実は知らない洗顔ブラシのデメリットと失敗しない使い方とは!?

美容

スポンサードリンク
 



皆さんは、まだ自分の手を使って顔を洗っていますか?

洗顔に使われるアイテムはお店に溢れています。

最近では特に洗顔ブラシが話題ですよね。

 

ブラシと聞くと歯ブラシのような毛先を想像しがちですが、全然違います。

毛先が柔らかくて、触っているのに触れていないような感触が特徴です。

 

月曜日から日曜日まで洗顔ブラシを使用しても問題ありません。

しかし使い始めは週に1度からにしてください。

一日に何回も使用すると皮膚がパリパリして突っ張ってしまうので控えてください。

 

ブームに乗れていない方、新しいことに挑戦するのが苦手な方にとっては踏み込みにくい領域かもしれません。

そんな方にも安心して選んでもらえるように、洗顔ブラシの情報を教えちゃいます!

 

 

スポンサードリンク




洗顔ブラシの効果が期待できない!その訳とは!?

洗顔ブラシは毛穴の汚れをそっと毛先でかき出すので、肌に優しく、化粧水やメイクが肌によく馴染むメリットがあります。

 

洗顔ブラシは良いところしかないんじゃないの?と思うかもしれません。

しかし正しい使い方をしないと、効果は期待できません。

二つのデメリットを踏まえた上で、上手な使い方をご紹介します。

 

一つ目はブラシを使っていて、思ったよりも汚れや黒ずみが落ちないことをデメリットと感じる方がいる点です。

その場合は、泡をたっぷりつけて毛先を立たせながら肌に優しく触れるように洗ってみてください。

ブラシを強く押し付けると、毛先が肌と並行になって汚れが落ちません。

 

二つ目は、使用後のブラシの管理に気を付けなければいけない点です。

そのままにしておくと、カビや雑菌が増えて次に使う時には肌にその雑菌が入り込むことになります。

 

洗顔後には皮脂汚れやファンデーションがブラシの根元にも付着しています。

それをきれいなお湯や水を使ってすすぎます。

なかなかすすいだ水がきれいにならない時は、メイク落としの出番です。

また、化粧落とし専用の洗剤も販売されています。

ブラシをきれいに洗ったら、次に使用するまで日陰に干しておいてください。

 

手入れが面倒な方や顔を力強く洗いたい方もいますよね。

しかし顔を洗ったついでにブラシを洗うことは難しくありません。

そばに洗顔フォームがあればすぐ解決します。

お風呂で使用する場合は洗った後によく水を切って、タオルをかけている場所にS字フックを設置していれば清潔を保てます。

ゴシゴシ洗顔が好きなあなたも、クリーミーな泡でマッサージしながら洗うことに慣れると、その気持ち良さが病みつきになりますよ。

 

ブラシの使い方を事前に調べておくと、デメリット以上のものに気付けるのでぜひ使ってみてくださいね。

 

 

洗顔ブラシのおすすめは何を基準に選べばいいの!?

あなたは他の人がどの価格帯のものを使用しているのか気になりますよね。

低価格は比較的チャレンジしやすいので、初めての方はまずはそちらを試してみるのもいいでしょう。

鼻が黒ずんで何年も思い悩んでいる方は、小さめの筆タイプのブラシがあるので、そちらを買ってみてもいいと思います。

 

洗顔ブラシの電動タイプは2千円ほどで店頭に並んでいます。

ハイレベルなものだと2万円位です。

消費者を悩ませるバラエティに富んだ金額設定になっています。

 

音波を使う洗顔ブラシは高価な方に分類されます。

メーカーによって、振動回数や毛先に違いがあります。

自動でわたがしのような泡が作れるので、自分で泡立てるのが面倒という方に向いています。

 

手動タイプは百円で買えるものから5千円位のものもあります。

手動の場合は、まず自分できめ細かい泡を作らないといけません。

泡立ちネットで泡を作る準備をしてからの洗顔は面倒くさいですよね。

低価格の手動の洗顔ブラシでも、もっちり泡をあっという間に作れます。

迷ったときはそちらを選ぶといいでしょう。

 

一番ポイントなのは触ってみて毛先が柔らかいものを選ぶことです。

毛穴に直に触れる繊細な部分なので、硬すぎると肌を傷つけます。

 

毛の種類で天然のものは馬やヤギなどの動物の毛を使っています。

また化学繊維が使用されているものでも、柔らかく仕上げられています。

ただ化学繊維にアレルギーがある方はよく調べて購入してください。

 

サイズもハンディタイプやスティックタイプのものと色々あるので、自分の手に合ったものを選んでください。

出先で使えるコンパクトタイプがいいのか、家でゆっくり使えるタイプがいいのかを考えて決めてくださいね。

最初は百均やドラッグストアのもので、使い心地を試してみるといいでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

生理前や妊娠中、体調を崩している時など肌の調子はいつもと違うことがありますよね。

そのような日は避けて、万全の体調の日に活用してみてください。

 

毎日のお手入れはついつい義務のようになってしまいますが、少しでも楽しくケアできると生活に潤いが出ます。

気持ちが落ち着いてリラックス効果にもなるのでチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました