ららぽーとKidsBeeのビュッフェは子供も楽しめる場所!?

スポンサーリンク
  • 小さいお子さんが一緒にいると、食事を落ち着いて楽しむことって難しくありませんか?

子供は食べ終わると席を立とうとしたり、子供に食べさせていると自分のものは冷めてしまったりしますよね?

そもそも子供とシェアできるメニューを選んだりしてママは、食べたいものをきちんと食べられていますか?

たまには、ママも自分が好きなものを思い切り食べたいですよね?

子供が大きくなるまで我慢しますか?

我慢する必要なんてありません!

子供も大人も家族みんなが満足できるお店があります。

それが『KidsBee』です。

スポンサーリンク

ららぽーと立川立飛店の「KidsBee」は食事と一緒に遊び場もある!

ココ、すごいんですよ。

まず食事はビュッフェスタイルです。

大人も子供も、おじいちゃん・おばあちゃんも美味しく食べられるメニューが豊富です。

そしてスライダーやアスレチック、ボールプールといった大型遊具があります。

つまり、食事と遊びが同じ店内で叶うんですね。

子供は食べたいけれど遊びたいことが多くありませんか?

食べたいタイミングならしっかり食べるけれど、そうでないと遊び食べをしたりなんてこともありますよね?

ここはビュッフェスタイルなので、食べたいときに食べられて、遊びたいときは遊べます。

大人はゆっくりと食事を楽しめますよ。

では、それぞれを詳しく紹介します。

ららぽーと立川立飛店の「KidsBee」のビュッフェは和・洋・中にスイーツも食べ放題!

お料理は、一流シェフが手掛ける本格的なものばかりです。

見た目ヨシ。

ライブキッチンからの調理している音もヨシ。

出来立てを食べられるので、食事をより楽しめてヨシ。

一流シェフの料理なので味ヨシ。

素材を活かした豊な食事がいただけてヨシ。

本当に良いことばかりです。

メニューは季節により限定のものがあったりしますが、ご飯・パスタなどの麺類など主食もおかずもサラダもの豊富に揃っています

私は普段、ビュッフェに行くと全メニューを制覇したい派ですが、種類が多くて全制覇できないくらいです。

娘の友達親子と一緒に行ったのですが、ママ友もビュッフェに行くと、いつも全メニュー制覇するのですが、ここは種類が多くて少しずつでもお腹いっぱいです。

子供の好きなものもたくさんあり、目をキラキラさせて選び食べるので、親の私たちも自分が好きなものをチョイスできる点がうれしいですね。

一緒に行った友達は普段は小食ですが、ここでは見た目に食欲が増していました。

いつもなら食わず嫌いなものも多いのですが、この日は色々なものを食べていたので、雰囲気や見た目って大事ってことですよね。

そしてそして!

スイーツもすごいです。

本格スイーツがケースに並んでいます。

色とりどりのお菓子は、見るだけでも幸せになってきます。

もちろん食べられますよ。

ミニシュークリームやミニケーキ、プリンなど、こちらも種類がたくさんあります。

どれもミニサイズなので、色々と食べられますよ。

ららぽーと立川立飛店の「KidsBee」は大型遊具がある遊び場でたっぷり遊ぼう~!

 

食事の後はもちろん、まだお腹が空いていないときは食事の前も!

大型遊具でたくさん遊びましょう。

スライダーは、なんと!

日本最大級です。

アスレチックもあります。

他にも色々な遊具がつながる立体遊具コーナーがあります。

たくさん遊んでお腹がすいたら、またいっぱいご飯を食べましょう。

この他にも、家族みんなで遊べるゲーム機などもあります。

遊具により、年齢制限があります。

小さなお子さんも安心して遊べます。

安心・安全への取り組みも万全

子供が安心して遊んで食事を家族みんなが楽しめるよう、小学生以下のお子さんが一緒の家族のみが利用対象となっています。

大人のみでの入店はできません。

また店舗入り口には、防犯カメラも設置されているので安心です。

ららぽーと立川立飛店の「KidsBee」営業時間

私が行ったのは、ららぽーと立川立飛店なので、そちらを紹介します。

定休日はありません。

年中無休です。

ただし施設の休館日は除きます。

営業時間→平日は10時から21時。

休日は10時から22時です。

ららぽーと立川立飛店の「KidsBee」へのアクセス

住所→東京都立川市泉町935-1ららぽーと立川立飛3階

多摩モノレール『立飛』駅直結です。

バスの場合、立川バスで立飛東門、または西武バスで立川営業所下車です。

車の場合、ららぽの駐車場が3300台収容可能なので、こちらをご利用ください。

ららぽーと立川立飛店の「KidsBee」の料金

平日

大人→120分で1480円、180分で1980円

小学生→120分で980円、180分で1290円

4歳~6歳→120分で480円、180分で780円

1歳~3歳→120分で380円、180分で580円

0歳→無料

土日祝日

一律100分です。

大人→1680円

小学生→980円

4歳~6歳→480円

1歳~3歳→380円

0歳→無料

これらは、食事と遊具で遊び込みの金額です。

また、食事はしないで遊具で遊ぶのみというプランもあります。

こちらは、平日14時から21時まで、休日は14時から22時までの利用可となります。

遊具のみ、ソフトドリンクバー付きです。

最初の30分間

大人も子供も全員一律で500円です。

延長料金は30分ごとに大人(保護者)は無料で、子供は年齢に関係なく一律で300円です。

ららぽーと立川立飛店の「KidsBee」の混雑時の注意点とコツ!

食事と遊びの複合型なので、食事をするタイミングで行こうと考えますよね?

ただそれだと、待つことになるかもしれません。

私は子供と数回、ららぽーと立川立飛内に入っている店舗に行きましたが、お昼時間に行くと毎回待つことに。

待たずに入りたいという場合、土休日だと100分、平日は120分から時間が選べるので、食べる時間に合わせるというよりも、空いているタイミングで入店して遊んでから食べるというスタンスでいた方が無難です。

私も数回待ったことを学び、ある時は、ららぽーとの開店と同時に入り、KidsBeeに向かうと、同じ考えの人がたくさんいるんです。

第一陣は、10時にダッシュでお店へ向かいます

ですから、開店と同時に行かない場合は、第一陣の人たちが帰るタィミングに行くようにすると待たずに入れますね。

100分、120分、180分という時間制なので、タイミングよく入れる可能性もあります。

まとめ

いかがでしょうか。

楽しく遊んで美味しく食べて、大人もゆっくりできる場所。

『KidsBee』へ足を運んでみませんか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする