二の腕のブツブツが治った私の失敗談から原因とケアする方法とは!?

美容

スポンサードリンク
 



夏になったら肌を出したいけど、二の腕のブツブツが気になって出せない!と悩んでいませんか?

 

モデルさんたちはツルンとしたキレイな二の腕をしているのに、「どうして私はブツブツ、ザラザラしているんだろう?」と私も学生のときから悩んでいました。

恥ずかしくて好きな服も着れないし、でも人には相談しづらいんですよね。

 

そんな私でしたが、今では治ってノースリーブも着れるようになりました。

そこで、二の腕のブツブツが治った体験談をくわしくお伝えしたいと思います。

失敗談と治った方法、自分でできるケアをお話しますね。

 

スポンサードリンク




二の腕のブツブツの原因は肥満?知らずにやってしまった失敗とは!?

「どうして二の腕がブツブツするんだろう?」と不思議ですよね。

これは、毛穴に古い角質が詰まることで起こるんです。

 

角質は皮膚が硬くなったもので、いちばん表面の角質は自然にはがれ落ちて、肌が新しく生まれ変わります。

この繰り返しが肌の「新陳代謝」です。

 

新陳代謝がうまくできないと、白く小さな湿疹のようなプツプツができてしまいます。

いろいろな原因が考えられるのですが、「肥満」も原因のひとつと言われていますよ。

 

原因は肥満?

私が二の腕の異変に気づいたのは、小学校高学年くらいのときでした。

始めは「少しザラザラするな」程度だったのでそんなに気にしていなかったと思います。

 

でも、中学2年生のときに食べ過ぎが原因で急激に太ったんです。

その頃から二の腕はザラザラから、ブツブツに変わって赤みも出てきました。

 

油っこい食べ物やスナック菓子、インスタント食品が大好きで、毎日のように食べていました。

そんな体に良くない食生活では肌荒れはするし、新陳代謝も悪くなりますよね。

太れば太るほど、ブツブツは悪化していきました。

 

まわりの友達に同じ症状の子がいなかったので、恥ずかしくて悩んでいたことを覚えています。

当時、どうにかしたくて実際にやってみたことをお話します。

 

失敗例

  • 垢すりでゴシゴシ擦る

お風呂に浸かって肌を柔らかくしてから、垢すりで二の腕をゴシゴシ擦りました。

痛いと感じるくらい強い力でやりましたが、赤くなるだけで改善することはなかったです。

 

  • 裁縫用の針でつつく

肌の表面がブツブツと丸く盛り上がっているので、それを針でつついてみました。

ニキビのように白い皮脂や汚れが出てくるかと予想したんです。

でも、ただ単に痛かっただけで、この方法もぜんぜん良くならなかったです。

 

悲しいことに、どちらも全く効果がありませんでした。

それどころか赤みが増してしまったので、肌を痛めつけるような方法はやらない方が良いと実感しました。

 

では、「治すのは無理なの?」と思いますよね。

次で、私がどうやって治ったのかをお話します。

 

二の腕のブツブツを治す方法は年齢だけではなく食生活にもあった!?

「擦っても、つついても全然治らない!」と悩んでいた私ですが、20代前半くらいのときに改善し始めたんです。

 

そもそも二の腕のブツブツは、歳を重ねるうちに自然に改善すると聞いていましたが、実際に私も25歳の頃にはキレイに治りました。

 

とはいえ、できることなら早く治したいですよね。

私が治りはじめる前に、大きく変わったことがありました。

  • 食生活の改善
  • 8キロ痩せた

 

就職して働き始めたのをきっかけに、食生活が変わりました。

 

具体的な変化は、スナック菓子などの間食をする暇がなくなったことと、お昼ごはんは手作りのお弁当を持って行ったことです。

仕事で適度に忙しくなって、規則正しい食生活を送れるようになりました。

 

その甲斐もあり、体重はどんどん減って、それとともに二の腕もツルンとなめらかになっていきました。

 

毎日、規則正しい時間に、栄養バランスの良い食事をとることで、体重はマイナス8キロになりましたし、ブツブツした二の腕も治りました。

 

次は、自分でできる二の腕ケアの方法をご紹介します。

 

二の腕のブツブツのケアで一番効果があった方法とコツとは!?

失敗例でお話した「ゴシゴシこする」「針でつつく」方法は、痛いだけで何の解決にもならなかったです。

セルフケアでいちばん効果があったのは「保湿」でした。

 

私が使っていたのは「ベビーローション」です。

もともとは赤ちゃん用なので、肌にやさしくて良いですよね。

 

入浴後はいちばん肌がうるおっているんですが、時間とともにどんどん乾燥していきます。
なので、お風呂を上がったらすぐにタオルで軽く水滴を拭いて、1秒でも早くベビーローションを塗りました。

コツは、擦らずに優しくマッサージする感じです。

マッサージすると、ベビーローションが肌に入りやすくなりますし、血流も良くなるので新陳代謝も促すことができますよ。

お風呂に入っているときは、普段よりも肌が滑らかに感じます。

逆に乾燥するとザラザラ感が増すので、二の腕を保湿してセルフケアすると良いですね。

 

まとめ

ツルンとした二の腕はあこがれますよね。

私も中学生の頃から、二の腕のブツブツに悩んでいましたが治すことができました。

 

規則正しい食生活に気をつけて、念入りな保湿でセルフケアすることで改善したんです。

無理に擦ったりつついたりせずに、肌荒れを治す気持ちでケアしていきましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました