節分の恵方巻きの予約をイオンが他より早くに開始した理由とは!?

イベントや行事ごと

スポンサードリンク
 



もうすぐX’mas、そしてお正月がやってきます。

 

年末のイベントシーズンにうきうきしていたところ、テレ朝では来年の「恵方巻き」小サイズ主流? 食品ロス削減へという「イオンで恵方巻き予約開始」の情報が。

 

私はついこの間、滑り込みセーフでクリスマスケーキの予約をしてきたばかりなのですが…(笑)

世間では既に年明けのイベントが進行しているようです( ̄∇ ̄;)

 

「えっ…でも早くない?」と思った方!(笑)

そうなんです、今年イオンは恵方巻きの予約開始を2週間ほど前倒し。

 

その要因となったのが〈食品ロス〉問題です。

それに伴って、恵方巻きのトレンドも変化しているよう(・・)

 

そこで今回は、節分と恵方巻き、そして〈食品ロス〉問題に着目してみました。

 

 

スポンサードリンク




恵方巻きの予約でイオンの食品ロス対策が意外と嬉しい訳とは!?

〈食品ロス〉への対応によって“恵方巻き”にも変化が現れています。

 

スーパーやコンビニで売られている恵方巻きは太巻きで長さは12〜15cmのものが多く、切らずに一本食べるとなると結構大変ですよね(笑)

 

恵方巻きの長さや大きさに特に決まりはないそうで、いつの頃からか“ハーフサイズ”の恵方巻きも見かけるようになりました。

最近ではむしろ“ハーフサイズ”の需要が高いそうです。こちらの方が子どもも女性も食べやすいですしね^ ^

 

〈食品ロス〉の観点からも一つ一つを小さくすることで、万が一売れ残ったとしても廃棄量を減らすことができます。

 

イオンでは来年分の恵方巻きについて、ハーフサイズの種類を13種類へ増やすとのこと

厚焼き玉子・かんぴょう・椎茸・きゅうりなどが入ったオーソドックスな恵方巻き以外に、サーモンやいくらを使用した海鮮巻き、クリームチーズとアボガドが入ったサラダ巻き、ヒレカツ巻き…などバリエーション豊富!

ハーフサイズの大きさなら色々な種類を味わえて楽しそうですヽ(´▽`)/

 

 

恵方巻きの事前予約と廃棄問題からどう動くべきなのか!?

 

ここ数年で注目されるようになった〈食品ロス〉。あなたも言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

〈食品ロス〉とは、単純な食品の廃棄ではなく“食べられるのに捨てられてしまった”食品のこと。食べ残しや冷蔵庫に入れたまま腐らせてしまったものなど…一度は経験ありますよね?^^;

 

日本の食品廃棄物2759万トンのうち643万トンは〈食品ロス〉によるものと言われています。

日本の“もったいない精神”はどこへ…

 

この〈食品ロス〉は家庭に限らず、期限が切れたコンビニの廃棄弁当やスーパーの売れ残りの惣菜なども含まれます。

コンビニの廃棄弁当も衛生面の観点から従業員の持ち帰りはNG。期限が切れたお弁当たちはそのまま処分されてしまいます…。

 

この問題はイベント商品にも影響を及ぼしています。

 

例えばクリスマスケーキ。コンビニでも気軽に予約して買えるようになりましたが、店舗では当日販売もしています。

しかしこれらもその日のうちに売れなければ処分。生ものの上にシーズンもの…売れ残ったケーキの行き場はありません…(;_;)

 

余分な廃棄を出さないように取り組みを始めたのがファミリーマート。

今年からクリスマスケーキは完全予約制となっています。

 

そして『節分』においてはいち早くイオンが動きを見せました。

 

当日になるとコンビニやスーパーに大量の“恵方巻き”が並びますが、夜になっても結構残ってたりします( ̄∇ ̄;)

 

そこでイオンでは例年よりも早く“恵方巻き”の予約を開始し、当日購入ではなく事前予約を促しています。

 

この流れはコンビニでも引き継がれそうですね。

 

 

恵方巻きは関西、地域によって様々な節分の風習!

“恵方巻き”を食べるのは、元は関西地方(大阪周辺)の慣習でした。

私が小さい頃はまだそんなに『節分』に“恵方巻き”は馴染みがありませんでしたが、いつのまにか〈無言で恵方巻きを一本食べると福を招く〉としてすっかり定着しましたね♪

 

節分が近くなるとスーパーに“恵方巻き”が並び、コンビニでは早い時期から予約が始まるなど、毎年の恒例行事となっています。

 

また『節分』と言えば「鬼は外〜福は内〜」のかけ声で豆まきをする、といのが一般的に知られている節分の風景ですよね^ ^

 

ちなみに…私の地元では大豆ではなく“落花生”を使っていたのですが、皆さんの地域はどうでしょう?

 

実は“落花生”を使うのは北海道や東北地方なんだそうです(・∀・)

子どもの頃から豆まき=落花生が普通だと思っていたので、むしろ全国的には大豆を使うのだと知った時はびっくりしました(笑)

 

このように、『節分』の慣習は地域によって様々。

 

例えば、節分にイワシを食べるのが京都。

イワシの匂いが鬼を寄せつけない、と昔から言われているそうです。

 

また逆に鬼を招き入れる風習があるのは群馬県の鬼石地方。

この地域では鬼によって町ができたと言い伝えられていて、豆まきのかけ声は「福は内〜鬼は内〜」なんだそう。面白いですね^ ^

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

〈食品ロス〉に関しては、これからますます意識されるようになるかと思います。

 

コンビニやスーパーなど企業側でも対策を始めていますが、私たち個人も食べ残しや家庭の廃棄食品をできる限り出さないように気をつけていきたいですね。

 

またクリスマスやお正月、そして節分と季節行事が目白押しですが、今後は事前予約を中心に当日販売分の削減にも協力していきたいところです(`・ω・´)

 

これからの時代は環境へも配慮しつつイベントを楽しんでいきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました