症の心配をすることなくショーを見ることができます。

 

ただ、ハウジングセンターとは違い、

 

  • 握手会や写真撮影会が実施されない可能性が高い
  • 握手会や写真撮影会が実施されても、グッズを買った人限定など、条件付きになる可能性もある
  • 混雑を緩和するために、整理券が配られることもあり、その場合は整理券をゲットするために何時間も並ばなければならない可能性もある
  • 見る場所によっては、音声が必要以上に響き、何を言っているのか聞き取りにくい

といったことが考えられるので、その点を頭に入れて参加された方がいいでしょう。

 

ショッピングセンターでは、その他にもたくさんのイベントが開かれることが多いです。

イベントによっては、誰もが無料で参加できるもの、入場料が必要なもの、特定のお店で買い物をしたお客さんだけが参加できるもの、といったように様々な形態があります。

イベントの内容や参加条件などは、ショッピングセンターのホームページや折り込み広告などで事前に告知してあるので、チェックしてみてください。

 

夏休みのイベントは、これだけではありません!

学区や市町村単位で開かれる盆踊り大会も、夏休みの一大イベントです!

 

盆踊り大会は、通常夕方6時ごろから始まり、8時過ぎまで続きます。

そんな時間まで外で遊べるなんて、子供にとっては夢のような時間になること間違いありません。

 

ただ、盆踊り大会って出店がつきものですよね。

時間帯から考えて、何か食べ物を買うことになるでしょうし、ゲームをやりたい、ジュースが欲しい…となるのは避けられません。

 

でも地域に密着したお祭りであればあるほど、出店で売られているものは破格の値段であることが多いです!

なので多少の出費は伴いますが、お財布にもやさしく、楽しい時間が過ごせることと思います。

 

 

まとめ

こうやって調べてみると、なるべくお金を使わず、親子で楽しく夏休みを過ごす方法って、結構ありますね。

 

夏休みの間、毎日子供に付き合うのは、時には面倒に思うかもしれません。

 

でも、こうして親子でガッツリ一緒に過ごせる夏休みも、あと数年しかありません(中学生にでもなると、確実に親子バラバラで過ごしますからね)。

お子さんと一緒に過ごせる時間を大切にして、思いっきり楽しい夏休みにしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました