おにぎりがアルミホイルにくっつく事を解消する画期的な方法とは!?

生活

スポンサードリンク
 



おにぎりは作りたても美味しいですが、遠足などで外で食べるおにぎりも最高ですよね!

 

みなさんはお弁当におにぎりを入れる時は、どのようにして持っていきますか?

我が家は昔、アルミホイルで巻いていましたが最近ではラップにくるんでいます。

 

それは、おにぎりがアルミホイルの内側にくっついて食べにくいためでした。

一緒に巻いたのりはアルミホイルにくっつく上、アルミホイルは固くて食べる時に口の周りに当たります。

段々とアルミホイルではなくラップを使うようになりました。

 

しかし最近、おにぎりにアルミホイルを使うことが再び注目されています。

ここでは何故おにぎりにアルミホイルが使われるのか、その理由を教えちゃいます!

 

 

スポンサードリンク




おにぎりをアルミホイルで包む理由はラップより美味しくなるから!

ラップが流通する前は、おにぎりや食品を包むにはアルミホイルが主流でした。

おしゃれとは言えませんが、アルミホイルしかなかったので仕方ありません。

 

最近では、おにぎりを包む際にラップよりもアルミホイルで包んだ方が、美味しさをキープできると話題です。

それは本当なのでしょうか?真実が知りたいですよね?

 

アルミホイルだと、くしゃっとなったホイルの隙間ができます。

この隙間によって、ごはんとアルミホイルが密着しすぎません。

ごはんから出た水分もこの隙間に溜まるため、雑菌が繁殖しにくいというメリットがあります。

 

次に美味しいおにぎりをキープするためのポイントをご紹介します。

 

おにぎりを握る時は、素手で作るよりも雑菌が入りにくいのでラップを使用します。

ごはんがまだ熱々なので、しっかり冷ましましょう。

温かいままだと粘り気があり、アルミホイルにべたっとつきやすくなるためです。

 

そして包む前に、一度アルミホイルをくしゃくしゃっと軽く丸めます。

くしゃっとしたアルミホイルに、ふんわりとおにぎりを包んだら完了です!

 

簡単ですよね!

また最近は、お弁当グッズも豊富になってきました。

 

100均やホームセンターではおにぎり用のホイルが売られています。

これはごはんが内側にくっつかないように工夫されているものです。

アルミホイルの内側のごはん粒がつくのが許せない!と思っていた方にぜひ使っていただきたいアイテムです。

 

アルミホイルは適度に水分が飛ぶので、雑菌の繁殖するスピードが速い夏場のお弁当に向いています。

しかし最近は昔と違い、夏の気温がとても高く暑苦しいほどです。

外でお弁当を食べる際には、保冷剤も一緒に入れておくのを忘れないでくださいね。

 

 

おにぎりをアルミホイルで包んでも海苔をパリッと保つアイデアはコレ!

アルミホイルのおにぎりが敬遠される理由として、のりの食感が変わることではないでしょうか。

ラップでも言えることですが、どうしても時間が経ったおにぎりののりはべちゃーっとしてしまいますよね?

 

シナシナになったのりが好きな人もいるかもしれません。

私はのりが口についたり歯についたりするのがとても嫌でした。

なのでおにぎりは、ごはんに混ぜ込むタイプのふりかけで味付けされたものばかり食べていました。

 

おにぎりに巻くのりは主役と言ってもいいでしょう。

お弁当のおにぎりは、どうすればのりをパリパリの状態のままで持っていけるのでしょうか?

 

そのヒントはコンビニのおにぎりでした!

コンビニのおにぎりはいつでもパリパリののりですよね?

 

コンビニのおにぎりと同じ方法で持っていけば、パリパリのままで維持できます!

パリパリののりを持っているラッピング方法をご紹介していきます。

 

まずアルミホイルをのりの三倍の長さで切ります。

中央にのりを乗せて、左右を中心に向かって折りたたみます。三つ折りにする感じです。

左右はのりから1センチほど余裕を持たせると、後で開ける際に楽になります。

 

三つ折りにしたら、裏返します。

アルミホイルを裏返し、その真ん中にセロハンテープかマスキングテープを縦に貼っていきます。

上の方のテープは1~2センチ長めにアルミホイルから出るようにしてください。

その時にホイルから出たテープの部分を、粘着面が出ないように折りたたみます。

 

先ほどテープを張った面を裏返します。

テープを長めに出した方は下になるように置きます。

そこにおにぎりを置いていきますが、上から1~2センチほど開けて置いてください。

ぎりぎりに置くとアルミホイルからおにぎりがはみ出してしまいます。

 

そして下からアルミホイルを持ってきて、おにぎりをしっかり包み込みます。

テープの部分がうまくおにぎりの頂上に来たら完成です。

 

売られているおにぎりのように、テープを一周引っ張るとパリッとしたのりが顔を出してくれます!

 

この時に使用するアルミホイルは通常のものでもいいですが、ごはんがくっついてしまって上手にはがせないこともあります。

 

その場合は、ホイルにサラダ油を薄く塗るとごはんがくっつきません

サラダ油ではなく、ごま油だと香りも良く食欲がすすむというメリットもあります。

 

のりがパリッとしたおにぎりを食べたい方はぜひ試してくださいね。

 

 

まとめ

お弁当の時間は大人も子どもも本当に楽しみですよね!

そのお楽しみの時間に少しでも、美味しいおにぎりが食べられると午後からも頑張ろうと思えます。

 

動物の顔がプリントされたアルミホイルも売られています。

我が家では遠足の時やお花見に行く時には、このホイルを使っています。

 

お弁当が楽しみな子どもだけではなく、作っている私も楽しくなれます。

子どもの喜ぶ顔を想像しながら、おにぎりを作るのはとても幸せなひと時です。

 

みなさんもぜひおにぎりを持っていく時にはアルミホイルで包んで、美味しいお弁当を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました