チョコミントの嫌いな人が多い中で売り上げが伸びてる理由とは何!?

ちょっとした疑問

スポンサードリンク






突然ですが、皆さん“チョコミント”はお好きですか?

「歯磨き粉みたいでちょっと…」と言う方も少なくないと思うのですが、私は大好きなんです(笑)

 

本当にチョコミントは好き嫌いが分かれますよね。

私も周りもチョコミントに関しては意見が割れます^^;

 

しかしながらここ数年、“チョコミント”の商品は増え続けていると思いませんか?

実際にチョコミント商品の売上げは前年比15%増、5年前と比べると2.3倍にもなっているそう!

これにはちょっと驚きです(゚Д゚)

 

嫌いな人も多いはずの“チョコミント”が売上げを伸ばす理由はどこにあるのでしょうか。

今回はその魅力と商品に注目していきたいと思います♪

 

 

チョコミントは夏になぜ多く発売されているのか!?

 

“ミントチョコレート”または“チョコレートミント”は、チョコレートにスペアミントやペパーミントなどのミントフレーバーを混ぜたチョコレートのこと。

 

苦手な人からはよく「歯磨き粉みたい」と揶揄されることもありますが、チョコミント好きからするとその爽やかさがクセになるんですよね^ ^

 

ただ「チョコミント好き!」という方でも、大人になってから好きになった方も多いよう。

ハーブやパクチーなど独特の香りと味があるものは子供の頃は敬遠しがちですよね…。

チョコミントもそれと同様、やはりひとクセある食べ物であることに違いはありません^^;

 

しかし、“チョコミント”の持つ清涼感は大きな魅力。

特に暑さの厳しい夏場は、アイスでも普段は美味しく感じるバニラやチョコレート味が少し甘ったるく感じてしまうことも…。

 

そんな時に私は好んでチョコミント味のアイスを購入します。

見た目にも涼しく、口に入れるとミントの味と香りが広がってさっぱり♪

夏になるとミント系の商品が多く発売される傾向をみると、近年の猛暑もチョコミント市場を伸ばしている一因になっているかもしれませんね。

 

また、仕事の合間や食事の後にチョコミントを食べる方も。

ミントに含まれるメンソールには、リフレッシュ効果と集中力を高める働きがあるのだとか。

 

私も仕事中、頭をすっきりさせたい時によくミンティアなどのタブレットを口にするのですが、それと同じ感覚でしょうか(・∀・)

 

さらに食後のデザートとしてチョコミントを食べると、メンソールが胃腸の働きを整えるのでgood!

 

“チョコミント”の魅力は爽やかな味だけではなく、その見た目にもあります。

涼しげな青とチョコレートのブラウンのコントラストはまさに“インスタ映え”☆

Twitterなどでも“チョコミン党”なるハッシュタグで多くの写真がアップされています。

 

ちなみに、この“チョコミン党”も近年のチョコミントブームを受けて生まれた造語。

 

どなたが考えたのかは分かりませんが、うまいですよね(笑)

こうしたSNSの普及も、新たなファン層を生みチョコミントブームに一役買っているようにも感じます^ ^

 

仕事中や食後に食する大人の層と、SNSを利用するトレンドに敏感な若年層。

意外とチョコミントのファン層は広いのかもしれません。

 

 

元祖チョコミントのアフターエイトは嫌いな人でも試してもらいたい

 

元祖チョコミントと言われているのが、イギリスで誕生した「アフターエイト」です。

先ほど、食後にチョコミントを食べるというお話をしましたが、この「アフターエイト」はまさにその名の通り、夜8時以降、つまり夕食の後に出されることが多いんだとか。

イギリスでは、デザートの後、コーヒーや紅茶とともに登場するそうです^ ^

ミントの清涼感が、食後の口直しにぴったり。

イギリスが誇る元祖ミントチョコ「アフターエイト」 チョコミント嫌いが治るほど洗練されたお味です
海外でチョコミント味のスイーツといえば、絶対に外せないもの。それが、今回ご紹介する「アフターエイト」です。 ミント味のクリームをダークチョコでコーティングした …

 

なんともオシャレなパッケージ♡

ペパーミントオイルを使用したミントクリームとダークチョコの組み合わせは、ちょっと大人向けのチョコミントという感じです。

 

ネット通販で購入できるという情報を受け、Amazonで検索をしてみると…ありました‼

ので、早速ポチッと(笑)

届くのが楽しみです♪

 

輸入食品店で取り扱いしているところもあるようですので、ご興味のある方はぜひ探してみて下さいね(^∇^)

 

 

チョコミント味のコンビニオススメ商品はコレ!

 

では最後に、日本で発売されているチョコミント商品を見てみましょう♪

アメリカではアイスクリームチェーン店の「バスキン・ロビンソン」で、創業(1948年)からチョコミントアイスが売り出されていました。

 

日本でチョコミントアイスが販売されたのは1974年。

1985年にグリコの「セブンティーンアイス」で販売されてから徐々に定着していきました。

 

“チョコミント”=アイスというイメージは強いですが、最近は様々なチョコミントフレーバーの商品が発売されています(^o^)/

コッペパン(チョコミント)

ファミマでチョコミントパン祭り 青いパンケーキもパワーアップ!
全国のファミリーマートでは2019年6月4日から、チョコミント系のパン3種が発売中です。

ファミリーマートから夏限定で発売されていたこちらのコッペパン。

挑戦された方はいらっしゃるでしょうか⁉

 

チョコミントとパンのまさかの組み合わせ…。

気になりすぎて買ってみたのですが、これが予想外の美味しさ‼

 

チョコ風味のパン生地もチョコミントの爽やかさでクドくならず、パクパクと食べられちゃいます♪

夏期限定というのがもったいない…と個人的に思った商品です(笑)

来年の発売にも期待‼

 

リンツ エクセレンス ミント ダークチョコレート ドリンク

混雑中

「リンドール」のチョコレートで有名なリンツでは、季節限定のこちらのチョコレートドリンクが今年から通年で販売されるとのこと。

 

ビターなエキストラダークチョコレートに、「リンツ エクセレンス ミント」のダークチョコレートをブレンドしたというドリンク。

 

ちょっと贅沢ですが、食後のデザートとしてもさっぱりと楽しめそうです♡

 

 

まとめ

 

“チョコミントの魅力”、少しは伝わりましたでしょうか?

苦手な人も多いイメージのあるチョコミントですが、商品の多様化によって一定のファン層のみならず新たなファンも増やし続けているようですね(・∀・)

 

また、海外では“食後のチョコミント”が定番だったのは新しい発見でした!

今後とも商品や楽しみ方が色々と変化していきそうな予感…。

これからの“チョコミント市場”にも注目ですね♪

 

 

チョコミント、「苦手な人」が多いのに人気の理由

表示できません - Yahoo!ニュース

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました