インスタントコーヒーがまずい時に少しの工夫で美味しく変わる!?

料理やお菓子作り

お湯を入れるだけで、簡単に飲めるインスタントコーヒー。

私の夫も毎朝自分で入れて飲んでいます。

 

ある日、私も真似して自分で入れて飲んでみたんですが、薄くてまずい!!

夫が作り直してくれたら、同じものとは考えられないほど美味しいコーヒーになりました。

 

インスタントコーヒーは入れ方を間違えるとまずいです!

分量や温度を工夫すると美味しく変わります。

 

どうやったら美味しくなるのか、詳しくみていきましょう。

 

インスタントコーヒーの美味しい入れ方で注意するのは粉の量と温度!

インスタントコーヒー、簡単に作れてしまうので、適当に作っていませんか?

 

もし薄ければ、あとからコーヒーを足せばいい(^^)

濃かったら、あとからお湯を足せばいい(^^;)

それでもダメなら、秘儀・ミルクの投入!!

 

そんな適当なことしてたら、いつまでも美味しいインスタントコーヒーは飲めません。

せっかくなら、美味しいインスタントコーヒーを入れられるようになりましょう♪

 

注意するのは、粉の量とお湯の温度です。

まず粉の量から見ていきましょう。

 

コーヒーカップ1杯はだいたい140ml、必要な粉の量は小さじ1(約2g)です。

もしマグカップで飲む場合はもっと容量が増えるので、計算し直してくださいね。

例えば250mlのマグカップなら、約3.5g必要になるので小さじ2弱を入れることになります。

 

計算も面倒くさいし、細かいグラム量っている時間ないよ!って感じですよね。

そんなあなたには、休日に一度実験してもらいたいです。

 

必要なものは、計量スケール、計量カップ、スプーン数種類、コーヒーカップ・マグカップです。

カップはいつも使っているもので大丈夫です。

 

まずはカップ内の容量を調べます。

計量カップに水を入れながら、カップ内にどれだけ入るか確認しましょう。

満杯ではなく、普段コーヒーを飲む量ぐらいで調べてくださいね。

 

カップの容量から、適切なコーヒーの分量を計算しましょう。

インスタントコーヒーにも分量が載っていると思うので、参考にしてみてください。

 

分量が分かったら、スケールにラップを引いてコーヒーを乗せていきます。

適切な分量になったら、ラップごと丸めてスプーンに乗せてみましょう。

ちょうど乗るサイズのスプーンがあれば、そのスプーン1杯が適量になります。

 

もしちょうどよいものがなくても、このスプーンのこれぐらいが適量だなと覚えてください。

スマホで撮って、いつでも見れるようにしてもいいと思います。

 

この面倒な実験により、毎朝簡単に美味しいコーヒーが飲めるようになります!

私の夫は特に実験などはしていませんが、何度も飲んでいるうちにベストな量のコツをつかんだそうです。

 

自分のマグカップに、いつも決まったスプーンに1杯いれると、ちょうどいいそうです。

ちなみに、タンブラーやコーヒーカップだとベストな量がわからなくなるそうです(^^;)

 

続いて、温度についてです。

沸騰したやかんのお湯を入れることが多いと思います。

 

おすすめなのは、沸騰直前の80~90度です。

沸騰して1分ぐらいたったお湯でも大丈夫です。

 

温度が高すぎると、カフェインが出すぎて苦みがでます。

苦みの少ないマイルドなコーヒーが飲みたい時は、もう少し低温のお湯で入れるといいですよ。

 

夫は寝不足でシャキッとしたい朝は、沸騰直後のお湯で苦~いコーヒーを飲むようです。

逆にまったりしたい時は、沸騰してから2分ぐらいたったやや低温のお湯で、コーヒーの風味を楽しみながら飲むようです。

 

慣れてくると同じインスタントコーヒーでも、味に違いが出せるんですね♪

温度調節のできるポットなどがあれば、使用すると便利です(^^)

 

最後にもうひと手間、コーヒーを入れる前にお湯でカップを温めておきましょう。

コーヒーが冷めにくくなり、風味も持続するため、さらに美味しくなります。

時間のある休日にやると、いいかもしれませんね。

 

インスタントコーヒーが酸っぱいと感じるのは鮮度が原因かも!?

分量も温度も調節したのに、なんだか酸っぱい…。

そのインスタントコーヒー、古くなっている可能性があります。

 

インスタントコーヒーの賞味期限は、未開封ならかなり長持ちします。

しかし、開封してしまうと美味しく飲めるのは1か月程度とも言われています。

 

酸っぱいのは、酸化している証拠です。

飲むのには問題ありませんが、なるべく早く飲み切るようにしましょう。

 

インスタントコーヒーは湿気や光、高温に弱いです。

袋入りの場合は瓶に移し替えて、冷蔵庫に入れましょう。

もし未開封のものでも、高温多湿の場所で保管するのはNGです。

 

また、元々酸味の強いコーヒーもあります。

酸味が苦手な人は、深煎りのものを選ぶといいでしょう。

 

深煎りは酸味が弱いですが、苦みが強いです。

逆に、浅煎りは酸味が強いですが苦みは弱めです。

 

味選びに役立つので、覚えておいてくださいね(^^)

 

まとめ

インスタントコーヒーは入れ方を間違えるとまずいです。

 

コーヒーカップの容量と粉の適量を調べてみましょう。

基本は140mlに対して、小さじ1(約2g)です。

 

お湯の温度は80~90度がおすすめ。

沸騰直前か、沸騰してから1分後のお湯を使うようにしましょう。

 

適量・適温を覚えれば、忙しい朝でも毎日美味しいコーヒーが飲めるようになりますよ♪

 

コーヒーが酸っぱく感じるのは、古くなって酸化している証拠です。

なるべく早く飲み切るようにしましょう。

元々酸味の強いコーヒーもあるので、苦手な人は深煎りのものがおすすめです。

 

便利で美味しいインスタントコーヒー、あなたにとってのベストな入れ方をぜひマスターしてみてくださいね(^^)☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました