インスタントコーヒーは腐るとどうなる?見た目や臭いに注意して!

ちょっとした疑問

開封したインスタントコーヒーを久々に開けてみると、カッチカチに固まっていた!

白いホコリが浮いていて、カビだと思って捨ててしまった!

インスタントコーヒーあるあるですよね。

 

私もカビだと思って瓶の半分以上を捨てたことがあります(^^;)

 

本当に腐っていると異臭がしたり、緑色に変色したりします。

白や黒になっていても、瓶を振って粉がさらさらになれば腐ってはいません。

 

インスタントコーヒーが腐っているかどうかの見分け方、正しい保存方法についてみていきましょう。

 

インスタントコーヒーにカビ!?正体はカフェインの結晶だった!

私の夫は、毎朝瓶詰のインスタントコーヒーを飲んでいます。

一時期、夫は半年間泊まり込みの研修に行っていました。

 

久しぶりに帰宅した夫にコーヒーを出そうと蓋を開けたら…

ふわ~っとした白いホコリが粒につきまくってるんです!

 

カビー!!(@□@)

思わず叫んでしまいました、もちろん捨てました。

まだ瓶の半分以上残っていたのに、もったいなかったです。

 

この話を母親にしたところ、「カビじゃないと思う」と言われたんです。

「白くても飲めるよ」と言われて母親の体が心配になってしまいました。

だって、カビの生えたコーヒーを平気で飲んでるなんて…(T_T)

 

ネットで調べてみたところ、白いのは本当にカビではありませんでした。

その正体は、カフェインの結晶だったのです!!

 

白くてフワフワしてて、蜘蛛の巣みたいなカフェイン。

高温多湿の場所置いておくと、たとえ未開封であっても結晶化してしまうそうです。

 

しかも白だけじゃなく、黒くなる場合もあるとか。

カフェインの結晶が酸化すると、黒くなるそうです。

 

白くても黒くても腐ってはいないんですね。

 

ただ、開封後のものはまれに腐ることもあるそうです。

濡れたスプーンや汚れたスプーンを瓶内に入れると、そこから雑菌が繁殖してカビることがあるからです。

 

私も洗ってすぐのスプーンを入れてしまうことがあります。

水なら大丈夫じゃない?と思いますが、水の中にもたくさんの雑菌があります。

必ず乾いた綺麗なスプーンを使うようにしましょう。

 

でも、ちゃんと見分けがつけられるか不安…って思っちゃいますよね(@_@)

私も正直、カビとカフェインの結晶、見分けられるか自信ないです。

 

緑や赤などの変色、カビ臭かったり酸っぱいような異臭がするなら、それはカビです。

これはさすがにわかりやすいようです。

難しいのは、無臭で白と黒の場合ですよね。

 

瓶を振ってみて粉がサラサラに戻れば、カフェインの結晶です。

安心して飲むことができます。

 

ただし、酸化しているので古くなっています。

開封したら、1か月以内に飲み切るのが理想と言われています。

 

1か月すぎるとどんどん酸化が進み、風味も落ちてしまうためです。

飲んでみてあまり美味しくなかったら、飲むのはやめるようにしましょう。

 

では、どうしたらうまく保存できるのでしょうか?

 

インスタントコーヒーが固まるのは湿気が原因!正しい保存法とは!?

開封未開封どちらも、保管する場所には注意しましょう。

高温、多湿となる場所は避け、酸化と湿気を防ぎます。

 

我が家は炊飯器の横に置いてます、これはダメですね。

熱くなるし、蒸気も近くで飛んでくる。

すぐに移動させました。

 

他にも、冷蔵庫内、シンクやガスコンロ下の収納もダメです。

風通しがよく、涼しい食器棚や食品庫に置くようにしましょう。

 

袋入りのものは、開封したらすぐに瓶に入れ替えましょう。

我が家は詰め替え用と瓶のサイズが合わず、袋に半分コーヒーが残ってしまったことがあります。

クリップで封をして食品庫に置いていましたが、3週間後に開けてみたらカッチカチになっていました。

 

詰め替え用を買う時は、瓶のサイズに合う量のものを必ず選ぶようにしましょう。

どうしても残った場合は、袋に残った方を先に飲むか、シーラーとジップロックを併用してしっかり密封しましょう。

 

瓶で保存する時にはポイントがあります。

蓋を取ると、必ず内側に内蓋があると思います。

 

コーヒーが出るぐらいの小さな穴を開ければ、空気が入ってきにくい。

湿気や酸化を防ぐと思われがちです。

我が家も全部はがすのが面倒で、穴だけのこともありました。

 

いやいやいや、全部綺麗に剝がすでしょ!という人もいると思います。

瓶にくっついているフィルムも全部綺麗に剥がしてしまうんです。

 

実は、どちらもダメなんです。

 

穴だけ、全部剥がし、どちらも蓋を閉めた時に瓶と蓋の間に隙間ができるんです。

ちゃんと閉めているのに、閉まり切っていないなんて…(+_+)

 

きっちり閉めるには、瓶にくっついているフィルム部分は残すようにします。

瓶の丸い淵の部分だけ、フィルムが残っている状態ですね。

 

こうすることで、蓋と瓶に隙間ができずにしっかり保管ができます。

保管はしっかり閉め、使う時はなるべく開け閉めを早く行い、酸化と湿気を防ぐようにしましょう。

 

まとめ

インスタントコーヒーが腐ると、異臭がしたり緑色に変色します。

白や黒に変色することも多いですが、瓶を振って粉がサラサラになれば腐っていません。

 

白や黒の変色は、酸化と湿気によりコーヒーのカフェインが結晶化するからです。

高温多湿の場所を避けて保管するようにしましょう。

 

瓶の場合、内側のフィルムの一部に穴を開けたり、全部剥がしてしまうと密封できません。

瓶の淵部分のみ、フィルムを残して剥がすとしっかり保存ができます。

 

安くて便利なインスタントコーヒー♪

正しく保存して、開封したらなるべく早く飲み切るようにしましょう(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました