体操服の名前の布はアイロンで剥がれないしっかりした品物が最適!

子育ての悩み

スポンサードリンク
 



体操服に名前を付ける時に、どんな素材の布がいいのか迷っていませんか?

何度も洗濯するものなので、丈夫ではがれにくいものがいいですよね。

 

体操服には、アイロンで簡単につけられるタイプ便利な「水着用のお名前接着シールおススメです。

 

とはいえ、洗っているうちにはずれてしまわないか心配ですよね。

そこで、アイロン付けでも簡単にはがれない貼り方があるので、ご紹介します。

 

また、少しがんばって手作りしてみたい!という方に、簡単にお名前ワッペンを自作する方法も解説するので、最後まで読んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク




体操服の名前はアイロンで剥がれない付け方と布の素材選びが肝心!

 

体操服はすぐ汚れるので、何度も洗っているうちに名前がはがれてくることがありますよね。

そこで、オススメなのが「お名前接着シール」です。

 

忙しいお母さんや、毎日体操服が必要で枚数が多いお母さんでも、アイロンで簡単につけられるから嬉しいですね。

 

アイロン接着のシールがはがれてしまう原因は、正しい付け方ができていないことが多いんです。

まずは、しっかり付けられる方法を解説します。

 

  1. アイロンを中温にしっかり温める

温度が上がりきる前に始めると、うまく貼りつかないのでしっかりと温めましょう。

また、適温は製品で違うことがあるので説明書をよく読んでくださいね。

 

  1. あて布をして、上から体重をかけて押さえるようにアイロンする

ここでのポイントは、スライドさせたり動かしたりしないことです。

 

  1. 完全に冷えたら裏側からも同様にあてる

裏側からもアイロンをあてることで、しっかりくっつきます。

 

  1. 完全に冷めるまで触らない

これが一番大事です。

くっついているかなと端をめくってしまうとはがれやすい原因になります。

 

私は初めて接着シールを付ける時に、しっかりくっつけようとアイロンをガシガシ動かしていました。

さらに、まだ熱いうちに端をめくって確認して、案の定すぐにはがれて大失敗でした。

正しい手順で付けたら、シールと服がしっかり密着してくれましたよ。

 

洗濯を頻繁にしない物ならこの付け方の手順で十分なのですが、何度も洗う体操服はお名前シールの布選びも大切です。

 

体操服に付けるお名前シールの布素材は「水着用」を選びましょう

水着用がはがれにくいのは、素材が伸び縮みして丈夫だからです。

 

私は水着用の存在を知らなくて、はがれてくるお名前シールに悩まされました。

娘も気になるみたいで、めくれた端を引っぱって、さらにはがれるという事態でした。

 

「たくさん洗濯しても大丈夫なものはないかな?」「やっぱり縫いとめるしかないんだ」と当時は諦めていました。

しかし、娘が小学校に入学して、水着用の名前シールがすごいことに気がついたんです。

 

ぐんぐん伸びて、洗ってもはがれない!これだ!

もっと早く知りたかったと思ったので、入園準備中のお母さんはぜひ使ってみてほしいです。

 

お名前シールがはがれやすくなってしまう原因は、体操服とシールの伸縮性の違いからだったんです。

 

体操服はニット生地で動きやすいですよね。

シールも伸び縮みする素材でないと、引っ張られてはがれてしまいます。

 

さらに、水着用は水に強い素材なので、たくさんお洗濯しても安心ですし、ネームペンで書いてもにじまないのが嬉しいです。

それでも、にじみが気になる方は、霧吹きなどで布を濡らしてから名前を書くとにじみにくいですよ。

 

さて、はがれないのも大事ですが、手作りのお名前ワッペンなら子どもが喜びますよね。

裁縫が得意ではない私でも、簡単に作れた自作ワッペンを次でご紹介します。

 

体操服の名前をワッペンを簡単に手作りする方法

子どもにとってお母さんの手作りは、なによりも嬉しいものですよね。

お名前ワッペンも手作りしてみませんか?

簡単にできるフェルトワッペンをご紹介します。

 

用意するもの

  • 洗えるフェルト
  • お名前テープ(水着用)
  • お好みのワッペンシール
  • 両面接着シート
  • アイロン

 

フェルトワッペンを作る手順はこちらです。

作り方

  1. フェルトを好きな大きさと形に切る
  2. 両面接着シートをフェルトより少し大きめに切っておく
  3. 名前を書いたお名前テープを、切ったフェルトにアイロンでつける
  4. はがれないようにお名前テープのまわりをステッチ縫いする
  5. フェルトの縁をブランケット縫いするとカワイイ
  6. お好みでワッペンシールを飾ってアイロン付けする
  7. 両面接着シートのザラザラした面をフェルトの裏側にかさねてアイロン付け
  8. はくり紙をはがして体操服にアイロン付けして完成

 

凝った刺繍ワッペンならしっかり作りこまないと、洗濯した時にほつれてしまいますが、フェルトワッペンなら簡単にできますね。

 

娘の保育園は派手なデザインを禁止していたので、私は娘の好きな紫色をベースのフェルトに使ってシンプルなものにしました。

 

100均で買った小さなワッペンシールもつけるだけで、オリジナル感がでるのでオススメです。

娘にも大好評でした!

 

まとめ

 

たくさんお洗濯が必要な体操服には、はがれにくい水着用のお名前シールが良いです。

正しいアイロンの付け方でやれば、しっかりとくっついてくれますよ。

 

手作りのフェルトワッペンは簡単にできて、子どもも喜んでくれるので、試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました