一人暮らしなら除湿機はいらない!エアコンのドライ機能で十分!?

生活

進学や就職で初めての一人暮らしを始めるあなた!

住む予定の部屋にエアコンは付いているけれど除湿機も買うべきか悩んでいませんか?

 

洗濯物を室内で乾かす時に乾くかどうかも心配になりますよね。

 

私が、初めて一人暮らししたときは、1DKのアパートでした。

割と新しい建物だったのですが、部屋はそんなに広くないので、家具家電は必要最小限にするようにしました。

 

洗濯物は基本的には外干しでしたが、雨の日は、室内用の物干し竿を利用して乾かすようにしていました。

一人暮らしなのと、毎日洗濯はするようにしていたので、洗濯物の量も少なく、室内でも問題なく乾いていたように思います。

 

それでも、洗濯をする時間が夜遅くなって、昼間に外干しができなかったり、事情があって、部屋干しするしかない場合もありますよね。

 

除湿機があった方がいいのでは?

と悩んでいるあなたに、一人暮らしに除湿機は必要ない!エアコンのドライ機能で十分だということをお話ししていきたいと思います。

 

一人暮らしの除湿機はエアコンのドライ機能で代用!室内干しも可能!

除湿する方法は色々とありますが、エアコンのドライ機能も方法の一つです。

 

エアコンの冷房機能は、室温を下げるためのものです。

そして、ドライ機能は、部屋の湿度を下げるためのものです。

 

ドライ機能には2種類あります。

一つは、「再熱除湿」です。部屋の温度を下げずに湿度だけを下げることができます。

もう一つは、「弱冷房除湿」です。冷房しつつ湿度を下げることができます。

 

梅雨時期など、気温が低めだけど、室内の湿度が高い場合は、「再熱除湿」。

気温が高めで、室内の湿度が高い場合は、「弱冷房除湿」を使うといいでしょう。

 

ただ、「再熱除湿」は電気代が高くなります。

ですが、肌寒い日には、かかせない機能になりますので、上手に使っていきましょう。

 

以上の点をふまえたうえで、エアコンのドライ機能を活用していけば、梅雨時期の除湿や洗濯物の部屋干しなど、十分役割を果たすことができると思います。

 

ただし、一人暮らしの場合、もともと部屋にエアコンが備え付けられていて、エアコンの型が古かったり、ドライ機能が十分でない場合もあるでしょう。

その場合は、必要に応じて除湿機を利用するのもいいと思います。

 

 

一人暮らしで除湿機は必要なし!重曹や炭でも湿気対策はできる!

エアコンのドライ機能以外にも除湿対策はできます。

 

それは、「重曹」と「木炭」です。

どのような湿気効果があるのか、どのように使用すればいいのか、お話ししていきたいと思います。

 

まずは、「重曹」です。

重曹は湿気をすいやすいので、除湿の効果があります。

また、臭いを吸収する効果もあります。

 

重曹除湿剤の作り方は、空き容器に重曹を入れるだけです。

ポイントはある程度の量を入れることと、ふたを閉めないことです。

 

湿気を吸うと、重曹が固くなるので、そうしたら交換の目安です。

 

つぎに、「木炭」です。

木炭も、重曹と同様に除湿と消臭効果があります。

 

木炭は、そのまま置くだけで大丈夫です。

かごに入れたり、インテリアにしてもいいですね。

 

木炭は穴が塞がってくると、効果がなくなってきてしまうので、2~3か月に一度、木炭を水洗いして天日干しするといいでしょう。

木炭は半永久的に再利用することができます。

 

重曹も木炭も置く場所を選ばないので、湿気が気になる場所に置いてみるといいでしょう。

靴箱や、玄関に置くのもおすすめです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

一人暮らしに除湿機はいらないという理由がお分かりいただけましたでしょうか?

 

除湿機もとても便利な家電ですよね。

ただ、一人暮らしの場合は、エアコンのドライ機能で代用したり、重曹や木炭を使用して除湿することができます。

 

私も一人暮らしをしたとき、除湿機は購入せずに、エアコンのドライ機能で乗り切りました。

そして現在は、一軒家に住んでいますが、除湿機はありません。

正直、何度か除湿機が欲しいなと思ったことはありますが、洗濯機の乾燥機能や、エアコンのドライ機能を活用して、何とか日々を生活しています。

また、玄関には、木炭をインテリアとして置いています。

 

 

一人暮らしで、何もかもが初めてなことばかりで、何を買ったらいいのか迷うこともたくさんあるでしょう。

どうしても必要なものではない場合、今あるもので工夫をして、なるべく節約ができるといいですよね。

そして、快適で素敵な新生活が送れることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました