キッチンの掃除は毎日するより気楽でやりやすい掃除方法とは!?

掃除や片付け

スポンサードリンク
 



仕事に行って疲れて帰ってきて、子供の「ねぇねぇ、お母さん!お母さん!」の“お母さん攻撃”を受け、毎日コツコツ、台所の水回りのお掃除なんてできるわけな~い!

 

そんなに丁寧に隅々なんてやってられない!が本音だったりします。

 

家族に習慣づけさせて、一緒に掃除してもらうという方法もよく聞くけど、習慣づくまでイライラしたり注意したり、できてなかったり・・・。

結局、自分でやる羽目になっていませんか?

 

なので、私はそんなイライラを 「“ついで”に掃除する方法」で“気楽”にやることで解消しました。

 

 

スポンサードリンク




キッチンの掃除のコツは毎日ではなく頑張るのは週2回!?

 

毎日少しずつ掃除をすれば汚れも落ちやすく楽になります。

わかっていても食器洗いが終わってから、台所のシンクの掃除や排水溝の掃除までは、なかなか…

 

シンクの汚れを減らす為に無くした物があります。

それは「三角コーナー」です。

 

置かない事で生ごみが溜まってきた時の不快感、悪臭や虫の発生を防止。

三角コーナーの密着するシンクも汚れません。

 

その代わり排水溝のネットを頻繁に交換します。

頻繁に交換することで、排水溝の汚れを軽減することができます。

 

換気扇専用フィルターも買う事をやめました。

予備を買い忘れた時に何か代用品は・・・と思った時にひらめきました。

 

それはキッチンペーパーです。

 

私が使っているも物は外国製で、一枚が大きくできています。

その一枚が換気扇のフィルターの大きさにピッタリで、キッチンペーパーを数か所にマスキングテープでフィルターに固定します。

 

キッチンペーパーはコスト的にも安価で、気兼ねなく取り替えられます。

 

専用のフィルターだと、固定する時は両面テープ式のマジックテープを貼って使用しますが、掃除のしにくさと剥がした跡がベタベタします。

 

その点、マスキングテープだとキレイに剥がせ、べたつきもありません。

 

どのタイミングで掃除するか

【シンク】

  • 油っこい料理をした時
  • 食器洗い用スポンジを新品へ交換し捨てる時

 

【排水溝】

  • 排水溝ネット交換時に汚れが気になった時
  • 子供用の歯ブラシを新品へ交換する時

 

【洗面所】

  • 鏡は手拭き用タオルを交換する時に拭く。(棚のほこりもササッと拭く)
  • 洗面台は夜、歯磨きの後に軽くメラミンスポンジで擦る。
  • 排水溝の髪の毛などのつまりは、髪の毛が絡んでいるのを見つけたら取る。

 

【調理用スペースのシンク・IHクッキングヒーター】

  • 夕飯の調理が終ったら拭く。

 

【グリル】

  • 使用した時に汚れが目立った時のみ

※汚れが取れにくい、掃除がしにくい網を使う時は、アルミホイルを敷き、直接汚れるのを防ぎます。

 

【換気扇】

  • フィルター替わりのキッチンペーパーの汚れが目立ったら交換・拭き掃除

 

どうですか?

しっかり決めてやるよりも掃除しやすさがありませんか?

 

何かの“ついで”に掃除する方法で“気楽”に掃除に取り掛かってみましょう!

 

 

キッチンの掃除を簡単に続けるには洗剤はお決まりの物で!

 

雑誌などでとりあげられる100円均一などで手に入る物を使って、多様に掃除する方法を見たことありますよね?

 

試したことありませんか?

 

私も試しました。

いろんな掃除に使えるように分量を変え、容器を変え、うまくいきませんでした。

 

なぜか、思ったほど汚れが取れなかったり、空になった時にまた作るのが面倒になり、やめて捨てました。

 

【シンク掃除】

  • 先ほど紹介したタイミングで掃除する時は食器洗い用の洗剤を使う。
  • 週に2回ほど頑張る時はクリームクレンザーを使う。

 

【排水溝】

  • 上記で紹介したタイミングで掃除する時は食器洗い用の洗剤を使う。
  • 週に2回ほど頑張る時はキッチン用の泡ハイターを使う。

 

または、袋の中に排水溝の各部品を入れ、液体のキッチンハイターと水をたっぷりいれて、数時間放置するのもいいです。

 

 

【洗面台】

  • 週に2回ほど頑張る時はクリームクレンザーを使う。
  • 排水溝の髪の毛詰まりや悪臭がある時は、お風呂場でも使うパイプ用洗剤を使う。

 

【調理用スペースのシンク・IHクッキングヒーター】

食卓用のテーブルを拭いているアルコール除菌ナップを使う。

 

【グリル】

  • 網と水を溜める下皿は食器用洗剤(汚れが落ちにくい時はクリームクレンザー)
  • 軽い網の汚れはメラミンスポンジで擦ると取れます。

 

【換気扇】

  • 食卓用のテーブルを拭いているアルコール除菌ナップを使う。

 

お決まりの洗剤を何種類も用意しているわけではなく、同じ物で掃除したり、もともとある物を活用します。

 

こうする事で、家族へお手伝いしてもらう時に、家族も迷わず簡単に掃除を手伝う事ができます

 

補充用で買い足す時に迷う事もありません。

 

 

まとめ

 

やることをしっかりと決めてから行動することは効率的でもありますが、人によってはそのように動けない事もありますね。

 

疲れている時、時間がどうしても作れない時、まったく掃除ができない事もあります。

 

それでもいいんです。

 

どこかで気が付いた時に少しずつやる事で、ある程度のキレイさを保てればいいのではないのでしょうか。

 

ただ汚れが酷くなってしまうと、やっぱり掃除に取り掛かる事が面倒に感じます。

 

1週間に1回!

 

と決めれば、その時だけとことん徹底的にやる!など、自分に合ったやり方とペースを考えて、上手に掃除をしていく方法をみつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました