ワンオペ育児はどこから?辛い時に孤独と感じた時にするべき事は何!?

子育ての悩み

ここ最近話題となっているワンオペ。

もともとは1人で作業するのが困難な作業を一人で行う。という所から来ています。

今回はそんなワンオペ…その中でもワンオペ育児について紹介していきます。

 

「今日も旦那さんの帰りが遅い…。」

「両親が遠方に住んでいて手伝いの手がない…。」

なんてお悩みを抱えているママは決してあなただけではありません。

 

結論から言って、子供をワンオペで育てていくのは非常に大変。

ですので夫婦…もしくは親戚や知人の協力が不可欠となってきます。

そこで、ぜひママ友を作ることをおすすめします!

 

では詳しく解説していきますので最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

ワンオペ育児のチェックリスト 少しでも改善する為にやった事とは?

 

一般的にワンオペと言われると一人で全部こなしていかなければならない…という意見が多いです。

では、どこまでこなせばワンオペとされるのでしょうか?

 

調べても具体的なチェックリストはありませんでしたが、

 

  • 両親が遠方に住んでいて手伝いを頼めない
  • 保育園などの送迎はいつもママ
  • 旦那さんが朝早くから夜遅くまで帰ってこない
  • 近くに頼れる親戚や知人がいない
  • 家事もすべてママのお仕事
  • 休みの日も旦那さんに頼めず休む暇がない

 

こういった状況が重なるとママとしても非常につらい状況にあると考えられます。

知り合いが近くにおらず頼れない状況であったり、相談する相手がいない場合はママも孤独感を感じやすくなります。

 

私自身、結婚と同時に地元を離れて友人や知人のいない環境での育児を経験しています。

最初の育児では特に…右も左も分からず毎日旦那さんが帰宅するまで赤ちゃん相手に奮闘していたのを今でも覚えています。

 

そんな環境から、少しずつ改善していったのは地域の子育てセンターに通うようになってからです。

 

始めての場所。しかも子供を連れて…とても緊張してしまいますよね。

ですが、職員の方はそんなママにもとてもやさしく接してくれます。

 

しっかりと話を聞いてくれたり、時には少し子供を見ていてくれる…なんてことも。

ゆっくりトイレに入ることが出来る。それだけでもなんだか嬉しい気持ちになりました。

 

 

ワンオペ育児のアピールはうざい?そんなことはありません!

 

子供と家にいると大人の人と話がしたい…。と思うことはありませんか?

 

もちろん子供はかわいいけれどいつも同じ遊びに付き合ったり、まだ言葉があまり出ていない時期だったりすると誰かと話したい!そんなことを考えますよね。

 

子育て支援センターに行っていつも職員の方と話すのもなんだか申し訳ない…。

だからといって他のママさんに話しかけるなんて緊張してしまう…。

 

さらに「話を聞いてほしい!」と思いながら話をすると、こちらばかり話してしまってうざいと思われないかな?と気にされるママもいるかもしれません。

 

でも、大丈夫です。

子育てを経験しているママなら「話してストレス発散したい!」とみんな思っているから。

 

お互いに共感して「分かる!!」と言ってもらいたい。

これを分かっているママ同士だからこそウザイと思われることもありませんよ。

 

ぜひ勇気をもって同じ月齢のお子さんがいるママに話しかけてみましょう。

そこから新しく人間関係を作っていくことで子供同士もお友達になれたり、素敵なきっかけになりますよ。

 

私も最初はこちらから声をかけるのがとても緊張してしまってどもったり、噛んだりしていました。

それも今では笑い話となるほど仲良くなったママ友さんがいます。

 

女性同士だからこそママ友って怖い…と思っている方もいるでしょう。

もちろん、相性の合う合わないはありますし無理に合わせてお付き合いする必要はありません。

 

ですが、同じく育児をしている仲間だと思えばこれ以上心強いものはありませんよね。

 

 

ワンオペ育児の時に息抜きって実際どうする?

 

子供と1日中過ごしていると、自分の時間なんてほとんどありませんよね。

この状況でどうしてもストレスがたまりがちになります。

 

そんなときの息抜き方法、おすすめはママ友とのランチ会

 

今は子供連れでも入れるキッズスペース付きのお店が増えています。

子供を遊ばせながら、さらにお昼ご飯の支度や片づけをしなくていいのはママにとっても大助かり!

 

毎食調理して並べて…時には子供に作ったものをひっくり返されて。

ご飯を作るのも嫌になってしまいますよね。

 

いっそご飯の支度なんかしなくてもいいお店に行って全部済ませてしまいましょう!

ついでに子供にもたくさん遊んでもらって帰りにはぐっすり…。

 

外食はお金がかかるから。と思われるママも月に1度くらいは息抜きとしていかがでしょうか?

 

実際、地域によっては子育てパスポートなども発行されていて対象店舗での食事がお得になるサービスもあります。

ママ友と誘い合わせて、子供たちが遊んでいる間にママ同士での会話で息抜きもできますしおすすめですよ!

 

 

まとめ

 

1人で子供と一緒に過ごしているとどうしても孤独感に襲われることがあります。

テレビをつけてやっているニュースもなんだか別の世界のことのように感じる…。

 

でもそんなとき、子育て支援センターに行って同じく育児をしているママに話しかけてみてください。

子供たちのおもちゃの貸し借りなど、小さなきっかけから仲良くなることができますよ。

 

仲良くなったママ友さんと一緒にランチ会をするのもとても息抜きになります。

たまにはご飯の支度をお店にお任せして子供たちを遊ばせながら話に花を咲かせるのは本当におすすめです。

 

一人で抱え込まずに話をすることでいまの現状を変えていくことが出来るはずです。

ぜひ一度行動してみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました