妊婦さんのお仕事の求人と働く中で待ち構える困難な壁とは!?

スポンサーリンク

妊娠が分かるととっても嬉しいですよね。

自分のお腹の中に赤ちゃんがいるのかと思うと、不思議な気持ちでいっぱいになります。

それと同時にお金のことは現実的になってきます。

子どもはお金が

「とってもかかる!!(笑)」

出産から赤ちゃん用品、学業、保険、習い事などを考えだすときりがないです。

「働かなきゃ!!」

と思っても、そもそも妊婦って求人あるの?

答えは

「ほぼない!」

面接までいけばいい方で、ほぼ電話で断られます。

「妊娠されているとこちらとしても責任が持てないので…」

そりゃそうだ!

私が担当でもそう言います。

何かあってから「働いたからこうなった」なんて言われた日には会社側はたまったもんじゃないですもんね。

妊娠する前に探しておくのがベストな方法です。

では、妊娠中に仕事が見つかったとして、直面するストレスをピックアップしていきます。

スポンサーリンク

妊婦の仕事中の様々なストレスと対処法とは!?

妊娠中の体の変化は様々です。

体にも心にも及びます。

仕事をしていると、自分のタイミングで休憩をいれられないため大変なことも( ノД`)

そこで“妊婦に起こりやすい仕事ストレスあるある”と対処法をご紹介していきます。

まずは、妊娠中のトラブルの代表格「つわり」。

食べつわり

吐きつわり

においつわり

等々、数種類あります。

妊娠してみなければ何が当たるか分かりません(いらないよなー)。

軽い人も無い人もいますし、偏見のある人もいるので、ヒドイのに当たってしまったら覚悟が必要です。

仕事中はつわりがかなりのストレスになります。

対処法としては、食べつわりだったらこそっと口に入れられるものを常備しておく

吐きつわりだったら、出来るだけ葉酸サプリを摂取し(葉酸不足が吐き気の一因とも考えられているため)無理はしない。

においつわりはマスクを着用したり、吐き気がこない香りをちょっとつけておくといいです。

何種類かのつわりが同時に起こる人もいます。

そんなの辛すぎるでしょうー!

どのつわりにしたって、症状の程度はその人にしかわかりません。

どんな気持ちで言ってるか知りませんが

「俺も二日酔いでさー」

「でも、病気って訳じゃないんでしょ?」

とかいう人もいて、

「うるさいわ!」

とイライラしますが気にしない事です。

そういう事を言う人に何を言っても変わりません!

それに付き合うのは時間の無駄です。

なので、受け流す技を身に付けましょう!

この受け流しの技は、子どもが成長し生意気になってきた時にも有効な技なので、身に付けておいて損はないですよ(笑)

そしてお腹が大きくなるにつれて、腰痛・貧血・むくみなどのトラブルで思うように動けなくなります。

精神的にも普段よりイライラしたりすることも多くストレスに。

イライラが続くと、赤ちゃんに影響はないか心配になってしまいますよね。

そんな時には私は「心の中で仕方ないを唱える作戦」をしていました。

どういうこといかというと、

「腰痛で思うように動けなくて申し訳ない。(けど仕方ない。だってお腹に赤ちゃんいるから重いんだもん)」

のように表向きは思っていることを述べますが、心の中ではわざと開き直るのです。

だって考えてみてください。

お腹に人が入っているんですよ?

こんな摩訶不思議な事が日常でおこっていますか?

だから、心の中ではそう思っていていいんです。

注意点としてはそれを唱え続けたせいなのか主人から

「前より図々しくなったよな」

とご指摘が(笑)

いかんいかん、「仕方ない」が前面に出てきてしまっている・・・謙虚な気持ちは忘れずにやってみてください。

少しは妊婦さんのストレスが軽くなりますように。

妊婦さんはお仕事をいつまで続ける事ができる?

お腹が大きくなってくると考えるのが

いつまで仕事を続けるか?

ですよね。

大体、会社勤めだと1か月前くらいから産休を取る人が多いですが、自分で決められるならこんな基準は気にすべきでないです。

大事なのは自分の体調はどうか。

頑張りすぎて赤ちゃんに何かあってからでは遅いですから。

妊娠中は「こうあるべき」ではなく「こうしたい」を優先しましょう。

職場の事情にもよりますが、どうした方が自分と何よりも赤ちゃんに最適かを考えてみるといいですね。

妊娠中期になったらある程度のプランを練ってみてください。

その通りにはならないかもしれませんが、こちらの意図が見えている方が会社側もフォローはしやすいです。

ただし、雇ってもらっている身。

緊急時以外に急に辞めてしまうのは無責任です。

上司と普段から辞める目途を話し合っておくことをおススメします。

まとめ

妊娠中は赤ちゃんと肌身離れずずっと一緒にいられる大切な時間。

お腹を蹴られて痛いけど、それでも嬉しいなんて他にはない経験ですよね。

お金はなくてはならないものですが、妊娠中は周りと一緒と思わず「自分が出来る仕事」をしていきましょう。

根をつめずに仕事が見つかったらラッキーくらいの気持ちでお仕事探ししてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする