桜でんぶはまずい!苦手な人には華やかなピンクの代用品で解決!

料理やお菓子作り

ちらし寿司やお弁当によく使われているピンクのふわふわ。私はこどもの頃、桜でんぶが大好きでした!料理にあるのじゃ飽き足らず、袋の中身がなくなるまで、毎日毎日ごはんにかけて食べていました。

 

その思い出があったので、こどもにも桜でんぶを買ってきてふりかけとして出したことがあるのです。4歳の娘はピンクとかわいいものが大好き!見た瞬間にテンション上がって、たくさんかけるー!とごはんに山盛り。

 

食べた瞬間、なにこれ美味しくない…もう食べられない…(@_@)

 

続いて6歳の息子も興味本位で桜でんぶのみ試食。甘い!お菓子みたい。あれ、ちょっと生臭い、もういらない…(@_@)

 

桜でんぶ大好きな自分としては、納得できないですよね。娘の残った桜でんぶごはん、食べてみましたよ。あれ…確かに生臭いし、ごはんが甘くなってちょっと気持ち悪い。

 

昔と製法が変わって美味しくなくなったとかではなく、味覚の変化と好みの問題だと思いますが、わが家は夫も含め家族全員桜でんぶが無理でした。

 

同じように桜でんぶが苦手、でも料理にピンクの色どりを添えたいと思っている人必見!桜でんぶの代わりに、ハムや魚肉ソーセージを使って飾ってみましょう!

 

桜でんぶの甘さのみが苦手な人は、自分で砂糖控えめの桜でんぶを作ったり、卵に混ぜてほんのり甘い錦糸卵を作ってもいいかもしれません。

 

桜でんぶってそもそも何なのか、具体的にみていきましょう。

 

 

桜でんぶの代用する物をより華やかに鮮やかに映えさせるコツ!

 

桜でんぶそのものが苦手!という人は、ピンクのデコレーション用にハムや魚肉ソーセージを使うのはいかがでしょうか?

 

桜でんぶほど鮮やかなピンクにはならないし、かけるだけで華やかにはなりませんが、ひと手間加えてハムをリボンの形にしたり、立体的な花の形にすれば、かなり華やかになりますよ。

 

私は不器用なので作ったことがないですが、ネットにたくさん作り方が出ているのでぜひ参考にしてみてください。本当にかわいいです(○^^○)

 

私のように不器用な人、お子さんと一緒にやりたい人には、ハムや魚肉ソーセージを型抜きしてみましょう。100均にもデコレーション用に小さな型抜きがたくさん売っています。

 

わが家もちらし寿司を作った時、こどもと一緒にハムでハートや星の型抜きをしました。

飾るととても華やかになったし、こども達も楽しそうでやって良かったです。

 

桜でんぶの甘さだけが苦手!という人には、自分で甘くない桜でんぶを作るという手もあります。砂糖の分量を減らし、甘くない桜でんぶができれば彩りも良いまま、食事も進んでいいですよね。

 

卵に混ぜて使うのもおすすめです。錦糸卵にすれば、ほんのりピンクのデコレーションにもなります。卵焼きにしてハートの形にすれば、これもまたかわいいですよ。

 

卵に混ぜるとき、いつもの癖で卵に砂糖を追加しないでくださいね。めちゃくちゃ甘くなります。桜でんぶが砂糖のかわりです!

 

 

桜でんぶの原材料は何?実際にその正体と作り方を知ってる!?

 

桜でんぶは、一言でいうとなんと魚の佃煮なのです!佃煮というと、茶色で小魚とか昆布が甘辛くベタベタになっているイメージじゃないですか?まさか桜でんぶもこの仲間だったとは!!

 

タラやタイなどの白身魚の白身部分を柔らかくほぐし、砂糖とお酒、ピンク色の食紅を一緒に混ぜながらフライパンで炒ったものが桜でんぶです。原材料は白身魚と調味料なんですね。

 

作る時の注意点としては、白身魚の血合いや汚れをしっかり洗い流すことです。白くないと綺麗なピンク色が出ないので、手間ですが確実にやりましょう。皮と骨も綺麗に取り除いてくださいね。

 

私が幼稚園の頃は、桜でんぶは綿菓子と同じと思っていました。ふりかけにできる綿菓子みたいな感じに捉えていたと思います。なんてメルヘンチック!!

 

それからも、桜でんぶを桜でんぶと深く考えずに成長してきたので、母親になってこどもにまずいと言われ、自分も久々に食べてみたら美味しくなかった…袋の後ろを見たら「魚」の文字が!!え!桜でんぶって魚だったん!!この生臭さは魚のせいか!!と驚いたのはちょっと前のことです。

 

何でできているかわからない食品を調べるのって、結構楽しいですよ。息子は最近、ウスターソースに野菜と果物が入っていることを知り、興奮していました。お子さんの食育にもなるので、わからない食品がある時はぜひ一緒に調べてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

桜でんぶは白身魚と調味料からできた佃煮です。かけるだけで料理を華やかにできる優れた食品ではありますが、甘さと臭いが苦手な人も多いです。

 

桜でんぶの代わりに、ハムや魚肉ソーセージで形作ったり、型抜きなどしてからデコレーションすれば、華やかになるのでぜひ試してみてください。

 

桜でんぶの甘さだけが苦手な人は、自分で甘さ控えめのものを作ってみたり、卵に混ぜたりしてみましょう。こどもが見て食べて楽しくなる料理になるといいですね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました