羽毛布団をコインランドリーで失敗した事から得たポイントと対策!

掃除や片付け
スポンサーリンク

シーツや布団カバーは家で簡単に洗えるけれど、一番洗いたいのは布団ではないでしょうか?

 

羽毛布団は、軽くて暖かくて便利アイテムですよね。

 

でも家で洗うのは大変!

しかし、コインランドリーでなら簡単に洗えますよ(^^♪

 

だけど、失敗した・・・なんて話も聞くから怖くてチャレンジできないなんて思っていませんか?

 

確かに難しいのも事実ですが、これを気を付ければリスクを減らせるというポイントがあるので、1つずつ紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

羽毛布団をコインランドリーで洗う時の失敗する原因と対策とは?

 

基本的に羽毛布団は水洗い可能なものです。

中には、水洗い不可というものもあるので、まずはその点をきちんとチェックしてくださいね。

 

では、具体的にどんなマイナスなことが起こるのか?

紹介していきます。

 

  1. 中に詰めてあるものが片寄ってしまう。
  2. 洗濯機で洗うと汚れが落ちにくいことがある。
  3. 乾燥させたはずが、カビが生えたり臭いが残ったりする。
  4. 洗濯したことで元の温かさが失われてしまうことがある。

 

では、これらのリスクを減らす方法を1つずつ説明させていただきます。

 

羽毛布団をコインランドリーに入れて片寄らないで洗うためには?

キルト加工がされているものでしたら心配はあまりありません。

もし、加工がされていないものは、布団をまとめる必要があります。

端からクルクルとまるめて縛りましょう。

できれば、加工されていないものはクリーニング店にお願いする方が無難です。

でも、急ぎであったり費用的にも自分で!という場合には、『巻いて縛る』これで、片寄りのリスクを軽減できますよ。

 

加工されているものも、これはした方が良いです。

 

羽毛布団をコインランドリーで洗う時に汚れが落ちやすくするためには?

これは、この後、詳しくお話しますが、やはり小さいより大きい方が良いです。

 

ご自宅でも、洗濯機の容量いっぱいに入れると、ギュウギュウで洗えていなかった・・・なんてことは、ありませんか?

 

布団も同じで、ゆったりサイズをオススメします。

 

羽毛布団をコインランドリーで洗ってカビや臭いが残る原因とは!?

あなたは、これまで布団以外のものでコインランドリーを利用したことはありますか?

 

洗って乾燥までしてくれて、とても便利です。

仕上がった時の洗濯物は、どんな感じでしょう?

 

私も1年くらい前に初めてコインランドリーを利用したときは、感動しました( *´艸`)

 

自宅の洗濯機は、乾燥機能がないので、娘の学校の宿泊合宿の時の洗濯物の山を早く片付けたくて利用したのが、きっかけです。

 

冬にスキー教室だったので、分厚いものばかり3日分・・・家では洗いきれないのでお試しに!

 

すごい!

 

ただ、完成したもので気になることがあったのです。

 

ソレ、ホカホカしていませんか?

温かいと言いますか、熱を持っていますよね?

 

とりあえず乾燥までしたので、そのまま持ち帰ったのですが、なんとなく湿気がこもっていました。

 

ここがカビや臭いの原因です

 

せっかく乾かしたものの、熱と湿気が残っているので、これを逃がしてあげないとよくありません。

 

すぐに着る洋服ならば、そのままでも大丈夫ですが、布団は問題です。

手間ですが、持ち帰ってから干すことが大切です。

 

羽毛布団をコインランドリーで洗うと温かくなるって本当?

これは大問題ですね!

でも大丈夫ですよ。

 

まず原因ですが、たんぱく質でできている羽毛は、熱で繊維が割れてしまうのです。

そうすると、保温機能がなくなってしまうことがあると言われています。

 

ということは・・・?

高温になりすぎないようにすれば良いわけです。

乾かすときに、長い時間かけすぎないように気を付ければOKです。

 

目安としてですが、長くても1時間で切り上げてください。

それよりも短い方が良いです。

 

あとは家で天日干ししてくださいね。

 

どちらにしても、外に干してお日様にあてることは必要なので、その時間が長くなるというわけです。

 

もし、温度を調整できる機械でしたら、始めは高温で乾かして、そのあと水気がとれたら中温にすると尚良いです。

 

 

羽毛布団をコインランドリーで洗う時に何キロの容量を目安にする?

 

大前提として、布団のサイズにより異なります。

 

普通サイズでしたら、15前後の容量を、大き目でしたら、25前後の容量があるものを使ってください。

大きい機械の方が金額は高くなりますが、キレイに洗うためです!

それにクリーニングに出すよりも、こちらの方がお安いですしね。

 

乾燥機も、普通サイズは15、大き目サイズは25前後のサイズのものを選んでください。

 

これは1枚の時の目安です。

2枚一緒に洗うときは、この目安を参考にサイズを選んでくださいね。

 

 

羽毛布団をコインランドリーの乾燥だけもアリだけどデメリットもある!

 

もちろんアリです(*^^)v

 

先ほどお話しましたが、私が初めて利用したとき、自宅で洗って乾燥だけ持ち込む人って、結構多いことを知りました。

 

洗うのは家でもできるけれど、乾かすのが大変ですもんね。

それにお財布的にも、その方がお安くできて嬉しいです。

 

ただ、布団は洗って水を含んだ状態で持ち運ぶのって想像以上に大変です。

かなり重くなります。

 

それが問題ないようでしたら、もちろん『アリ』です。

時間のことを考えても、その方が嬉しいですね。

 

自宅で慣れた洗濯機で洗って、乾かすのは大変なのでお店で・・・。

ただ水を含むと重くなるので、それを運ぶ対策を考えてからが良いですよ。

 

知り合いは、ご主人が休みで手伝ってもらえる時に、家で洗うところまでやって、運ぶのを手伝ってもらって乾かすのみコインランドリーでという話を聞いたことがあります。

それも良い案ですね。

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

コインランドリーって、色々な人が利用するので、なんとなく衛生面の心配を抱くのは私だけでしょうか。

今は、自分が利用する前に、ステンレスドラム内をキレイにしてくれる機能が付いています。

また除菌の働きをしてくれる電解質を使用しているお店もあるので、こういうところを調べて使うことで、より安心して使えますね。

 

ここで紹介したことに気を付けて布団も、いつも清潔に保ちたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました