コロコロって掃除用品の本当の名前と失敗しない選び方とは!?

掃除や片付け

スポンサードリンク
 



ご家庭に一つはあるコロコロ。

各部屋に一つ、もしかしたら車にも常備されている方もいるでしょう。

一人暮らしの方で、掃除機は置けないけど、コロコロならスペースを取らずに部屋に置けるなんて方も多いと思います。

 

コロコロの種類にはどんなものがあるのでしょうか?

私のよく行く百均にはカーペット専用やフローリング専用など、使う場所によって様々な種類が取り揃えられています。

 

コロコロはその用途によって粘着力が違うので、どこを掃除するのか考えて買うのがおすすめです。

衣服用もあり、お出かけ前に服のほこりやペットの毛がついた時にも使うことができます。

 

またコロコロの柄の部分ですが、短いものだけではなく、長いものやコンパクトな大きさのものもあります。

 

自分がどういった時に使いたいのかで選べるようになってきています。

ここでは近年、種類が豊富になってきたコロコロについてご紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク




コロコロで掃除って言えばみんなに伝わる、その正式名称とは!?

 

ところでコロコロが欲しい時、店員さんに何と言って探してもらえばいいのでしょう?

「コロコロってどこにありますか?」と聞けば、大体通じると思います。

何となく恥ずかしい人や本当の名前が知りたい人のためにちょっと調べてみました。

 

コロコロの正式名称は粘着カーペットクリーナーまたは粘着クリーナーと言います。

開発当初はカーペットの糸くずや絡みついた髪の毛を取るために販売されていました。

 

今ではカーペット以外にもコロコロが活躍しているので、粘着クリーナーと呼んだ方がいいんでしょうね。

コロコロが発売されてから37年経ちますが、掃除道具として家になくてはならない存在です。

 

コロコロと言いづらい方は、お店の人に尋ねる時は粘着クリーナーと聞いてくださいね!

 

 

コロコロの掃除する時は100均より高い方がおすすめ!?

 

先ほどもお伝えしたように、色んなタイプのコロコロがあります。

タイプやロール数によっても販売価格が違います。

 

もちろん百均でも買いそろえられますが、その場合はケースが別売りだったり、本体とテープが別々になっていることもあります。

コンパクトタイプは小さいので、全てセットになって100円で売られているところもあります。

ホームセンターに売られている、持ち手が伸縮性になっているタイプは1500円~2000円程のお値段です。

通常タイプはケースと本体のセットになっているもので、500円~800円程です。

 

また本体は持っていて、替えのロール部分が欲しい方のために1本~3本入りのスペアも同時に店頭に並んでいます。

本体にロールがはめ込めれば、どの種類のロールタイプを買っても大丈夫です。

メーカーの違いによって、幅が微妙に違ってロールがはまらないこともあるので注意してください。

 

コロコロを使っている時に、勢い余って粘着部分のロールを伸ばしすぎて戻らないことってありませんか?

コロコロする向きをテープと違う方向に使ってしまうために起こる現象です。

 

百均のものはテープ部分が無地の物が多いのですが、本来のコロコロは進行方向に矢印がプリントされています。

この矢印の方向にコロコロを動かせば、粘着テープの部分がびよーんと伸びずに正しく使えるのです。

いつもテープ部分がぐちゃぐちゃになってしまう方は、少し金額が高いですが矢印が印刷されているものを選ぶといいでしょう。

 

 

コロコロで掃除しない時のおすすめでオシャレなケースがある!?

 

我が家ではコロコロはいつも使うものなので、テーブルの下や玄関先と視界に入る場所に置いてあることが多いです。

しかし急な来客や家で写真を撮るときにコロコロが見えてしまうと、一気に生活感が出てしまいますよね。

そんな時にぴったりなおしゃれなコロコロを紹介します。

 

今はスタイリッシュなコロコロ収納ボックスが増えています。

以前はカラーバリエーションもホワイトだけでしたが、最近では木目調であったり、カラフルなもの、モノトーンの物が選べるようになってきました。

純粋に本体を隠すだけではなく、予備のテープもストックできるサイズもデザインされています。

 

中には持ち手の部分が猫の手の形のものもあり、お掃除をしながら癒されること間違いなしです。

金額的には通常のコロコロよりも2倍~5倍ほどの高価なものもあるようです。

しかし、自宅のデザインに合ったものを選ぶことで、家とコロコロの一体感が生まれ生活感を隠すことができます。

 

ホームセンターでおしゃれなコロコロを取り扱っているところもありますが、雑貨屋さんや家具屋さんに行くとより独創的なものを見つけられます。

インターネットや通販サイトにもカラフルなものが揃っているので、探してみるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

紹介したもの以外に、テープが斜めになっていてテープの継ぎ目がわかりやすいものや、点線で切り取りやすく作られているものもあります。

 

私はよくテープの継ぎ目を探すのが下手なので、斜めになっているタイプを時々購入します。

使用用途に合わせて色んなタイプのコロコロがあるので、以前のタイプの物を使っている人も一度コロコロの売り場をのぞいてみてください。

きっと沢山のバリエーションに驚くと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました