手抜き主婦のピクニックのお弁当の中身は簡単サンドで決まり!

スポンサーリンク

子どもがいると、いつもてんやわんやの生活ですよね。

楽しい反面、自分のためにゆっくり使う時間なんて全然なくてちょっと疲れることありませんか?

休日もママが忙しくしていても、パパはソファーに固まったまま動かない。

「○○しといてー」

といっても

「うーん。」

と言ったまま、数センチ動く程度。

息子より質が悪い。

頭きた!

私にもご褒美ちょうだいよ!

ということで、たまには子どもを預けて夫婦だけでピクニックなんていかがでしょう?

開かれた自然の景色の中で、のんびりした時間を夫婦だけで過ごすのは結構贅沢です。

普段キャンプやピクニックに行っても、子どもがいると座っていられる時間の方が短いですもんね。

まぁ、主人はそんな状況でも座っていますけどね!

書いてみると、結構私の恨みが深いことが判明しました…。

何より、大人だけなら自分たちが食べたいものだけ入れることが出来ますし、気が付いたらブロッコリーだけしか残っていないなんて心配もありません(笑)

「楽しそうかも」

と思ってくれた方!

良かったら我が家でよくやる簡単大人ピクニック弁当を試してみてください!

スポンサーリンク

主婦の知恵!ピクニックのお弁当はアイデアメニューで簡単に済ませる!

折角の夫婦だけの時間。

そうです!

パパを使えるだけ使いましょう!!

私の主人は、普段はのそーっとしているのですが、アウトドアになると急にしゃっきりします。

はい、出番ですよー。

おだてて一緒にお弁当を作りましょう。

むしろ簡単なのでほぼやってもらいましょう!

そのメニューは

<セルフオープンサンド>

お互いの好きな具材を切って、パンも切って持って行くだけ!

自分で好きなものを好きなだけ乗っけて食べます。

これならパパでも出来ます。

むしろ我が家の長男でも出来ます(4年生 笑)!

子どもと一緒の時は卵やツナ、ハム、ウインナー。

子どものリクエストや食べやすいものを入れていますよね。

でも、大人サンドはちょっと豪勢にスモークサーモン、クリームチーズ。

アボカドにエビなんて大人好みの物をチョイスできちゃいます。

レバーパテなんかもいいですね。

野菜もベビーコーンや紫キャベツなど、見た目にこだわるのも楽しみの1つ。

ここまでは普通のオープンサンドですよね。

楽しみはここから。

まずはドレッシングや調味料の工夫です。

小さいタッパーやスパイスボトルに入れ、少しずつ持って行きます。

ガーリックソルトチリパウダー大葉ドレッシングや普段使えないワサビドレッシングなども。

ちょっとずつ持って行くことで、具材が一緒でも色んな味が楽しめます。

お互いにサンドを作りあって交換してもいいですね。

自分ではしない組み合わせで新しい美味しさが発見できるかも。

普段料理してくれない主人も、ここぞとばかりにせっせと作ります。

そして必殺技

パパが作った方が美味しいな~

そういうと、次から自動で出てくるサービスがあることも(笑)

恐るべき外マジック…。

時間があれば小さいコンロまたはグリルと直火OKのココットで、アヒージョやバーニャカウダーなんかしても、カフェのようで贅沢な気分です。

オープンサンドの残りの具材で出来るのもいいですねー。

燻製ができる用具を持って行けば、燻製卵やチーズなど燻して食べる事が出来るのでおススメです。

すごく美味しいですよ。

パンだって燻製できます!

用具を購入しなくても段ボールでも簡単に燻製できるので是非お試しあれ!

これだけでも十分に幸せなのだけど、どうせならオシャレなピクニックデートにしたいですよね!

ピクニックのお弁当は100均でオシャレに演出する!

インスタグラムなどを見ると、素敵なコーディネートしている写真が沢山!

いいなー、オシャレだなーと思いながらも大食漢揃いの我が家は業務用タッパーを使用することが多かったのですが…。

オシャレにやるならここだ!

頼んだぞ100円均一

100円均一は可愛いお弁当用品が沢山あるんですよ。

例えばこれ!

使い捨てという点は勿体ないかもしれませんが、可愛すぎませんか?

これらに入れるだけで気分はハッピーです。

使い捨てはちょっとと言う場合は、いつものタッパーで持って行って、カッティングボードや木のお皿に盛りつけるだけで全然見栄えが違います。

ランチボックス内のタッパーをガラスの物にするのも可愛いのですが、隙間が出来るとガシャガシャすごい音がするので隙間は出来ない様に並べます。

本当はピクニックバスケットに詰めていきたいのですが、未だにこれだ!と思うものに出会えてないので、保留中です。

これぞピクニックといった形ですよね。

後は、車ならば小さいテーブルを持って行ってテーブルクロスを敷いてみたり、ランチョンマットを使用するだけでもいつものお弁当がバージョンアップして見えますよ。

まとめ

大きい敷物とお弁当を持って(持たせて)、2人だけのゆったりした時間をすごしたいですね。

普段時間がなくて話せないようなたわいもない話を2人だけで話せたりするので、なんだか新鮮で楽しいですよ。

子どもの面白話も盛り上がります。

後は自由に食べたりお昼寝したり。

大人にもこういう時間って必要ですよね。

戻るころにはすっかり元気!

「明日からまた頑張ろう」

という気になりますよ(⌒∇⌒)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする