コートをクリーニングに出し忘れたままだと処分する事になる!?

スポンサーリンク

3月になったら、もう冬物のコートは着ないかな、そう思っていたら、4月になって雪が降るなんてことも稀にありますよね。

 

そう考えると、5月までそのままにしておいて、クリーニングに出すべきか?

 

ホント、このタイミングが難しくて、そのまま忘れ去られてしまう・・・ということってありますよね。

 

クリーニングに出すタイミングって難しいですよね?

ふと出し忘れに気づくなんてこと・・・私は、しょっちゅうあります( ゚Д゚)

 

そもそも『出さない』という方はいますか?

それもアリなのでしょうか。

 

クリーニングにコートを出し忘れた時どうしたらいいか?

そもそも出さないと、どうなるのか?

夏に出すのでは遅い?

 

クリーニングは傷む説などなど、お話をしていきます。

 

 

スポンサーリンク

コートをクリーニングに出し忘れて出さないという選択肢が間違い!?

 

コートをクリーニングに出さないという方は、季節問わず気づいた時にクリーニングするべきです!

 

あなたは、着た洋服を洗わないで、そのまま次の季節までおいておくことがありますか?

 

シャツやセーターなど、洗いますよね?

それは何故でしょう?

 

汚れているからですよね。

目で見てわかる汚れ以外にも、案外汚いものなのです。

 

泥汚れとか食べこぼしとか、明らかに汚いというものでなくても、ホコリとかでうっすら色が変わっているなんてことないでしょうか。

 

毎日着ているとわからないかもしれませんが、洗うとピカピカになって、こんなに汚れていたんだな、と思うものです。

 

汚れたものは洗わないと、次のシーズンに着られなくなります。

カビの原因になったり、虫食いの原因になったりしかねません。

そもそも汚れは早く落とさないと、洗っても落ちなくなります。

 

ですから、やはり『出さないという選択肢はナシ』です。

 

 

コートのクリーニングを夏になったから出し忘れたまま出さない?

 

コートをクリーニング屋さんに夏になったからって出さないでもいいやと思ったりしませんか?

 

出し忘れたまま、あと少しでコートを出すから面倒くさくなってクリーニングをしないと、特に梅雨から夏には先ほどもお伝えしましたが、湿気も高くなりカビが生えやすくなります。

 

また、そのカビ臭くなったコートをクリーニング屋さんに持って行くのも恥ずかしくなるので、余計に持って行き辛くなりますよ。

 

なので、夏だからこそコートをクリーニングに出した方がよいですよ。

放置しておいてよいことはありません。

 

そして、出し忘れていて夏になってしまっても、気づいたときに早めに季節に関係なく出してください。

 

 

コートのクリーニングは傷むという話もあるから出さない!?

 

ところで、コートをクリーニングに出すと傷むという話を聞いたことはありませんか?

 

実は、まったくの噂話だから信じなくて大丈夫!とは言えないのです。

 

一般的に、ドライクリーニングでキレイにする方法になり、確かに汚れは落とせるのですが、一方でウールやカシミヤといった素材そのものの油分も落としてしまうので、何回も繰り返していくと生地が硬くなったり、艶がなくなってしまうことがあります。

 

だからと言って、自分でジャブジャブ洗うより断然ドライクリーニングの方が生地に優しいです。

 

あまり頻繁には出さない方が良いとは言えますね。

 

さて、そうしたら家でも洗わないでドライクリーニングもしないで、そのまま保管すれば痛まないのでしょうか。

 

それも違います。

 

ホコリ、雨、汗などの湿気等、見た目ではわかりませんが、いろいろとついています。

 

これをそのままにしておくと・・・シミ・臭い・カビなどの原因になりますし、時間が経つと落ちにくくなるのも、また事実です。

 

では、どうしたらいいのか?

 

1回しか着ていなくて、目立った汚れもないし短時間だし、ドライクリーニングに出す方がリスクが高いという場合は、ブラッシングをしてホコリを落として、除菌消臭(スプレー等を使用)対策をして、陰干しをして乾燥させてください。

 

素材にもよりますが、ウエットクリーニングという方法があり、これを取り入れているお店を探して持っていくと、汚れ落としやシミ・臭い予防にもなるので、お手持ちのコートが水洗いできるものか確認して可能のであれば、そういったクリーニング店に行くと良いですよ。

 

 

まとめ

 

 

コートをクリーニングに出すことを忘れていたら、気づいた時点で早めに出しましょう。

それが夏だとしても、問題なく受けてくれます。

 

周りの視線が少し気になるかもしれませんが、コートのためです!

迷わず、すぐに出しましょう。

 

ドライクリーニングは、生地を痛めてしまうので、クリーニングに出す頻度は、あまり頻繁にはしない方が良いです。

 

もし水洗いできる素材のものでしたら、ウエットクリーニングをしているお店に頼むと良いです。

 

お気に入りをキレイに長持ちさせるために、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました