新幹線の払い戻し方法は賢い買い方でキャンセル料も変わる!

スポンサーリンク

家族そろって新幹線での帰省や旅行…道中のいろいろが心配でたまらない大人をよそに、子供たちはワクワクが止まらない!

 

でも、そんなときに限って、子供が急に発熱…

 

俗にいう、「張り切りすぎて熱が出ちゃった」状態ですね…

 

せっかく旅行の準備をしたのに、なぜ今日に限って熱が出るの…と思っていても、こればかりは仕方がない!

 

こんな時、すでに買ってある新幹線の切符をどうすればよいでしょう(?_?)

 

 

スポンサーリンク

新幹線の切符の払い戻しは購入した先で手数料が違う!?

新幹線の切符の払い戻しに、1秒でも早く出かけたいとは思いますが、ここはあえて深呼吸でもして心を落ち着かせ、まずは切符の詳細についてしっかり確認しておきましょう。

あせって、全然見当はずれのことをしてしまうと、戻るはずのお金が戻ってこなくなりますからね…

 

まずは、「切符の購入場所」を確認しましょう!

 

新幹線の切符の主な購入経路は、

  • JRの駅 (「みどりの窓口」など)
  • インターネット(「スマートEX割」、「EX予約」など)
  • 旅行代理店

と、3種類があるはずです。

 

大原則は「切符を払い戻すには、切符を購入したところで」です!!

 

例えば、旅行代理店で購入した切符を駅に持って行っても、返金されることはないのです。

そうなっては、時間の無駄使い(◞‸◟)

自分がどこに行くべきか、行先の確認、大切です!

 

インターネットで購入した場合は、払い戻し手続きはネット上で行います。

スマホやPCでJRのサイトにアクセスし、指示に従って手続きをすると、無事「払い戻し」ができます。

 

さて、駅や旅行代理店で購入したあなた、お出かけ前に、もう一つだけ確認します!

はい、もう一度深呼吸(#^.^#)

 

その切符、現金で買いましたか?

それともクレジットカードを使いましたか?

 

というのも、切符の返金

  • 現金で買ったものは、現金で返金される
  • クレジットカードで買ったものは、クレジット会社を通して、カード料金の引き落とし口座へ後日振り込まれる

という決まりがあるからです。

 

現金で購入した切符の返金は、お財布さえあれば大丈夫!

切符とお財布を持って、出かけましょう!

 

クレジットカードを使って買った場合は、返金の必須アイテムは「購入時に使ったクレジットカード」です。

必要なクレジットカードがお財布に入っていることを確認したら、いよいよ出発できます!

 

でも、

 

「え‼これって、一体、どのカードで買ったの?」

 

そんな時はどうすれば?

私ならきっと、「お金が戻ってこないかも( ゚Д゚)どうしよう!」と、パニックになります。

 

でも、安心してください‼大丈夫です!

とりあえず切符を買った場所(駅や旅行代理店)に行き、事情を話してください。

切符を渡すと頂ける「払い戻し証明書」と切符購入に使ったクレジットカードとを持ち、後日再び払い戻し手続きを行えば、無事お金は戻ってきます。

 

「払い戻し証明書」の有効期限は1年という、親切さ!

1年もあれば、後日送られてくるカード明細を見ると、どのカードで切符を購入したかしっかり確認できますね!

ゆっくり落ち着いてチェックし、払い戻し金額を無事ゲットしてくださいね!

 

いざ払い戻し!

でも、「これで切符の代金がまるっと返ってくるから一安心」…ということは、残念ながらありません。

必要な手数料は

乗車券・自由席券・※立席特急券 220円

指定席券 乗車2日前まで     330円

     前日以降 料金の30% (最低料金330円)

*自由席を連結していない新幹線の、指定席車両に立ち乗りをするために必要な切符のこと。

となっています。

乗車券・特急券、それぞれの払い戻しに手数料が必要なので、一回の乗車に付き、自由席で440円・指定席で550円~ が必要だという計算になりますね。

 

でも!

「乗車券や自由席券の金額は許せるとしても、指定席券のキャンセル料、やたら高くない⁉」と思うの、私だけではないはず!

だって、「乗ってもいない新幹線の座席の30%も払わないといけない」って、どういうことよ、全く(怒)

 

でも、ふと冷静に考えると、指定席ってキャンセル後そのままだと、一部空席のまま新幹線を運行することになるので、その分JR側には利益無しなんですよね…。

そう考えると、指定席券だけが「払い戻し手数料」がやたら高いのも、納得するしかないのかな、と思ったりします…。

 

しかーし、この手数料、実は、駅で切符を購入した場合のお話(#^.^#)ホッ

 

インターネットで購入した場合、なんと、手数料もお得になっております(‘ω’)ノ

 

なんと、払い戻し手数料は…片道310円‼

 

全然違いますよね(@_@)

なに、このお得感!

 

それもそのはず。駅で切符を購入した場合、必要な手続きをしてくれるのは全て駅員さんです。

きっと「払い戻し手数料」は駅員さんの人件費込みのお値段なので、その分高めになっている、と思えば納得です。

 

しかしインターネットで切符を購入したら、全ての作業を行うのは自分(*_*)

手続きの手間がかかる分、料金がお得になっている、ということなのでしょう。

 

確かに、インターネットで購入し、自分で払い戻しの作業も行ったのに、取られる手数料が駅と一緒というのは、消費者からすると納得できないですからね!

JRさん、さすがっすね(^_-)-☆

 

尚、「旅行会社」で手配してもらった切符を払い戻す場合、旅行会社によって必要な手数料は異なります

旅行会社で切符を手配してもらった場合は、切符の他にも一緒に手配してもらっているケースも多いので、書類一式をもって旅行会社に行ってくださいね。

 

 

新幹線の切符の払い戻しは乗車当日のいつまでならできるの?

新幹線乗車予定当日、突然新幹線に乗れなくなる…

 

実は私も、2年前に経験しました。

 

朝起きると、子供が突然40℃の発熱( ゚Д゚)

何かの間違いかと、何度熱を測りなおしても、変わらずで…

 

「とりあえず、病院に連れていく?」

「でも、熱以外、特に咳や鼻水が出てるわけじゃないし、様子見ようか…」

 

などといった会話を夫婦で繰り広げ、

 

「お熱があるから、今日はおばあちゃんのお家に行けないよ。」

 

と伝え、泣き叫ぶわが子を何とか説得し、そこでやっと気づきました。

 

「新幹線の切符、どうしよう?」と。

 

1年に1度の帰省。

このまま帰省しないわけにはいかないので、まずは新幹線の乗車を翌日に変更することに決定!

 

それから、新幹線の駅まで急ぎました。

 

乗車時間までに「みどりの窓口」に行けば、何とかなるだろう、と思いながら、必死に駅に向かいました。

 

駅に到着したのは、発車予定20分前!

そこから「みどりの窓口」に並び、今更ながら、「そういえばキャンセルってどんな手続きがいるんだっけ?切符があればいいのかな?」と思った私(..)オイオイ!

 

さて、いよいよ発車5分前

ついに、私の番です。

 

「今日の新幹線に乗れなくなったので、明日に変更したいのですが…」

と、恐る恐るいうと、

 

「ハイ、大丈夫です。1回に限り、無料で変更できます。」

との返事。

 

「?」と思いながらも、言われるがまま、無事に翌日の新幹線へと無料で変更できました…

 

皆さん、知っていました?

新幹線の切符って、1回だけなら無料で乗車日時の変更ができるって事!

 

先ほども書きましたが、乗車当日に新幹線切符を払い戻す場合、とんでもない金額がかかります!

 

「もう、絶対に新幹線に乗らない!」場合は、キャンセルして払い戻すしかありませんが、私のように日時を変更して乗車する場合は、「キャンセルよりも日時変更」をすれば、1円も無駄になることはないのです!

なんと素晴らしいシステムでしょう( ◠‿◠ )

 

日時を変更してもらった切符には、「日時変更済み」というスタンプを押されます。

完全に1回しか変更ができないシステムになっているので、乗車日時の変更は慎重に行ってください!

 

ただし、インターネットで購入した切符は、何度でも無料で乗車日時の変更が可能となっています。

何ですか、この違いは( `―´)ノプンプン

 

でもね、インターネットで購入した場合は、座席指定・キャンセル・変更など、全ての手続きを自分で行わないといけないので、結構な手間がかかるんですよ…。

その手間に免じて、特別サービスをしてもらっている、という感じなのでしょうね。

 

尚、切符の払い戻しができるタイムリミットは、

  • 駅で購入したものは、乗車予定の新幹線発車時間まで
  • インターネットで購入した切符は、発車予定4分前まで

 

となっています。

払い戻しを受ける時は、タイムリミットを超えないようにだけ気を付けてください。

 

 

まとめ

新幹線切符って、駅・インターネットのどちらで購入するかによって、払い戻し手数料が全く変わってくるのですね!

この事実を知ってしまった私は、もう「駅での購入」には戻る気がありません(; ・`д・´)

 

今まで、駅の「みどりの窓口」に並び、新幹線の切符を購入してきた私の時間を返してくれ…

 

実は、この夏も、新幹線で実家に帰省する予定を立てています。

 

つい1週間前までは、「いつ『みどりの窓口』に行こうかな…夏休み前に行かないと、厳しいな…」と思っていたのですが、これからは、新幹線の切符も「インターネットでお買い上げ」しよう、と固く心に誓いました。

 

実はインターネットで新幹線の切符を購入しようとすると、その手続きが意外と複雑で、ちょっと厄介だったりするのですが…。

その分、いろいろお安くなっている、と思えば、我慢できます。

 

でも一番は、予定通りに新幹線に乗車できること!

この記事の内容が決して実践されることなく、皆さんの豆知識として終わることを、心より願っています(^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました