窓の断熱カーテンやシートとフィルムで夏や冬を快適に過ごせるのか!?

生活

スポンサードリンク
 



冬はどうしても部屋の暖房が温まるまで時間がかかります。

夏は近年の猛暑の影響もあって夜もエアコンをかけて過ごすという経験はありませんか?

 

年々猛暑による、世界中の温暖化が進んでいます。これは深刻な気候変動問題でもあります。

 

仕方ないことなのでしょうか?

いいえ!実は少しでも自分の身を守る方法として、家庭だからこそできることがあるんです。

 

少しでもこの気候の変化から身を守るためにはどうしたらよいでしょうか?

いくつかある方法の中で、まずは簡単にできることに着目してみましょう。

 

 

スポンサードリンク




窓の断熱カーテンとカーテンライナーをニトリで買った効果とは?

その名の通り、「熱を断つ」効果のカーテンのことです。

通常のカーテンよりも生地が厚く、素材にコーティングを施した高い断熱効果があるものをいいます。

 

二重サッシに交換するには金銭的に大変だったりしますよね。でもカーテンなら誰でも簡単に取り付けることができます!

 

そこで、断熱カーテンについて調べてみました。

 

断熱カーテンというのは、外気を遮断して、室内の空気を保温する効果が期待できるものです。紫外線を遮るため、夏は温度上昇を抑えて涼しく、冬は暖かく快適に過ごすことができます。

 

冷暖房費の節約にもつながるので、省エネでとても経済的です。

生地も通常の市販のものと違い、裏生地に特殊加工が施されており、気密性が高いので、保温効果もぐんと良くなります。

 

冬場に室内が温まらない原因に、コールドドラフト現象が考えられます。

 

コールドドラフト現象というのは、室内の温かい空気が、冷たい窓に触れることによって冷えてしまい、せっかく温まった室内の空気を冷やしてしまう現象のことをいいます。

 

暖房を使っているのに、なかなか足元が寒いなぁと感じた経験はありませんか?

 

冷たい空気は重くて下に溜まりやすい性質であるので、それが冷えを感じる要因となるのです。

 

カーテンでしっかり窓との間を仕切れていない場合は、この現象が起きている可能性が高いでしょう。

 

窓とカーテンのサイズを確認し、設置することで冷気をシャットアウトできます。

このひと手間で、部屋の環境は変わってくるのです。

 

  • 断熱カーテンでしっかりと窓と室内を仕切ることで、室内の空気が窓に触れて冷えるといった要因が減ります。
  • 温まった空気を外に逃がすこともないため、部屋の温度管理も調整しやすくなります。

 

冬になるとどうしても足元が寒いと感じる場合は、断熱カーテン等がしっかり使えているかを見直すことが重要になります。

 

我が家は雪国のため、寒さ対策は重要になります。

カーテンを開けると、外の光は入るものの、暖房効果も窓から逃げてしまいました。

 

温かい部屋でもカーテンをしたままでは薄暗いので、ちょっと寂しかったです。

だからこそ効率的に光を取り込みつつ、暖房効果があがるものをネットでリサーチし、最初に見つけたのが断熱カーテンやシートでした。

 

まず我が家で取り入れたのはカーテンとライナーです。

二重サッシにするには費用の問題もありましたので、ニトリで買いそろえて実際商品を見てみると、機能性だけでなくデザイン性もあり、驚きました。

 

カーテンは値段が手頃ながら厚みもあり、十分断熱効果は高まり、そしてライナーもしっかりした厚さや目隠し効果がありました。

 

光もしっかり取り込んでくれるし、機能性以上に効果があったので、費用的に「二重サッシじゃあ・・・」と考えている方はいかがでしょうか。

 

 

窓の断熱シートは夏用と冬用で防犯も兼ねて快適に過ごせる方法とは?

では熱い夏はどう乗り切れるでしょうか?

 

断熱カーテンに更にプラスすることで、より快適に過ごせるアイテムがあります。

断熱シートはご存じでしょうか?

 

空気の性質は暖気は上へ、冷気は下がります。夏場は冷房をつけても外気温が高いためすぐに温度は下がりません。そこで、サーキュレーターなどで気流を変えることで、冷気が循環し、室内が涼しくなります。

 

しかし…それでも熱が侵入しやすい場所があります。

 

それが「窓」です。

 

熱の影響を受けやすい窓ガラスに断熱シートを貼ることで、外気が遮断され部屋に熱を通さない効果が期待できます。

 

断熱シートは用途によって使い分けることができます。

  • 夏用…冷房効果が高まり、直射日光・紫外線を遮断する。
  • 冬用…断熱効果が高く、結露抑制にもなる。
  • オールシーズン…夏冬の機能効果が得られる優れもの!

 

断熱シートには、透明タイプ・半透明のものがあります。

透明タイプは光を取り込みつつ、断熱できる効果があります。外から部屋内をあまり見られたくないと感じる方には半透明タイプのものを選ぶのもオススメです。

一人暮らしの女性なら防犯も兼ねることができます!心強いですね。

 

最近は部屋の雰囲気を変えることができる機能性とデザイン性のある断熱シートが数多くあります。

 

断熱シートの良さは簡単にホームセンターで買え、試すことができること。より季節に合わせて自分の部屋に合ったものを選ぶことができるのがオススメポイント。

 

ネットでも、サイズを測れば簡単に買うことができます。

 

サイズによって2000円以内という商品もありますし、水で簡単に貼れる材質ありますので、試すには良いアイテムといえそうですね!

 

結露予防も兼ねて、窓にシートを冬期間は貼りました。外からの目隠しにもなりますし、光を取り込むのにも丁度よいアイテムとなりました。

 

 

窓用断熱フィルムの効果でさらに節電・暖房効果も期待大!

シート以外にも、断熱フィルムも似た効果が得られます。

 

特徴はシート同様に、室内の熱源が発生する熱を、窓から逃げないように閉じ込めるものです。

そうすることによって、室内の温かさをキープしてくれる機能を備えています。

 

断熱フィルムの種類には

  • 防犯機能のマジックミラータイプ
  • おしゃれなステンドグラスタイプ
  • 紫外線カット

といった優れものもあります。

 

 

冬におすすめ!窓の断熱カーテンやシートで効果を高める使い方とは!?

窓のそばに立つとひんやりと感じることはありませんか?窓はガラスなので、どうしても外気からの熱の影響を受けてしまいます。

 

つまり冬の寒さ対策のカギは「窓」です。

 

窓から侵入する冷気を遮断することで、上手に部屋の暖房効果を高めることができます。

 

冬場に室内が温まらない原因に、コールドドラフト現象が影響していたのを覚えていますか?

 

工事するにもお金がかかる!というのでしたら、今回は自分でできそうな対策をいくつかご紹介します。

 

①断熱カーテンに変える。

まずはカーテンの長さを採寸し、窓から冷気が侵入しないようにします。

ライナーも同様に効果のあるものを設置することで、効果はアップします。

 

②部屋に合った断熱シートや断熱フィルム等を貼る。

ホームセンターでも簡単に手に入りやすいものなので、DIYにはもってこい。

透明なものから目隠しのできるものまで幅広くそろっている良いアイテム。

 

デザイン性もありますので、おしゃれも楽しめます。

ぜひ試したいアイテムの一つです。

 

 

まとめ

私の住んでいる地域は、雪が多いので冬はとても寒く夏はとても暑い地域でもあります。

近年の異常な温度上昇で、夜もエアコンなしでは眠れないほどです。

 

だからこそ、まずは自分でできることをする必要があります。

今回は、窓からできる断熱効果をアップさせ、ぐんと快適に過ごせるアイテムをご紹介しました。

 

我が家でも厚めの遮光・遮熱カーテンとライナーを使用しているおかげで、暑さから離れることができます。

 

以前はライナーの長さすら気にしなかったのですが、冬は冷気の侵入を考えて、窓の長さとのバランスを考えるようになりました。

 

おかげで窓から感じる冷気はぐんと減り快適に冷房の効果がでました。

これからも身近に手に入るものを上手に使いながら節約し、快適な生活を過ごしたいと思います。

ぜひお試しくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました