風呂干しは換気扇のみでは乾かない?コツは換気のやり方が重要!?

掃除や片付け

風呂干しは換気扇のみで何の工夫もしなかったら全然乾かないんです…(*_*)

 

わが家も、来客があると風呂干しをしますが、換気扇のみでは全然乾きませんでした。

 

なので、どうやったら乾きやすくなるか色々試した結果、換気扇と扇風機を回し、洗面所のドアを開けるとよく乾くんです!

 

また、部屋干しよりも乾きやすくなることが判明しました。

 

では、どういう事なのか、具体的にお伝えしますね。

 

 

風呂干しで乾かない時には下から扇風機!換気扇まで風の通り道を作る!

わが家は基本的には部屋干し、急ぎの時だけドラム式洗濯機の乾燥機を使用していました。

来客があると、一時的に避難させていたのが風呂場でした。

 

風呂場には浴槽と洗い場のみ、洗面所やトイレは別室にあるタイプです。

 

普段は24時間換気を常時回し、入浴後に換気を1時間だけ回しています。

乾燥は風呂干し用乾燥機になりますが、ドライヤーを付け続けているのと同じと聞いたので、電気代が怖くて使用したことがありません。

 

風呂干しは乾かしたいというより、避難させたい気持ちの方が強かったので、特に策も練らず干すだけ。

24時間換気だけ回して4時間位、全然乾いていませんでした。

 

今日はちょっと風呂干しでも乾いてほしいなぁと思う日は、24時間換気に+換気を足しました。

 

色んな換気ボタンがあると思いますが、わが家の換気は入浴後のもくもく湯気を一瞬で消し去るような、強力なものになります。

 

4時間後、前よりは若干乾いたかな?という感じもしましたが、換気というプラスの電気代を使ったわりにはイマイチでした。

 

とても困ったのは、雨の日に義理の家族が泊まりに来た時でした。

洗濯物が多いのにドラム式乾燥機には入りきらない、部屋干しもしにくい。

 

困っていたところ、義母に風呂干しして扇風機使うと早いよ!と言われたのです。

 

まずは風呂干しし、扇風機を用意。

わが家の洗面所のコンセントから浴室内まではかなり遠く、延長コードを使いました。

同じく遠い方は、コードの準備を忘れないようにしましょう。

 

入浴後など、浴室の床や壁などに水分がたくさん残っていると、感電の危険があります。

スクイージーやバスタオルで水分を取ってから、使いましょう。

 

私は心配だったので、クッションフロアマットを敷いてその上に扇風機を載せました。

安定感もあったので、おすすめです。

 

扇風機は首振りにして、天井の換気扇に向かって風が通るように上向きにしました。

 

風量は強すぎると洗濯物が落ちたり変な干し方になったりします。

わが家は弱だと天井まで風が届いてなかったので、中にしました。

実際に回してみて加減してくださいね。

 

洗濯物も扇風機近くには短めのもの、両サイドに長いものを干すようにして、風の妨げにならないようにしました。

 

1時間だけ換気強、残り3時間は24時間換気のみ回してみました。

最初の1時間は一気に水分を飛ばして、あとは少しずつ乾かします。

 

4時間換気強をした時がウェットティシュなら、今回はただのティッシュ!

厚い物は8割程度でしたが、それ以外のものはほぼ乾いていました。

 

1時間の換気強と扇風機なら、ドラム式乾燥機よりも電気代もはるかに安いです。

扇風機を節電タイプのものにすれば、なおお得になると思います。

 

風呂干し時には洗面所のドアも開けて!湿気を逃す事でよく乾く!?


扇風機を使った時、コードがあったので風呂のドアを閉めることができませんでした。

昔から、風呂の換気はドアを締め切った方がいい、と親から言われてきました。

そのため、閉めたらもっと早く乾いたのかな?と思ってネットで調べてみました。

 

確かに、浴室を乾燥させるにはドアは締め切った方がいいです。

ドアを開けると洗面所に湿気が逃げてしまい、うまく換気できなくなるため。

浴室以外の湿気も取り込んでしまい、乾燥が遅くなるためです。

 

しかし、これは入浴後に限ったことです。

入浴後の水分量に合わせて、うまく換気できるようなシステムになっているからです。

 

洗濯物の水分量はもっと多く、通常の換気だけでは湿気が多すぎます。

発散する場所が足りず、なかなか乾燥しないのです。

 

もし、風呂干しするなら、洗面所のドアを開けましょう。

その方が湿気の逃げ場が広くなり、早く乾燥するからです。

開けてて正解だったんですね、コードに感謝です(^^)

 

ただし、洗面所より先の廊下やリビングのドアまで開けるのはNGです。

他の部屋の湿気を取り込むだけでなく、空気がうまく循環しなくなってしまいます。

浴室と洗面所内で、湿気と外気がグルグル回っていると考えましょう。

 

そのため、窓を開けるのも厳禁です。

花粉や雨の湿気を取り込むだけでなく、空気の循環もうまくいかなくなるためです。

電気代もかからず手っ取り早い方法ですが、やらないようにしましょう。

 

まとめ

風呂干しする時は、下から扇風機をあてて、風の通り道を作りましょう。

洗面所のドアを開けて、大量の湿気の逃げ場を作るようにすると、より早く乾くようになります。

 

換気の時間は洗濯物の量や湿度、換気扇の強さで変わってくると思います。

ベストな乾き時間を調節してみてください。

扇風機の風量、干し方なども工夫しながら、なるべく安く・早く乾くようにしたいですね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました