潮干狩りの道具はホームセンターと100均どちらがいい!?

旅行やお出かけ

スポンサードリンク
 



天気がいいと潮干狩りに行きたくなりますよね?

 

海風が気持ちいいし、貝が採れて海にも行ける!

子どもにとっても大人にとってもテンションがあがる一日になりますよね(^^)

 

毎年恒例の行事にしているご家庭もあるのではないでしょうか?

恒例イベントにしている方は、もう道具は一通り揃っていると思います。

 

でも初めて潮干狩りに行く方や、子どもが大きくなったから久しぶりに行こうかなーなんて考えている方もいますよね!

 

我が家でも子どもも大きくなってきたので、潮干狩りに挑戦しようと思っています!

 

「道具は借りられるの?それとも持ち込んでいいの?」

「現地で買う?地元のホームセンターで買う?」

 

そんな疑問についてお答えしちゃいます!

 

 

スポンサードリンク




潮干狩りの道具で便利な物はやはりホームセンターが一番!?

横浜の海の公園では、3月から9月にかけて潮干狩りが出来るんですよ!

海に行くのは夏!と思っているあなた!

3月からもできるなんて驚きですよね?

 

海で遊ぶついでに貝を採ればいいかーなんて思っていませんか?

潮干狩りを素手で行うのは怪我の危険性があります!

楽しく貝を採るために色々と準備をしていきましょう!

 

潮干狩りに使う道具と言ったら熊手です!

本来なら庭いじりなどの園芸用品として売られていて、200円くらいで買えます。

 

この熊手はホームセンターに行けば簡単に見つけることが出来ちゃいます!

しかし、潮干狩りができる海の近くやシーズン前で店内に特設コーナーがある店舗では、売り切れになることもあります。

 

潮干狩りの予定が決まっている場合は、早めに購入することをおススメします。

 

また普通の熊手以外にも、熊手に網がついているものがあります。

値段は500円からサイズの大きなものでは2000円程度で売られています。

 

これは小さな貝が採れないようになっているのですが、どうしてだと思いますか?

それは2センチ以下の赤ちゃん貝の持ち帰りを禁止している場所があるためです。

 

海の公園のホームページでは特に記載されていませんが、網付きの熊手が禁止されているところもあります。

網付きの方が短時間で沢山の貝を採れるので、採り過ぎを防ぐのが理由です。

 

海の公園では貝の持ち帰りは無料ですが、採りすぎ防止のため一人2キロまでと決められています。

沢山採れたからといって全部持ち帰れるわけではありません(^^;)

 

また海の公園では幅が15センチを超える道具の使用が禁止されています。

ホームセンターで購入する時には、サイズもしっかりとチェックしてくださいね!

 

こういった場所もあるので、これから潮干狩りを考えている方はかならず下調べをしてから道具を揃えてくださいね!

 

 

潮干狩りの道具で100均の物は子連れには嬉しいメリットがある!?

 

準備をするのが面倒だった若い頃は

「持って行くのは重いなー」

「どうせ近くにお店があるからそこで買おう!」

と現地調達をしていました。

 

しかし、現地のお店の値段が高いこと!

お店で貝を買った方が安いんじゃないかと思ってしまいました(^^;)

 

どこの潮干狩り場でも道具のレンタルがあるとは限りません。

売店では売り切れることがあるので、しっかり自分で用意していく必要があるんです!

 

「来年も潮干狩りに行くかわからないし、百均のものでもいいんじゃない?」

と思っている人もいますよね!

 

その通り!百均にもいいものが売られていますよ!

 

ダイソーでは300円程で潮干狩りの道具が揃ったセットが売られています。

シーズンになると、熊手だけでなく折り畳みのいすや軍手、持ち帰るためのネットも揃っています。

 

店舗によっては取り扱ってないところもあるので、気を付けてくださいね。

 

また熊手は先がとがっているので、

「子供に使わせるのはちょっと危なそう」

と思う方もいますよね!

 

うちの子どもも急に道具を持っている手を振り上げたり、動き出すので目に刺さったりしないか心配になります。

お子さんには、熊手の代わりに子ども用のお砂場セットが最適です。

 

プラスチックで出来ていて、砂場で使うのでミニ熊手もあります。

バケツとセットになっているので、どれくらい自分で採れたのかもわかりテンションが上がること間違いなしです(^^)

 

貝を採るのに飽きたら、その道具を使って砂浜で砂遊びもできるので一石二鳥です!

 

その他にも採った貝を持ち帰るためのクーラーボックスもあります。

「家にあるのは重い!」

「砂で汚れるから、家にあるものは使いたくない!」

という方には、発泡スチロールで出来ていて軽量なのでおススメです。

 

また、便利グッズとして

  • サンダル
  • 日焼け止め対策グッズ
  • 砂を落とすためのザル

なんかも置いてあるので、必要なものは全部揃ってしまいます。

 

子ども用のビーチサンダルもありますが、砂浜で走ったりすると鼻緒の部分が取れてしまうことがあります。

我が家では何度も鼻緒が取れてしまうので、ビーチサンダルを買い替えたことがありました(^^;)

怪我のもとになるので、お子さんのビーチサンダルはしっかりしたものを買ってくださいね!

 

また百均で購入したお砂場セットでも、しばらく使っていないと劣化していて、力を入れたときに折れたり割れたりすることがあります。

安全のため何年も使っていないようだったら、これを機に買い替えてから潮干狩りに行ってくださいね(^^)

 

 

まとめ

GW頃に潮干狩りに行く人が多いですよね。

気候がちょうどいいのと、採れたあさりが美味しいのが理由です。

 

9月頃までは潮干狩りが可能ですが、真夏は熱中症の危険性が高いので避けましょう。

また貝が採りつくされていることもあるので要注意です(^^;)

 

初心者の方は、百均で道具を揃えることをおススメします(^^)

もし潮干狩りにハマって来年も行きたいなーなんて思ったら、ホームセンターでしっかりした道具を買ってもOK!

 

安全に潮干狩りを楽しむためにも、下準備はしっかりしていきましょうね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました