春休みの旅行で意外な穴場は和歌山のアドベンチャーワールド!?

旅行やお出かけ

スポンサードリンク
 



待ちに待った、春休み。

 

新しい環境になる前に、一区切りとして旅行に行きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

我が家も旅行に行こうと主人と決めたものの、どこに行くべきか悩みに悩んでいました。

 

四国のとある県に住んでいるので、そこから車で行けるところというのがまず旅行先の第一条件でした。

 

というのも当時子供がまだ1歳だったので、公共交通機関を使っての移動だと何かあった時に対応しづらいなと思ったのと、子供がぐずっても周りの方に迷惑かけないから気楽だなと思ったからです。

 

予算は、家族3人で交通費や現地で使うものも含めて大体6万〜7万円ほど!

 

車で旅先まで行くとしても、ガソリン代や高速道路のETC料金、旅先で使うお金なども含め6万円〜7万円ってかなりリーズナブルですよね?

 

しかし、6万円〜7万円で十分満足できる、とっても楽しい旅行ができたんです!

 

混雑していそうだな・・・と嫌煙されがちですが、春休みに意外と穴場のあの場所をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク




春休みの旅行でおすすめはアドベンチャーワールド、そのワケとは!?

我が家の旅行は考えた結果、和歌山県のアドベンチャーワールドに行くことになりました。

 

合わせて、近くにある白良浜にも立ち寄ろう!ということに、決まりました。

 

上で述べた条件を、全てクリアしており更に

 

  • 子供が動物だいすきなジャイアントパンダに会える!
  • 車で4時間ほどで行ける
  • 近くの宿泊施設のチケット付きプランがお得だった
  • 1年通して夏が苦手な主人と私…春休みは過ごしやすい季節だったので、屋外を回る動物園は最適だと思った

 

このような魅力を感じたからです。

 

アドベンチャーワールドの利用料は、

 

  • 大人(18歳以上) 4,500円
  • シニア(65歳以上) 4,000円
  • 中人(中学生・高校生)〈12歳~17歳〉 3,500円
  • 小人(幼児・小学生)〈4歳~11歳〉 2,500円

 

となっており、テーマパークなどに行くよりはとてもお手頃価格だと思います。

 

更にこの利用料にはサファリパークをぐるっと1周できるケニア号の利用料と、後ほどご紹介するイルカショーの料金が含まれている値段なのです!

 

そう考えると、かなりお得ですよね。

 

そして車で行かれる方は、もちろん駐車場利用が可能です。

 

注意点としては、

駐車場を利用するのにも料金がかかります!

 

普通車は1,200円です。

 

予算に含めていなかった!と後で後悔しないように、事前にこのように細かい部分もチェックしておきましょう。

 

目的地が決まれば、次に周辺の宿泊施設の予約をしてアドベンチャーワールドに行くための準備です!

 

1歳の子供の持ち物はもちろんですが、アドベンチャーワールドに行く際にぜひ持って行って頂きたいものがベビーカーです。

 

アドベンチャーワールドは、敷地がかなり広いんです。

 

「だっこ、だっこ」とせがむ子供をだっこしたままずっと歩くのはかなり大変です。

 

我が家は車で行ったので、ベビーカーを持って行くことが出来ましたがもし持っていけない方は有料ですがアドベンチャーワールドで貸し出しもしてくれますよ。

 

そして実際に行ってみて…私が感じた、良かった点をご紹介します!

 

  • 動物園だけじゃなく水族館や遊園地もあり飽きない
  • ツアーが充実していて満足できる
  • 動物と触れ合うこともできる
  • サファリワールドで見る肉食動物の迫力がすごい
  • 食事もフォトジェニックなものが多い
  • 春休みなのに、平日は人が多すぎず問題なく回れた

 

などなど、実際行ってみるとこんなにも魅力を実感できました。

 

 

 

特に私が良かったと感じたのは、イルカショーです!

 

多くのイルカたちが、音に合わせてダイナミックな動きを見せてくれます!

 

ストーリー仕立てになっていて、終わった時には感動して涙してしまうほどでした。

 

トレーナーさんと息の合った演技を力一杯見せてくれるイルカさんに、笑顔が自然と溢れてしまうことでしょう。

 

そして、アドベンチャーワールドはシーズンにより営業時間が異なっているので、来園前にチェックをしておくことをオススメします。

 

基本的には、朝10時〜夕方17時まで、となっていることが多いようです。

 

我が家も朝開園してすぐに入園し、帰りは閉園までたっぷり遊びました。

 

7時間もあれば、十分楽しむことができました!

 

そして、宿泊施設は、“ホテルハーヴェスト南紀田辺”というホテルを予約しました。

 

なんと!

 

1泊朝食付きプランで、更にアドベンチャーワールドのチケットも付いてきて28,500でした!(大人2名+子供1名の料金です)

 

安すぎませんか?

 

しかも、全室オーションビューなんです。

 

部屋からの眺望も最高でした!

 

実際ホテルの方も、とても親切にしてくださり

何も文句のつけようがない、素晴らしいホテルでしたよ。

 

春休みの旅行で「海外に来た」気分になる、知られざる白良浜の秘密とは!?

アドベンチャーワールドに行く前に立ち寄ってみたのが、白浜町にある白良浜という砂浜です。

 

白良浜の特徴といえば、何と言っても真っ白な砂浜と、青い海です!

 

初めて行った時に一目見て、とても感動しました。

 

実際に3月の春休みシーズン中は、もちろん泳ぐことはできませんが実際に砂浜を歩き、写真を撮ったり、サラサラの砂を触ったりして楽しむことができるんです。

 

本当に日本では体験できないような、まるで海外に来たかのような錯覚に陥るほどだったのです。

 

それもそのはず。

 

なんと、白良浜の砂浜は、実は海外の砂を輸入していたんです!

 

砂浜というのは、砂が波にさらわれて、河川からまた供給されることで成り立っているのです。

 

しかし、白良浜の観光や宅地等の開発により、砂の供給が悲しいことに減ってしまったんですね。

 

そこで和歌山県は、砂浜に砂を足していく事業を始めたのですが、その際に白良浜の砂浜と相性がピッタリだとされたのがオーストラリアのパースの砂だったそうです。

 

白良浜に海外の砂が輸入されているとは、すごく意外ですよね!

 

現在も、この美しい砂浜を守るためにネットをはって風で砂が飛ばされないようにしたり、積極的に、保全活動がされています。

 

このように、観光に来る私たちのことを考えて、町をあげて白良浜を守ってくださっているんだと知ると感謝の気持ちでいっぱいになりますね。

 

皆さんも是非、海外に行ったかのような気持ちになれる白良浜に訪れてみてください!

 

私たちが宿泊していたホテルからは車で約15分だったので、すぐに行くことができましたよ。

 

更に、この白良浜からアドベンチャーワールドは、車でたったの10分で行くことができます。

 

近い距離に観光地があるので、とても嬉しいですね。

 

ここで注意点がひとつ!

 

白良浜周辺にはいくつか駐車場がありますが、ほとんどが有料でした。

 

どこの駐車場も1,000円〜2,000円位はかかるかと思います。

 

私は、有料で車を駐車しても行く価値のある場所だと感じました。

 

が!

 

旅行で、少しでも出費を抑えたい!という方は、白良浜に直接徒歩で行くことができるホテルに宿泊してしまうというのも、オススメです。

 

そして、オンシーズン以外は無料という、駐車場もあるようです。

 

なので、事前にどこの駐車場に車を置くか検討し、料金がいくらかかるのかというのもチェックしておきましょうね!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

春休みは、寒さもやわらいで少し暖かくなってくる頃で、気候的にもとても過ごしやすいので、春休みの混雑を差し引いても平日であれば十分穴場として楽しむことができます!

 

和歌山県の白浜は、比較的リーズナブルな宿泊施設も多いので、利用しやすいです。

 

そして我が家は、この旅行で和歌山県が大好きになり、実はこの1年後にも、またアドベンチャーワールドと白良浜に旅行に行きましたよ!

 

今回、ご紹介した場所以外にも和歌山県には観光地がいくつもあります。

 

ぜひ、お手頃価格で楽しい和歌山旅行をしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました