年賀状作成を忘れた!優先順位をたてて手書きに切り替えよう!

イベントや行事ごと

スポンサードリンク
 



気付いたら12月も半ば。

あ、年賀状作成忘れてた・・・

やばい、どうしよう~

なんて経験、ありませんか?

焦りますよね。

 

師走って、本当に早いですよね。

気付いたら年末、あっという間にお正月がやってきてしまいます。

 

年賀状作成を忘れていたことに、年末が近づいてから気づいた場合どうしたらいいのか、なるべくなら、毎年出している人には元旦に間に合うように出したいところ。

でも、どうしても無理な時はこんな風にしてはいかがでしょうか。

 

続きを読んでみてください。

 

 

スポンサードリンク




年賀状作成を忘れたことに気付いたら

あなたは、毎年いつ頃から年賀状作成を始めていますか?

 

人によると思いますが、早い人は業者が印刷申し込みスタートと同時に申し込んで、それが仕上がり次第あて名書きを始めるという人もいますよね。

また、年賀はがきを11月1日の発売日に購入したら、早めに自分で作成スタートという人もいます。

 

私は、パソコンが自宅にない時は早割を利用して、早めに業者に依頼して年賀状印刷をしていました。

パソコンを購入してからは、早めに早めに年賀状作成に取り組んでいます。

でも職場の先輩の話ですが、彼女は毎年お正月になってから年賀状を書くと言っていました。

 

年内には基本的に書かないで、年が明けて年賀状をくれた人に自分も書くようにしているという話でした。

だから私からの年賀状は絶対に元旦には届かないからね!宣言を毎年されました。

 

なるほど、そういうやり方もあるのか!と思いましたが、それは先輩の話なので後輩の身としては元旦に届かないと失礼だと思い、年内に作成し投函しています。

親戚や上司にも、もちろん元旦に届くように出しています。

 

でも、主人の職場の後輩さんもお正月は毎年帰省しているから、帰省から自宅に戻ってそれから年賀状を見てもらった人に自分も出す

というスタイルの人がいます。

 

そういう人、最近増えているんですかね。

確かに、もらった人数分ハガキを購入して書くわけで無駄はありません。

反対に、そういうスタイルにすれば年内に年賀状作成忘れた!

と焦る必要もありませんよね。

 

その主人の後輩さん

「帰省から戻ったら年賀はがき売り切れてました~」

と普通ハガキに、こういうコメントを書いて、年賀状として我が家に届いたこともありました。

 

正直な人ですね。

さて、でもやっぱり年賀状は年内に作成してきちんと出したい!

だけど作成忘れた・・・困ったという方、いくつか方法を紹介します。

 

 

年賀状の作成を忘れたら手書きにする!

年賀状は、必ずパソコンで作成したり、業者に依頼したものではないといけないなんてことはありません。

最近、それが主流になりつつあるかもしれませんが、本当は手書きがいいと私は思っています。

きっと同じように思っている人もたくさんいると思いますが、なかなか何枚も大量に手書きは無理ということで、印刷しているのではないでしょうか。

 

そこで、

「1つ目の提案」

印刷された年賀はがきを購入して手書きで作成。

これが無難かなと思います。

 

印刷されたハガキがコンビニでも買えますよね。

それを購入して、新年の挨拶を手書きしてみませんか。

心もこもるし、年賀状作成を忘れたという失敗も相手に気付かれずに済みますよ。

 

「2つ目の提案」

優先順位を決めましょう。

手書きで年賀状を書くとしても、年賀状を出したい相手全員に間に合えばいいですが、間に合わない場合もありますよね。

 

その場合は、誰には絶対に元旦に届くようにしたいのか優先順位を決めましょう。

  • 会社の上司
  • 職場の同僚
  • 親戚
  • 友達

年賀状を出そうと考えている人の中で、今から手書きをしたら何人書けるか?を予想して誰から優先的に書いていくのかを決めて取り掛かりましょう。

 

順次、元旦には間に合わなくても、三が日中に届くように手書きをして進めていくのか3つ目の案もあるので紹介します。

 

「3つ目の提案」

それは寒中見舞いを出すことです。

年賀状を出すのは、年が明けて年賀状をいただいた人へ、寒中見舞いを書くという方法もあります。

そこに年賀状を書けなかったから、寒中見舞いを出すということをメッセージに添えて、お詫びの言葉も書き添えると良いですね。

 

年賀状作成は、12月半ばには終わらせておくのが理想的と言われています。

でも、人それぞれ難しい年もあると思います。

その場合は、今回紹介したような方法で新年の挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

私は、年賀状作成を始めると一気に仕上げたくなるタイプなので、週末など時間をまとめて確保出来る時に作成します。

ただ、11月や12月はイベントが多くて、うっかり忘れそうで心配なので、毎年カレンダーや手帳に「年賀状!」とメモをしておきます。

 

これで、うっかり忘れても、毎日カレンダーや手帳を見て思い出すのでなんとか期日までには間に合うように作成できています。

それでも何人か間に合わない時は、私も完成しているものを購入してきて、手書き年賀状にしています。

 

昔は、全て手書きとスタンプやシールを組み合わせて作成していたので、それも楽しいです。

年賀状作成を忘れたら

  • 印刷されているものを買ってメッセージは手書きにする。
  • 全員には間に合わない場合、優先順位を決めて書き進める。
  • どうしても間に合わない場合は、お詫びの言葉を書き添えて寒中見舞いを出す

このように、対策はあるので諦めずに取り組んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました