Toeicの点数が上がらない時に実践した勉強法と問題集はコレ!

お仕事や資格

スポンサードリンク
 



大学生はtoeicで何点取ればいいのでしょうか?

 

toeicは英検のように合否判定ではありません。

そのため何点を目標にすれば良いのか悩むところです(‘ω’)

 

toeicはただ受けるのではなく、今回は何点取ると目標を持つことが大切です。

就職で評価される点数の目安についてご紹介しますね。

 

これだけでなくtoeicの点数を上げる勉強法もあなただけに伝授します

 

何回か受けたけど点数が上がらないという方は勉強法が間違っているのかも…

正しい勉強法をマスターしましょう!

 

 

スポンサードリンク




Toeicの点数アップに必要な勉強法と対策は時間配分がカギ!?

私はtoeic対策の勉強を全くせず初めてのtoeicに挑みました。

今思うとかなりのチャレンジャーでした(^^;)

 

中学生の時から英語が得意でした。

そのため勉強しなくてもtoeic600点くらいは取れるだろうと思っていました。

 

初めて受験した時の感想を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 時間が長すぎる!
  • 問題量が多すぎる!

 

なんと結果は400点…

英語に自信があった私は大きなショックを受けました。

 

2回目は自分で英語の勉強をしてから試験にのぞみました。

しかし結果は前回とほぼ変わらず…

 

サークルの英語が得意な先輩に点数が上がらないと相談したところ、こんなアドバイスをもらいましたよ(‘ω’)

 

toeicはtoeic専用の問題集で勉強しないと得点が上がるわけないじゃん!

 

この時toeicに出やすい英単語やイディオムが集められた英単語集が書店で販売されていることを知りました。

 

もしも今あなたがtoeic専用の問題集を持っていないのだとしたら、toeic専用の問題集を購入して勉強しましょう。

 

【揃えておくべき問題集】

  • レベル別英単語&英熟語
  • レベル別文法問題
  • レベル別長文問題
  • レベル別リスニング問題

 

toeicには出やすい問題があります。

主に実際のビジネスの場で使われる英語から出題されます。

 

toeic専用の問題集は過去に出題されたたくさんの問題を分析して作成されています。

出題されやすい問題がたくさん出てくるため、当然toeicの点数も上がります。

 

書店に行くと分かるのですがtoeic専用の問題集は目標スコア別に分かれていることがほとんどです。

あなたがtoeic600点を目指すのならば600点程度を目指す問題集を選びましょう。

 

これ以外にtoeic直前の仕上げとして模擬試験タイプの問題集を購入することをおすすめします。

 

toeic試験本番を想定して作られた問題構成となっている本です。

時間を計りながら解きます。

 

toeicは休憩なしの120分です。

時間配分を身につけることこそが点数アップにつながります。

 

時間配分を考えておかないと最後の問題まで辿り着くことができません。

 

模擬試験を解きながらこの長文は5分以内で解くなど自分なりに時間配分を考えておきましょう。

 

また模擬試験を解くことにはこんなメリットもあります。

2時間連続で問題に取り組むことで忍耐力をつけることができます。

 

私が最初に受けた時、とにかく試験時間が長すぎると感じました。

こんなに長いものだと知らなかったため、途中から集中力も途切れていました

 

2時間忍耐強く問題に取り組めないとtoeicの点数を上げることはできません。

 

 

Toeicの点数が評価されるのは何点から?どのような職業に有利!?

私が大学生になったのは1996年です。

当時は英検が主流で、toeicという試験問題の存在を初めて知りました。

 

大学に入学すると、数ヶ月後には一斉にtoeicを受験することが義務づけられました。

 

toeicはビジネス英語だから就職に有利なのかなぁくらいの認識しかありませんでした。

何点取れば良いのかなど具体的な指導が全くなかったため、ただ受験して終わりでした。

 

当時具体的に就職するには何点取らないといけないよとの指導があれば、もっと頑張れたのではないかと思っています。

 

英語を勉強する上で目標を持つことはモチベーションを維持するためにとても重要です。

 

これから就きたい仕事別にtoeicで取るべき点数の目安を一緒に確認していきましょう。

 

【toeic560点〜】

就職を希望する企業は多分英語は使わない。

そのような場合はtoeic560点を目標に定め、取得しておきましょう。

 

【toeic600〜700点】

旅行業や航空業への就職を希望するならtoeic600〜700点は必ず取得しておくようにしましょう。

 

【toeic700点〜】

海外に支店を持つ企業は仕事で英語を使う頻度が高いです。

そのため社員に高い英語力を求めます。

 

英語の塾講師を希望する場合も700点以上あると採用試験の時に評価されます。

 

【toeic800点〜】

英会話講師や通訳、翻訳など英語のスキルで食べていこうと考えるならば最低でもtoeic800点は必要です。

 

翻訳や通訳の求人を見ていると900点以上が求められることも少なくありません。

ネイティブばりに英語でやり取りできる高い英語力が必要とされます。

 

この章のまとめとしてワンポイントアドバイスをしますね。

 

toeicを受験する前には、何点を目指すのかしっかり目標を定めよう!

 

 

まとめ

今回ご紹介する内容はここまでとなります。

 

toeicはビジネス英語の力を証明する検定です。

就職活動の際に重要視されるため学生時代に定期的に受験することをおすすめします。

 

就きたい企業が求めるtoeicの点数を目標にして勉強に励みましょう!

 

toeicの点数が上がらないとお悩みの場合は今回ご紹介したような勉強に取り組んでみてください。

驚くほど点数がアップしていきますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました