生後1ヵ月の睡眠時間 短いと感じても起きている時ご機嫌なら良し!

子育ての悩み

生後1ヵ月経ったけど、なかなか赤ちゃんが寝てくれなくて困っているあなた!

睡眠時間が短いのでは?と心配になりますよね。

 

起きている時に赤ちゃんが元気でご機嫌なら心配はいりません!

 

もし機嫌が良くない場合は、おなかが空いていたり、何か他に不快なことがあるかもしれないので、赤ちゃんの様子をよく見てあげてください。

 

まだまだ産まれたばかりで、なにかと心配になりますよね。

ここでは、生後1ヵ月頃の赤ちゃんの睡眠についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

生後1ヵ月の睡眠時間 少ないのは体内時計が整う前だから!

人間には体内時計があります。

体内時計が働くことによって人間は朝起きて夜に寝ます。

 

でも、生後1ヵ月頃だとまだ体内時計が整っていません。

昼と夜の区別もついていないので、眠くなると寝ます。

 

だいたい生後3~4か月頃になると体内時計ができあがってくると言われています。

 

体内時計を整えるためにも、朝起きて、夜には寝るように生活サイクルを整えるようにしていきましょう。

 

私は二人の子育てをしていますが、上の子が生後1ヵ月の頃は夜にあまり寝ない日もありました。

 

夜まとまって寝てくれるようになったのは、生後3ヵ月頃でした。

2~3時間置きに授乳で起きることはあっても、だいぶ楽になったのを覚えています。

 

生後3ヵ月頃までは、日中にどうしても眠くなってしまうので、昼間長男が寝ているときに一緒に寝るようにしていました。

 

お母さんが寝不足で倒れてしまっては大変なので、体内時計が整うまではできるだけ赤ちゃんと一緒に休んでくださいね。

 

 

生後1ヵ月の睡眠時間 夜の割合が段々増えてくる頃!

体内時計がまだ整う前の、生後6週間頃から夜に寝る割合が増えてくることもあります。

 

少しずつ夜にまとまって寝るようになって、昼夜の区別がつくようになるのは生後3ヵ月頃です。

 

ですが、赤ちゃんによってそれぞれ違うので、考え過ぎないようにしてくださいね。

 

私の友達の場合は、早いうちから夜にまとまって寝てくれる子や、そうでない子、みんなそれぞれ違いました。

 

私も当時は、夜寝てくれる子がうらやましかったです。

なかなか寝てくれないと、気持ちにも余裕がなくなってきてしまうこともありました。

 

いつになったら夜まとまって寝るようになるのか気になってよくスマホで検索をしていたこともあります。

 

今思えば、そんなに深く考えなくても大丈夫だと思えることが、初めての育児で分からないことばかりで、不安でいっぱいでした。

 

不安ばかりが増えていく中、私はスマホで検索することをやめました。

色々な情報がありすぎて、何を信じたらいいか分からなくなったからです。

 

いつかは寝てくれると信じて、スマホで検索していた時間をやめて、一緒にお昼寝したり、雑誌を読んでみたり、自分の好きなことをする時間に使うことにしました。

すると気持ちにも余裕ができてきたのです。

 

何事も考え過ぎたり心配し過ぎてもいいことはないのですね。

 

二人の育児を経験して、それぞれ睡眠のことで悩んできました。

今だから言える事かもしれないけど、いつかはそんなこともあったなって思える日がきます。

 

それまでは休める時に休んで、頑張りすぎないようにしてくださいね。

 

 

 

生後1ヵ月の睡眠時間 平均時間は個人差があるから気にしない!?

生後1ヵ月の赤ちゃんの平均睡眠時間は、14~17時間です。

 

でも、これは個人差があるのであまり気にしなくて大丈夫です。

 

「うちの子1日に14時間も寝てない!」とか、「17時間以上も寝てる!」なんて心配はしなくていいんです。

 

よく眠る子もいれば、あまり眠らない子もいます。

本当にその子によって違います。

 

その日によっても、睡眠時間は変わってきます。

 

天気によって、なんだか眠くなる日って大人でもありますよね。

よく動いたあとや、なんとなく眠いような日もあります。

赤ちゃんもきっとそうだと思います。

 

それに、もっと寝る時間を増やさなくちゃ、なんてお母さんが気を張っていると、赤ちゃんにもその緊張が伝わってしまうような気がします。

 

子育てをしていて思うことは、お母さんの気持ちに余裕があることが子どもにとっても一番だということです。

 

余裕がなくてイライラしていると、子供もぐずったりして余計にイライラしてしまいます。

 

毎日子育てをしていると、心に余裕がない時もたくさんあると思いますが、まずはあなたがリラックスできるように少し休んでくださいね。

 

そうすると赤ちゃんもよく寝てくれるようになるかもしれません。

 

私はイライラしているときには、甘いものを食べたり、好きな本を読んだり、自分に少しご褒美をあげることにしています。

 

イライラしているときは身体や心が疲れているときだから、自分を大切にすることが大事だと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「赤ちゃんは寝るのが仕事」ということをよく聞くけど、赤ちゃんによっても睡眠は違うし、心配になることもありますよね。

 

私もすごく気になって悩んでいた時期があります。

 

でも、赤ちゃんが元気でご機嫌なら大丈夫なので、心配し過ぎないでくださいね。

 

赤ちゃんはあっという間に成長していきます。

赤ちゃんの天使のような寝顔を堪能できるのも今だけです。

 

子育てをしていると悩みが尽きないと思うけど、今の姿を見逃さないようにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました