ミニ水筒120mlが使えないと感じた主婦が実際使った感想とは!?

生活

スポンサードリンク
 



ミニ水筒をご存じでしょうか?

一般的な水筒に比べるととてもスリムで小さな水筒です。

 

始めて見た時に私は「こんなのすぐに飲み干してしまうから使い道ないなぁ」と思いました。

でも、ある時友人にプレゼントされ使ってみると想像以上に使いやすく、今では夫婦で毎日のように愛用しています。

 

今回は私とサラリーマンの主人が小さいミニ水筒を使ってみた感想をお伝えします。

 

 

スポンサードリンク




小さいミニ水筒はおしゃれで軽いだけではない私が感じた事とは!?

ミニ水筒が注目され広がってきた2019年の秋頃、私は久しぶりに会う友人からミニ水筒をプレセントされました。

 

雑貨屋やインテリアショップで見たことがあったのでミニ水筒のことは知っていたのですが、正直お店で見た時に「おしゃれだけど使い物にならない・・」と思っていました。

 

なので友人からいただいた際にも心の中では「使わない物もらっちゃったなぁ・・」と。

でもそれを機に使ってみるととても使いやすく、今では手放せない存在です

 

そのミニ水筒は本当に120mlのマグカップサイズなので、ごくごく飲むと一瞬でなくなってしまいます。

 

現在、主婦の私は仕事に出ている訳ではないので家の中で過ごす時間が多いのですが、一日の中で一番ミニ水筒を使う場面は夜です。

 

寝る時にベッド横に温かいルイボスティーやジャスミンティーを入れて置いておき、夜に子供を見るのに起きた際、飲んでいます。

 

眠いし冬は寒くてあまり動きたくないし・・・

パッと飲める水筒は本当に便利です。

小さくて軽いので、寝ぼけた手元にも丁度いいんですよ。

 

 

小さいミニ水筒は主人にも人気があった理由とは!?

 

あまりにもミニ水筒が気に入った私は主人にも勧めてみました。

 

ただ主人は今まで会社に水筒を持っていくことはなかったですし、もし持っていくとしてもミニ水筒の容量はあまりにも少なく、絶対にいらないって言われるだろうと思っていました。

 

でも意外なことに私の提案にのってきたのです。

勧めておきながらも私は内心「え?どうして?」って。

 

サラリーマンの主人は今まで日中の飲み物は会社内に設置された自販機でペットボトルを買っていたのですが、最近はエコについて会社内で話すことが増えてきたようで、主人としても水筒を持っていくことでペットボトルを買う必要がなくなり環境への配慮と更に節約にもなると、一石二鳥ということだったようです。

 

「ただ、さすがにミニ水筒だと容量が少ないよね?」

と聞くと、なんと給湯室でお湯が使えるとのこと。

 

早速スーパーでティーバッグを購入し、主人はミニ水筒とティーバックを持っていくスタイルとなりました。

それから数か月、主人は家から持参しているティーバッグや粉を溶かすスティックタイプのお茶や紅茶、コーヒーで1日に何度か自分で飲み物を作り満足しているようです。

 

しいていえば、やはり水筒なので保温効果があり、給湯室の熱湯だと飲むときに熱すぎるのが難点だとか。

それでも大活躍のようで、買って正解だと言っています。

 

 

小さいミニ水筒の口コミと何に使うのか?その使用用途とは!?

私の周りでミニ水筒を使っている人から聞いた声をご紹介いたします。

 

  • 「私は2本使い!お茶とコーヒーの2種類を出勤するときに持っていきます。」
  • 「散歩の時に小さく軽くてよい。今までのだと余っていたがこれは飲み切っています。」
  • 「出掛けるとき子供のミルクを作るお湯は少しあればいいのでこれが便利です。」
  • 「女性用の小さなバッグに入るミニボトルは最高。」
  • 「軽くて少量なので、年老いた母親が持って出掛けるのに最適でした。」
  • 「出先で薬を飲むのによい。」
  • 「環境を考えて会社はペットボトル禁止に。ウォーターサーバーがあるので、ミニ水筒をマグカップ替わりに使っています。」
  • 「リュックのサイドポケットに入れやすくていい。けど洗いにくい。」

 

こうしてみると皆さん、うまく使いこなしていますね。

 

最後の洗いにくいという意見は確かに同感です。

手が入らないので、自分の感覚でゴシゴシ洗いたい人には悩ましいところ。

スプレータイプの食器洗い洗剤やブラシを使い洗うのがよさそうです。

 

 

小さいミニ水筒はかわいいだけじゃない!お手頃で想像以上の機能とは!?

ミニ水筒とは容量が200ml以下という少量タイプの水筒をいい、2019年女性を中心に大ヒット商品となりました。

有名なところでは「POKETLE(ポケトル)」でしょうか。

 

今までは小さい水筒といわれイメージするのは350ml~500ml程度でしたが、日本最小といわれ発売されたポケトルは120mlと小さめのマグカップ容量です。

 

お値段は1000円台のものが多く、ほとんどのものに保温・保冷機能がついています。

このスマホ感覚で持てる小さなマイボトルが想像以上に軽いし使いやすいと今では愛用しています。

 

 

まとめ

今回は人気急上昇のミニ水筒について書かせて頂きました。

私も愛用中の小さなマイボトルは家でも出掛ける時にもとても便利で、もう1個買い足そうかと思っているくらい。

見た目が可愛いところもお気に入りです。

続々と新しい商品が発売されているようで、今後さらに人気が上がりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました