キャンプ料理の夏の定番はBBQ以外にお肉の簡単おいしいレシピ!

旅行やお出かけ

家族でキャンプ!家の中で過ごすのとは違い、開放的な気分になりますよね。

 

宿泊施設も併設されたオートキャンプ場も増え、気軽にキャンプを楽しむことができるようになりました。

 

しかし、どんなに宿泊施設が良くなっても、食事を自分たちで用意しなければならないのは、今も昔も変わりません。

 

「我が家のキャンプの定番料理はこれ!」と、毎回同じ料理もいいですが、たまには違うものも食べてみたいもの。

でも、キャンプ前日が食材の下ごしらえに追われるばかりだと、ママが大変。

 

そこで、面倒な下ごしらえなしで簡単・おいしいキャンプ料理はないか、調べてみました。

 

 

キャンプ料理のお肉は焼くだけで簡単に出来る物は何!?

キャンプといえばBBQ!

 

炭火でじっくり焼いて食べるだけなのに、なんてあんなにおいしいのでしょう。

 

BBQはただ焼くだけでもおいしいですが、肉を野菜やエビなどの海鮮類と一緒に串に刺して焼くと、いつもと違うBBQが楽しめます(ちなみにこのスタイルは「アメリカンBBQ」というそうです)。

 

持っていく野菜は、食べやすいように前もってカットだけでもやっておくと、当日は串に刺して焼くだけで大丈夫です(トウモロコシやニンジンのように火が通りにくいものは、電子レンジで火を通したものを持っていくといいですよ)。

鶏肉やネギなどの野菜を串に刺して「焼き鳥」を作るのもいいですね。

炭火でじっくり焼くことで、家庭料理では味わえない本格的な焼き鳥が楽しめます。

 

BBQや焼き鳥以外にも、キャンプ場で簡単に楽しめる肉料理、まだまだあります。

 

まずは、ローストビーフです。

 

<ローストビーフの作り方>

  1. 肉を常温に戻す。

*この作業をしないと、焼きむらが発生したり、生焼けの原因になったりします。

*長時間常温に放置せず、常温に戻ったらすぐに調理しましょう。

  1. 塩・こしょうを表面にふりかけ、下味をつける。
  2. 肉表面をまんべんなく、しっかり焼く。

*肉の表面をしっかり焼くことで、肉表面についている食中毒菌がいなくなります。

  1. 肉全体をしっかりアルミホイルで包み、肉の内部を予熱調理します。

目安時間は30分から1時間です。

*肉の内部に火が通ったかどうかを確認するには、肉中心部に串を刺し、10秒数えて取り出す。

その串を指や下唇にあて、「熱い」または「暖かい」と感じられたらOK。

 

「ローストビーフ」って高級で手の込んだ料理というイメージなので、そんなものをキャンプ場で手軽に作ることができたら、それだけでテンション上がっちゃいそうですね。

 

その他、最近人気の「ケバブ」も、鶏ひき肉を使って簡単に作ることができます。

 

<ケバブの作り方>

  • ひき肉とお好みのスパイス(カレー粉・クミン・チリパウダーなど)を混ぜる。
  • 肉を適当な大きさに分け、手にサラダ油を付けて、肉を棒状に伸ばし、串にさす。

*肉内部の空気を抜くように、手に打ち付けながら、肉を伸ばしていきましょう。

  • 炭火にかざして、じっくり焼く。

火に近づけすぎると、外側は焦げ、内部は生焼けとなってしまうので注意してください。

 

ひき肉を串に刺すことで、食べやすさもアップ、スパイスの香りで食欲もアップで、キャンプにピッタリの料理です。

 

また、前日に少しだけ下準備が必要ですが、スペアリブも手軽に楽しめるキャンプ料理の一つです。

 

<スペアリブの作り方>

  1. 前日に肉を切り、下ゆでをしておく。

*大き目の鍋で、10分から15分程度ゆでればオッケーです。

  1. ジッパー付きのビニール袋に漬けダレ(すりおろした玉ねぎ・ケチャップ・はちみつ・しょうゆなど)を用意する。
  2. 下茹でした肉の水分をクッキングペーパーでふき取り、タレの入ったビニール袋に入れる。

*袋からタレが漏れ出さないよう、ビニールは2重にした方がいいでしょう。

  1. 当日焼くだけでおいしいスペアリブが出来上がり。

 

肉を切る・ゆでる・タレを作ると、三つの作業が必要ですが、前日の夕食準備のついでにパパっと下ごしらえをしてしまえば、ママの負担も減ると思います。

 

 

キャンプ料理は簡単に手抜きで下ごしらえなしでママも助かるレシピ!

せっかくのキャンプ料理、なるべくおいしいものを食べたい!

でも、なるべくなら手抜き料理をしたい

 

そんなわがままをかなえてしまうレシピ、見つけました!

 

ジャガイモやサツマイモ、玉ねぎといった根菜を「包んで火に入れるだけ」。

これだけで、とてもおいしいホイル焼きが完成します。

 

<ホイル焼きの作り方>

  1. 根菜を厚手のクッキングペーパーに包み、その上から新聞紙をしっかり巻く。
  2. 野菜を巻いた新聞をしっかり水に付けてぬらす。
  3. ぬらした新聞紙の上から、アルミホイルをしっかり巻く。

*水が漏れてこないように、アルミホイルは、縦方向・横方向と、二重に巻きましょう

  1. 火に投入し、焼きあがるのを待つだけ。

 

焼きあがるまでの目安時間は、玉ねぎ40分、ジャガイモ50分、サツマイモ60分です。

私も以前BBQをしたときに、玉ねぎをこの方法で調理しましたが、甘くてとてもおいしかったですよ。

 

この「包んで焼くだけ」料理は、根菜にも、肉・キノコ・トマト・フルーツなどにも応用できます。

しかもいきなりアルミホイルで包み、焼くだけで完成します。

焼きあがるまでの目安時間も10分から20分と、根菜に比べるとはるかに短いですよ。

 

食材をアルミホイルなどに包む作業は誰にでも簡単にできるので、「みんなで巻き巻き大会」を開催すると楽しく準備ができそうですね。

 

焼きあがったらBBQと同様、各自でお好みの調味料を付けて食べるだけ!

みんなが満足すること間違いない、手抜きで簡単・おいしい料理、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

まとめ

キャンプの最大の楽しみはおいしい食事。

 

キャンプ用品も充実し、様々な「おいしい・簡単レシピ」も、公開されています。

 

キャンプ中の食事をどうするか、インターネットでレシピを検索しながら、家族みんなで相談するのも楽しくて素敵ですね。

 

みんなでおいしいお料理を食べて、キャンプの思い出をたくさん作ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました