レジカゴバッグを店員さんに迷惑だと思わせない使い方とは!?

生活

スポンサードリンク
 



地球温暖化の問題や環境汚染への取り組みとして、2020年の7月から、全国でプラスチックの買い物袋が有料化されましたね。そんな中、レジカゴバッグをこのタイミングに合わせて購入された方もいるのではないでしょうか。

 

うまく活用すれば便利だし時短にも貢献してくれそうなレジカゴバッグ。だけど実際に使ってみたところ、店員さんに嫌な顔をされた、何となく迷惑になるのではないかと心配して使えない、などという声もあります。

 

では店員さんに迷惑に思われずに、スマートに使うにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク




レジカゴバッグの使い方で店員さんに迷惑にならない方法とは!?

スーパーの清算カゴに合わせた形や大きさで作られている布やナイロン素材で作られた買い物袋がレジカゴバッグと呼ばれるものです。マイバッグと呼んでいるお店も見たことがあります。

 

レジカゴバッグは、レジカゴに入れることを前提としているので大きなものが多いです。また種類も様々で、自立できるタイプかできないタイプかの違い、保冷できるもの、できないもの、そして折りたためるものもあれば、しっかりした作りのため、あまりコンパクトにできないものなどがあります。

 

使い方について、ご存知かとは思いますが、お会計が済んだ商品を入れるカゴ(清算カゴ)の方にセットして、バッグの中に清算済みの商品を入れてもらったらそのままあるいは少し自分で整えてから持ち帰る、というものです。

 

袋詰めの時間さえじっとしていられない子どもを連れての買い物。店員さんが袋詰めをしてくれるのなら大助かりですね。また忙しい主婦にとっては時短にもなるため、とても役に立つアイテムではないでしょうか。

 

ただ、店員さんの中にはレジカゴバッグを迷惑に思う人もいるでしょう。

 

特に、忙しい時間帯にカゴからあふれ出んばかりの品物と一緒にレジカゴバッグを無言で渡されたりしたら、ついつい顔に出てしまう…なんていうこともあるかもしれません。

 

昔スーパーで、レジ打ちの仕事をしたことがありますが、店員さんの視点から、迷惑にならないように使うにはどういった点に気を付ければいいのかをあげてみました。

 

  1. いつも行くお店なら事前に、レジカゴバッグ(マイバッグ)への袋詰めサービスがあるのか確認しておく。
  2. なるべく空いている時間帯に使うようにする。
  3. 店員さんに当然のようにやってもらうのではなく、あくまでお願いする。
  4. 入れ方には文句を言わない。気に入らない時は自分で後から直す。
  5. 前の人がまだいるのに無理やりカゴにセットしにいかない。
  6. セットするときは商品を入れやすいよう、四隅をきちんと広げる。
  7. 一カゴ分に無理なく商品が入るように気を付ける。

 

と、ざっとこんな注意点があげられるかと思います。

 

ここまで気を遣っておけば店員さんも快く袋詰めのサービスを提供できると思いますので、今までレジカゴバッグを出して店員さんに嫌な顔をされたことがある方や、これから使ってみたいと思っている方は使い方をもう一度よく見直してみましょう。

 

 

レジカゴバッグより自分で入れるエコバッグの方が良い?

それでも、迷惑をかけてしまいそうで心配、という方にはエコバッグを使うという選択肢もあります。

 

エコバッグなら袋詰め台を利用して自分で入れるので店員さんとしてももちろん楽ですね。レジも早く終わるので混んでいる時間帯に他のお客さんを待たせずに済むこともメリットの一つです。

 

そして今は、COVID-19 (新型コロナウイルス) 感染予防のため、レジカゴバッグ(マイバッグ)への袋詰めのサービスを停止しているお店もあります。実際、わたしがよく行くスーパーでも、2件とも、自分で詰めてくださいとの表示がされていました。

 

とはいえ、せっかく持っているレジカゴバッグを活用する手はないものでしょうか。自立、保冷ができるタイプであれば、なおのこと、しまっておくのはもったいないですよね。

 

そこでレジカゴバッグの、他の使い方をご紹介していきます。

 

 

まず、袋詰め台で大きなレジカゴバッグを広げるには少々スペースが必要ですよね。混雑している時間帯には広げづらかったりもします。

 

解決策として、スーパーのカートの上にレジカゴバッグを広げてから、その中に品物を入れるという方法もいいですね。そうすれば、入れ終わってからカートのまま車や自転車まで荷物を運ぶことができます。

 

また、何件か買い回りをするときには、車の荷台に常備しておき、買い物をするたびにレジカゴバッグに入れていけば車から家に運ぶときに楽でしょう。

 

そしてセルフレジでの体験談になりますが、先日、レジカゴバッグをセルフレジのマイバッグかけに置いて使ってみたところ、紐の長さやバッグの大きさが余ってしまい、商品を入れると台から落ちるのではないかとヒヤヒヤしました。

 

そのためセルフレジでの使い勝手はあまりよくないと思いました。よくお使いになる方は、エコバッグの用意もいくつかあるといいですね。

 

 

まとめ

コツを覚えてしまえば時短にもなりますので手放せなくなりそうなレジカゴバッグ。ただ使い方によっては店員さんの迷惑になることも考えられます。

 

使う際には、ご紹介した注意点を見直して店員さんや周りの方に迷惑にならない使い方をしたいものですね。

 

現在のところは使えないお店もあって不便かもしれませんが、この状況が落ち着いて、お店の方でもレジカゴバッグへの詰め込みサービスが復活するまでの辛抱です。

 

それまでは、この記事でご紹介したアイデアを活用したり、別の使い道を探したりしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました