紙オムツをゴミに入れた時の臭い移りと激臭は代用品でさよなら!

子育ての悩み

スポンサードリンク
 



赤ちゃんってなんであんなに可愛いんでしょうね。

ほわほわの髪の毛にぷっくりした頬っぺた。

つぶらな瞳でニコっとされたらもう、ハートが飛び出そうなくらい愛おしくなっちゃいます。

 

今は大きくなって生意気な我が子たちですが、赤ちゃんを見るたびこんな可愛い時があったよなーとしみじみ。

 

赤ちゃんならウンチが出ても…うーん、臭いけどまだ大丈夫!

可愛い可愛い!

と、おむつ専用のゴミ箱を開けた瞬間

 

「くっさーーー(´;ω;`)ウゥゥ」

これだけは耐えられません。

息を止めてゴミ箱にポイ!

閉めてから息を吸っても

「くっさーーー(´;ω;`)ウゥゥ」

しかもおむつ専用のゴミ箱は小さくてすぐにパンパンに。

 

私は決意しました!

もう次の子の時にはおむつ専用のゴミ箱は買わない!と。

 

 

スポンサードリンク




オムツをゴミ箱に入れた臭いは時間が経つと更に激臭になる!

 

おむつ専用のゴミ箱は、自動のものから密閉できるものまで様々です。

 

自動のゴミ箱はカートリッジを買わなければいけないのが嫌だったので、私は1人目の子の時には密閉できるゴミ箱にビニール袋を入れて使用していました。

 

でもゴミ箱に入れておくと日に日に発酵されて、段々臭くなってくるんです。

夏場なんて異臭騒ぎが起きるレベル。

しかもおむつのゴミ箱は小さいものが多いのでゴミの日までに容量が足りなくなってしまうのです。

いつもパツンパツンというより、もはやフタが浮いて、蓋を開けると飛び出していました(笑)

 

極めつけはゴミ箱からおむつを取り出すとき。

蒸されたおむつによってビニール袋は濡れていることが…。

これがまた気持ちが悪い。

ゴミ箱を開けた時、部屋も臭くなるしなんとかせねば、と思いながらも1人目の子のおむつが外れました。

 

おむつが外れると、お世話になったゴミ箱ですが完全に邪魔ものに。

もったいなかったですが、あげるにも汚いし、他に活用法もみつからなかったので捨ててしまいました。

 

そしてリベンジの時が!

 

2人目の時にはおむつ用ではない大きめの角型ペール(45ℓ)にしました。

気を付けたのはフタの密着度と置く場所の面積。

ホームセンターで真剣に蓋を左右に動かしてみたり、隙間を確認し、ゴミ箱のサイズと床面積を交互に見る私は完全にゴミ箱職人!

 

大きめのものを買ったメリットは、

  • 何個入れてもおむつが飛び出さない。
  • 消臭や湿気取りを一緒に入れておくスペースが十分ある。
  • 消臭対策ができたのでニオイがそんなに気にならない。
  • 内側側面にゴミ袋を入れ込める構造になっているので取り出しが楽。
  • おむつが外れた後、外用のゴミ箱に出来た事。

 

デメリットは、

  • 大きすぎてゴミ袋の容量が余る。
  • だからといって小さいビニール袋にすると、手をゴミ箱の中に入れないといけないのでなんか気持ち悪い。
  • 見た目がデカくて「どうもこんにちは。ゴミ箱です。」と言いそうなくらい存在感がある。

 

手を突っ込むのは嫌だったので、平らでゴミ箱側にひっかける部分が浅いフックを2つ用意。

ゴミ袋を入れ込むスペースにフックを掛けスーパーのビニール袋をかけて対応しました。

 

平らなフック」と言うのがミソ!

最初は家にあったS字フックを使用してみたのですが、厚みがあるとスペースにしっかり入らないのです。

貼るタイプのフックは、万が一取れてベタベタになってしまうのが嫌だったため使用しませんでした。

 

フックをかけると入れやすいのですが、ビニール袋の下がゴミ箱から浮いている状態に。

重みでヒモ部分が切れてしまう事もあったので、これでバッチリとは言えませんが、薄そうなときは袋を2重にしてみたりして使用したら切れませんでしたよ(時々失敗)。

月に何枚もゴミ袋を使用することになってしまうので、捨てる時は中の1枚だけ捨てるようにして乗り切りました。

 

まぁ、もう少し小さいのを買っておけば良かっただけの話ですけれど。

 

では、ニオイ対策はというと…。

 

 

オムツがゴミ箱で臭わないためのコツとは!?

 

あの独特で酸っぱ臭いニオイ!

いくら我が子のしたものでもあれだけは愛せない(笑)

いろんなニオイ対策をしてみました。

 

まずは市販の消臭剤を使用。

物にもよるのでしょうが、消臭剤のニオイと混じって何とも言い難いニオイに。

香料がない無臭の物のほうが良いです。

そんなに沢山の種類を試したわけではないですし、今ならもっと性能の良い商品もありますのでおススメ度は70%

 

使用済みドリップコーヒー豆の粉(インスタントじゃダメですよ)を乾かしてから、出汁取り用のパックに入れて消臭剤代わりにもしました。

これは結構効果がありました。

ただ消臭期間が短い感じがしたので、こまめに取り換えなければいけません。

いつもドリップコーヒーや挽いた豆を使う人にはおススメ度85%

 

最後は、湿気取りを入れること。

おむつの湿気を吸ってくれるので、ビニール袋が濡れない(感激)!

そして湿気が少なくなったことでカビ菌などの発生が緩やかになるため(菌の種類にもよりますが)、ニオイも薄れました。

ゴミ箱内のカビもほぼ無く(取り換えさぼるとカビました)、消臭剤やコーヒーの併用でおすすめ度90%!!

 

いずれも大きいペールにしてからは、ビニール袋の下に置けるスペースも十分。

さすがにこれを入れ替える時は手を突っ込みましたが(笑)、嫌でしたらフタに貼るタイプの消臭剤もありますよ。

 

まとめ

 

他にも「新聞紙でウンチおむつを包むとニオイがしない」という人もいました。

 

私は今3人目を妊娠中。

今度は新聞紙やってみよーっと。

そして、もう少し小さめのペールにして100円均一に売っているリメイクシートを貼る予定です。

 

少なくとも何年間か、毎日仲良く付き合っていかなければならないおむつ。

出来るだけ気持ちよくゴミ箱を開けられたらいいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました